ほしいあいたいすきいれて

  • 35人登録
  • 3.24評価
    • (2)
    • (1)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 南綾子
  • 新潮社 (2007年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103038511

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ほしいあいたいすきいれての感想・レビュー・書評

  • どっちかというと冒頭の短編の方がこのタイトルに合ってるんじゃないかなあとか思った。
    南さんはポップな感じの中にちゃんと心理描写がある。
    どっちかというとシリアスなのが好きだけど、読みやすいし可愛いので良し。

  • 官能小説っぽさをうりにしつつも、日々の主人公の生活や感情がリアルでやりすぎた感じになっていないところは良かった。
    ストーリー的な部分を言うと、あそこまでバカな男のいいなりになるバカな女が結局風俗にそまらないなんて、ありえないと思う。
    彼女に風俗で働いてほしいと思うような男が本当にいないことを祈ります。
    あと、帯をみて風俗嬢になる物語だと思って購入した読者はすごく多いと思うが読み終わって、結局違かったけどよかったようななんだか分からない結果になった。

  • 書籍番号
    M110130-014-9784103038511

  • ■0991.
    <読破期間>
    H21/7/29~H21/7/29

    <本の内容>
    あたしは明日、風俗嬢になる。一年後には何になっているだろう。
    せつない気持ちが爆発する。

  • もうちょっと、最後にドラマというか、次へのステップになるような何かが欲しかった気がします。いや、でも、そういうものを期待するっていうのは、これまでの小説の筋立てにとらわれてしまっている証拠なのでしょうか?むしろ、今どきのリアルというのは、こんな感じなのかもしれない、そんな気もしてきます。ただ、主人公の純は、あまりにもバカだし、その場その場のことしか考えていない、いや、それすらも十分考えられない人間で、これがリアルなんでしょうか?

  • うーん、
    いま1歩。

全6件中 1 - 6件を表示

ほしいあいたいすきいれてを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ほしいあいたいすきいれてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ほしいあいたいすきいれてはこんな本です

ほしいあいたいすきいれてのKindle版

ツイートする