白蝶花(はくちょうばな)

  • 471人登録
  • 3.84評価
    • (64)
    • (100)
    • (85)
    • (9)
    • (1)
  • 86レビュー
著者 : 宮木あや子
  • 新潮社 (2008年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103038320

白蝶花(はくちょうばな)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大正の終わりから昭和初期を生き抜いた女性の、報われない愛の物語。
    江戸の遊郭の花魁の恋模様を描いた「花宵道中」と同じく、本当に愛しい人とは結ばれない運命にある女たちの連作になっています。

    悲恋に身を焦がし時代に翻弄されていく姿は、とても女性的でした。
    いまより自由恋愛が難しく女性の自立も難しかった時代背景に関わらず、こういう禁断の恋的なのってやっぱり心ときめく媚薬なんでしょうね。
    それでも強く生き抜いて世代を繋いでゆくのは女なんですから。

    温泉芸妓の菊代と雛代
    妾として売られた泉美
    女中の千恵子とお嬢様の和江
    恋は儚くとも、そこから得た命は続いていくし
    羨望も嫉妬も女の友情には欠かせないものなのですな。

  • 読みやすかった。

    短編だけれども、一話一話に出てくる登場人物が長い年月をかけて、再度登場します。

    大正、昭和と戦争の混乱の中
    生き抜く女性の話です。

  • 花宵道中に比べてしまうと物足りないが、戦争中の話として乙女椿はとても読んでいて胸が締め付けられた。

  • 全く別の話かと思えば、ふんわり続きもの。

    生き辛い時代を強かに生きた彼女たちの物語。

    自分がこんなにも平和で贅沢な毎日を無駄遣いしている気になって少し苦しかった。

  • 一気に読んでしまった。
    序盤のような話が続くのかと思いきや、それぞれが別々の主人公で紡がれており、さらに少しづつ繋がっており、読めば読む程ぞくぞくした。どんどん時間が現代に近づく中で、自分の中でリアリティが増し、涙が止まらなくなった。
    女性の生き方は、絶えず変化している。平成に生まれ平成に育っているわたしは、どう生きられるのか。生きるのか。宮木あや子作品、まだまだ読み続けたい。

    2013.07.04

  • 大正、明治、昭和…
    激動の時代を生き抜いた女性達のお話。

    宮城あや子さんの描く
    しなやかで逞しい女性達の姿には心を動かされます。

    時代のうねり、社会のしがらみ、『性』の絶対的な壁。
    そういったものに翻弄されながらも、
    自らの足で立ち、歩き、唇をかみしめて生きてきてくださった
    先人の女性達は、本当に強く、美しい。

    命を繋ぎ、生きてきた先には、繋がる縁がある。
    その仕組みに気付いたときに、思わず声をあげてしまいました。…嬉しくて。


    私は文庫版を読んだのですが
    (表紙はこちらの方が好みだったので)
    大好きな三浦しをんさんが解説を書かれていたので嬉しかったです。

    「激動でない時代など、なかったでしょうが」
    という一言が印象的でした。

  • みやぎあやこめーーーーー。
    なんでこう、こう、くるもの書いてしまいますかね。この人。
    ただの短編集かと思いきや、“乙女椿”で前の二作と綺麗につながって、そして、“雪割草”で補完。
    読後の余韻なんて軽いものではなく、最後のページを捲り終わっても彼女たちの感情に引き摺られています。

    うまいなー、うまいよー、みやぎあやこ、くううううう。

  • 2017/2/16

  • 男尊女卑の風潮が色濃くただよう昭和初期。
    まだ少女と呼べる年頃の女の子が妾にさせられたり、大きな屋敷で書生と女中が内緒で付き合っていたり、女学校ではお姉さまと親密なお付き合いがあったり…
    そして忍び寄る戦争の影。

    昭和を生きた女性は、なくしたものが多すぎる。
    家族や恋人が戦地へ行くと決まったとき、どんな思いだったろう。
    無事に生きて帰ってくることを、心の中で祈ることしかできないなんて。どれだけの人が、その絶望を胸の奥に隠したのだろう。

  • 「私は家がなければ生きてゆけない。私は何もできないし、何もできなくても、生きていれば失うばかりだったもの」
    「僕が生きてゆかせるよ。そしてあなたに全てを与えてあげる」
    「きっとあなたのほうが先に死ぬわ」
    「僕のほうが年下だよ、和江さん」
    (P.258)

全86件中 1 - 10件を表示

宮木あや子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

白蝶花(はくちょうばな)に関連する談話室の質問

白蝶花(はくちょうばな)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

白蝶花(はくちょうばな)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白蝶花(はくちょうばな)を本棚に「積読」で登録しているひと

白蝶花(はくちょうばな)のKindle版

白蝶花(はくちょうばな)の文庫

ツイートする