将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情

  • 28人登録
  • 4.17評価
    • (5)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 国分隼人
  • 新潮社 (2007年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (129ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103037316

将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情の感想・レビュー・書評

  • 北朝鮮の鉄道を知りたくて読書。

    著者はトラベルライター。北朝鮮の専門家ではない。鉄道を視点に北朝鮮を客観的に教えてくれる。内容は、非常にマニアックで北朝鮮に興味なくても鉄道好きなら楽しめると思う。

    日本時代の朝鮮総督府鉄道局(朝鉄)が当時、非常に最先端な鉄道技術を持ち運用していたことがよく分かる。

    丹東からの国際列車と平壌市内の地下鉄は乗車したが乗り心地はいいものではなかった。市内を走るトロリーバスなどは、チェコ共和国など社会主義の香りを残す国で似たような車両と出会うことができる。

    北朝鮮が開放され、外国人が鉄道へ乗ることができる日はまだまだ遠いと思われるが、ある意味、ガラパゴス化している貴重な鉄道は、鉄道ファンには魅力的なのかもしれない。

    読書時間:約1時間

    本書は知人からいただいています。有り難うございます。

  • 北朝鮮の鉄道事情についてまとめた非常に珍しい本。

    内容は主に
    ・「将軍様専用列車」の運行時の厳戒態勢について
    ・北朝鮮の鉄道の歴史
    ・北朝鮮への鉄道旅行のしかた
    ・北朝鮮の鉄道車両紹介
    ・北朝鮮の鉄道路線紹介
    ・北朝鮮の地下鉄について
    ・庶民にとっての北朝鮮の「鉄道」
    ・北朝鮮鉄道路線図の「原典」

    写真やDVDなど北朝鮮の鉄道を知る上での資料も大量に用意されている。

  • 出版されてから三ヶ月も待たなければならないとは思いも因らなかったです。身近な国で在りながら何も知らない国、そんな国の状況を鉄道事情から知り得たのは或る意味、歴史的、鉄道的に興味深い内容だった。けれど、国分氏の様に彼の地迄行って乗りたい迄の根性は無いなぁ(^^;)

  • 北朝鮮の鉄道事情という鉄道マニアでなくとも興味津々なテーマについてのレポート。列車の型番にやたらこだわりがあるなど、全体的には鉄道マニア向けな内容となっているものの、金正日専用列車の異常ぶりとか、日本統治時代より平均時速が遅くなっているとか、悲惨な事故が相次いでいるとか、良く調べ上げられてる。付属のDVDもガタゴト言ってる機関車の姿が見られたりして面白いので、タイトルに惹かれたのであれば読んで損は無い。

  • 鉄道ファンではなくても胸が高鳴るのを抑えられないくらい素敵な本。北朝鮮からの持ち出しが発覚した場合は5年以下の労働教化刑に処される恐れもあるという鉄道路線図と、鉄道切手コレクションをもとにして調べ上げた北朝鮮全土のかなり詳しい鉄道事情が掲載されている。電車の写真も多く、外国のお下がりアンティーク電車の趣を観賞できる。80年代までは400台もあったという蒸気機関車が老朽化や石炭不足、そして外貨獲得のために中国の溶鉱炉行きとなり今は20両程度しか残っていないという話には悲しくなった。外国人の北朝鮮国内旅行は高速道路が整備されてからは自動車が基本となり利用できる鉄道は新義州ー平壌間の3種類の国際列車だけだそうだが、一般国民の中長距離の移動は鉄道で、それも‘何が起こるかわからない賭けに出るようなもの’だという。鉄道ファンならではのきめ細やかな調査が非常に読ませる。DVDも付いている。著者と製作に関わった人に感謝したくなる本。

  • 「お笑い北朝鮮」のノリで読める本だと思い、図書館から借りたのですが、パラパラとめくって見てその文字量に圧倒されました。
    情報量が多い、かなり真面目な本なのだな、と、その文字量から推察し数日放置。
    読むべきか読まざるべきか。

    読んでみると、真面目な本でした。

全6件中 1 - 6件を表示

将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情の作品紹介

世界初(?)北朝鮮鉄道詳細地図、時刻表、車両リストを掲載。謎の国の謎の鉄道、その全貌が明らかに!SLから地下鉄まで、スクープ映像DVD付。

将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情はこんな本です

ツイートする