軽薄

  • 184人登録
  • 3.41評価
    • (7)
    • (24)
    • (32)
    • (5)
    • (2)
  • 30レビュー
著者 : 金原ひとみ
  • 新潮社 (2016年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103045342

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
又吉 直樹
湊 かなえ
東野 圭吾
湊 かなえ
角田 光代
吉田 修一
奥田 英朗
湊 かなえ
三浦 しをん
宮下 奈都
湊 かなえ
本谷 有希子
千早 茜
金原 ひとみ
朝井 リョウ
川上 未映子
米澤 穂信
西 加奈子
東野 圭吾
東野 圭吾
山田 詠美
有効な右矢印 無効な右矢印

軽薄の感想・レビュー・書評

  • 相変わらず硬質というか他人を一切寄せつけないような凛とした文章でした。セレブ。上流階級ライフ。官能的すぎて官能小説かと思ったけどドライで淡々としている不思議な主人公カナ。甥の弘斗と越えてはいけない一線を越えてしまう。

    途中でコインロッカー・ベイビーズのような一文が出てきておっと思った。ストーリーはとっつきにくいけど最後はとてもよかった。想像しているような悲劇が起こるんじゃないかとハラハラしてしまった。

    セリフや文章でチラチラッと引っかかる部分があって謎だったけど、後半は「課題の分離」っぽいことを言ってるような気がした…。読んでいる間中、自己啓発のような雰囲気を感じてアドラー心理学っぽいと思った。

    身勝手にもうつるけどカナ自身が自分で描いた最善の選択をしたんじゃいかな。…たぶん。最初から中盤はきついものがあったけど後半はグイグイ読めてスーッとした。ラスト3ページは3回くらい読み返してしまいました。良かった。

  • 人物描写が丁寧で好き。ストーリーが面白いかと言われれば特にいうことはないのだが、言葉選びが非常に好み。
    ハッとさせられるような一文を書いてくる。
    「生きれば生きるほど無価値な人間に成り下がっていく気がする」というのが自分の思っていることを代弁してくれているようで共感できた。ここまでストレートにマイナスな感情表現をする作家はあまりいない気がする。
    昔から作者の攻撃的な文章は好きだったが、今回は攻撃性よりも諦観が強く出ていて、読んでいて心地よかった。

  • セックスと薬と酒にまみれた破滅的な生活から結婚を機に何不自由ない人も羨む安寧を一度のセックスで擲ってしまう。築いてきた関係性も積み重ねてきた言葉も行為も全て喪失する。行きつく先の想像のつかなさに途方もない気分が覆いかぶさる。ぽっかり心に穴が開いている感じ。自分の中から突き動かされるような衝動もない。愛しているのかどうなのかを確かめなければならないという衝動と、離婚することになったらという打算だけに突き動かされる。軽薄とは理由なのか結果なのか。

  • 平成12年『マザーズ』以来の、金原ひとみ久々の長編。

    この『マザーズ』は紛れもない傑作だと思ったのだが、その後上梓された短編集2編が色々と微妙だったので、本作は個人的にはとても注目していた。

    実際本作は期待に違わず、主人公カナのある意味ドライな世界観を通して描かれる、リアルかつ緊迫感溢れる筆致は、流石だと認めざるを得ない。

    だがしかし終盤、物語が動き始めると、その筆致に乱れが感じられてしまったのは残念だ。

    特に最後の主人公の選択......ジャンル的には純文学なので、これはこれで十分に「あり」なのだが、前半のクールかつドライな世界観からするとやや唐突感は否めない。

    特にその決断の大きな判断要素の一つが、夫の不貞(疑い)というもの、純文的にはなんか『コレジャナイ』感が拭えないのである。

    それなしに主人公の最後の選択に納得感(共感である必要はない)を読者に与えることが出来たなら、何倍も豊かな純文小説になっていたと思う。

    そうすると、もしかしたら題名も『軽薄』ではなく、別のものになっていたかもしれない......と考えると、作者がこの作品で表現したかったものは、いったい何だったのか?......という、残念な結論になってしまった。

    次作に期待する。

  • この方の作品と言うより、この方自体に苦手意識があったのですが。
    読んでみるとなかなか面白かった。
    ただ、あまりにリアリティがなくて。
    登場人物はハイスペックすぎて親近感ないし、全然感情移入できません。
    が、閉塞感いっぱいの不倫というテーマを、ここまで開放的に、未来への展望があるように書けるのはすごいと思った。

  • 新刊は見逃さないつもりであったのに、前作『持たざる者』と併せて2冊共に、発売から大分日が経ってから購入した。
    金原ひとみはずっとずっと、いちばん大切な作家だ。
    デビュー作が出た頃私は中学生で、それから10年とすこしが経ち、金原ひとみは結婚し子どもを産んで海外へ移り住む。彼女が歳を重ねると同じスピードで私も歳をとり、結婚も出産もしてはいないけれど、その時間経過と彼女の変わったところ・変わらないところを目の当たりに出来ていることがとても嬉しい。

    一気に読み切ってしまった。
    久々の長編小説。
    自分と誰か、そのふたりの間にしか分かり得ない秩序と、法や外部のものの干渉を受けない罪と罰とが存在していること。
    ある種の落ち着きというのか、かつての激しい感情のうねりや起伏は表立って描かれずにどこかに隠れて息を潜めている。けれど、突如すべてが崩壊して失われてしまうんじゃないかという危うさが張り付いていて、そのバランスに魅了される。
    過去の、喪失した自分と今現在の自分という点と点とが結ばれて、世界が色づく。
    やるせなさやある種の絶望感を纏って終わっていた過去作と比べて、勿論どうしようもなさ、みたいなものは後を引くけれど極めて希望的な終わりで、読了感の違いにすこし驚いた。

  • とりたててストーリーが面白いという訳でなくても、金原ひとみの小説は、何を読んでも痛覚を刺激されるというか、ヒリヒリします。

    タイトルの通り、主人公を取り巻く軽薄で通俗的な設定、タレントの淳が友人として登場したあたりでは、げんなり感さえあったくらいですが、その後の展開が少し意外でした。

    決定的な破たんを迎える前にお話が終わってしまいますが、この人の小説には「平穏な幸せ」はあり得ないのでしょう。
    もはや何が幸せで何が不幸なのかもわからなくなってきます。

  • 父と母、父親の違う姉との暮らし、高校生の頃は荒れてて、家にも帰らず、彼氏と同棲。激しい罵り合い、いつ殺し、殺されてもいい状況。酒とドラックとという生活。
    その彼の元を飛び出したが、その彼がストーカーになってしまい主人公カナは刺される。それをきっかけに渡英、そこでアパレル関係の学校、職を見つけ、赴任していた男性と知り合い結婚。学生の頃とは比べ物にならないくらいの、華やかな生活。
    そんな中、甥っ子との不倫。
    しかし、その甥っ子はかつて学生の頃、学校の先生と付き合っており、ストーカーまがいのことをして、傷害事件をおこしていた。
    不倫を続けるか、続けないか。夫との関係、華やかな仕事、息子との関係など、色々考えることはあるが、結局は第一に考えていることは、自分自身のことのように感じた。
    子どもでも、家庭でも、仕事でもなく、自分のしたいことを抑えようとはしているが、結局は行動が伴っていない。だから、軽薄なのか。

    若かりし頃の生活ぶりから、一転してリッチでしかもとても賢い女性のようにも見受けられる考え方やとらえ方に違和感を感じた。もっと頭の悪い、感情のまま進んでいくのかなと思ったが、そうではなかった。

    最後の方で、朝帰りをした時、どのように夫と話をし、解決したのか結局はわからなかった。離婚し、甥っ子と生きていくということを決断して終わっているが、その先もいろいろな展開がありそうだと感じた。

    文字がぎっしりとつまった感じではあるが、一気に読めてしまった。

    日本での生活と、日本以外での生活の対比があり、その部分の表現は何となくわかる気がした。

    ー日本にいると、自分には何かが足りていないような気がしてしまう。がむしゃらに生きていないと、一瞬でも停滞すると、少しずつ何かを喪失しているような気持になる。常に何らかの目標や理想を持ち、それに向かってひた走っていないと自分が何かひどく劣った存在であるかのような気がしてしまう。ー

    ー日本には辛い事がない。目に見えてない。人種差別も、言葉の壁、文化の壁、自分の権利を強く主張し、交渉し、訴え続けることもしなくていい。日本だと、そういう国に生きている緊張感から完璧に解放される。ここまで清潔で安全な国は世界中どこにもない。今ある平和を守ろうと過剰に閉鎖的になるのもある意味当然。温かいお風呂の中でぼんやりしている内、脳みそが耳から溶け出していくような、そういう浸蝕系の苦しみが、ガス室に僅かずつガスを送り込まれるような蝕みを体感する。-

    文化の対比ではないが、
    ー仕事というのは麻薬のようなものだ。充実感と達成感と金をもたらし、すればするほど、人から賞賛されるー

    以前違う人の本で読んだ、人の成長は仕事が一番達成感が得られるというのと似ていて、うなずいた。
    決して専業主婦を否定しているわけではないが、満足感は得られても、達成感と成長というものは、社会の中で
    得られるものではないかと改めて感じた。

  • 性描写が多いのがウザいけど、全体としては好き。この世界観。

  • 著者には書きたいことがあるのだ、それは血を吐くほど強い思いなのだというのが伝わる。
    今作ではまだその思いの先が散らばっていてまとまりのない印象だったが、いずれ洗練された力強い物語を見せてくれるのではないだろうか。

  • スタイリストのカナと、10歳年下の甥である弘斗との関係。

    かつて、互いに依存し合い心中しても構わないと思っていた男に
    背中を刺されてからカナの人生の一部は変わってしまったようだった。

    イギリス留学での日々、夫となる直哉と小学生の息子俊の存在。
    日本に帰国してスタイリストとして働く日常を
    どこか傍観して埋められない何かに焦る毎日。

    甥の弘斗との肉体関係で快楽を得て
    それでも夫のことも、弘斗のことも愛していないカナが思うこと。
    昔の男に殺されかけた記憶、
    表面上は穏やかな弘斗の内に秘める暴力性。
    立派な社会人を演出する夫、自由奔放な俳優。

    主人公の内面が濁流のように書かれている文章に
    圧倒されて息が詰まりそうになった前半。

    なんかこう、ひねくれた目線で読んでしまう自分がいて、嫌な気持ちになってしまうのは
    きっと著者自身も作品も
    しょせん裕福な人の悩みなのかなとか思い込んじゃう。
    共感できるところもあるんだけど、ね。
    意地悪な気持ちになる(涙)

    最後がなんだかしっくりこなかったな~~~。)^o^(

  • 甥と恋愛関係になってしまう叔母。
    心の深い部分では、どこか攻撃性のある男を求めている。お互いが呼び会うのかもしれない。
    H28.6.13読了

  • 金原ひとみさんの作品初めて読みました。


    高い生活水準を得て、仕事も順調で家庭円満な主婦カナと甥が恋に落ちる話。

    なぜ、甥と恋愛状態になるのかよくわからなかった。カナって男運がいいのか悪いのかわからない。

    過去に変な男に捕まったから
    まともな男と結婚したのではないのか…

    甥も暴力的な一面があることがわかっても甥を選ぶって…理解できない。。。

  • この人の話は章で区切ることがないので、なんとなくつらつらと読めてしまう。
    幼少時代以来の大学生になった帰国子女の甥と不倫する話。
    主人公のカナも訳あり山盛りで、とにかくはじまってからはエロいエロい。呆れるほど。こんなの身内にいたら嫌だなぁ。

  • 暴力に引き寄せられる人の気持ちは全く理解できないけど、周りに意外とそういう人はいたりしてリアリティがありました。話を聞いてるとあーあと思うのですが何もしてあげられないもどかしい気持ちを読んでいて感じました。小説としては予想外の終わり方でしたが、現実は極めて現実的。
    まだ小さいこどもの存在感があまりにもおざなりなのが気になりました。

  • 主人公のバブリィな生活に
    庶民の私にはチンプンカンプンで
    ついていけるかと思いきや、
    価値観というかものの見方
    冷め具合が私とぴったり合ってしまい
    グイグイ読めた。

    比喩や表現も細やかで素晴らしい
    金原さん、いいですね、もっと読みたくなりました。

  • 完璧な家族や生活を持つアラサー主婦と甥の物語。愛のない打算の結婚をした一人の女性が甥と出会う事で軽薄の上に築き上げた全てを捨てる。甥との愛を選ぶと言うラブストーリー。人を愛する事は理屈ではなく感情なんだと。二人のその後の物語を読んでみたい。

  • この作者の文体は、見えない刃物をそっと忍ばせている感じがある。鋭い刃物で物語を切り裂く。そして「禁忌」の世界へ読者を引き込む。この作品は好みが分かれるだろう。しかし私は、「カナ」と彼女の10歳年下の甥の「弘斗」の肉体関係という背徳感に引きつけられページをめくった。まさに軽薄。カナは物事を天秤にかけない。そこに好ましいものがあれば受け入れる。それは人目には「悪行」と目に映っても構わないし気にしない。カナは再び自分が刺される日をおびえているが、待っているかのようにも見える。うわすべりした二人の行き先はどこだ。

  • 軽薄でも嫌い。

  • 【軽薄】かー…
    予想外の結末でしたが
    選択としてそれはアリだったんだね、わたしは絶対に無いと思ったわ
    今までの本全て買ってるけど、どこかで金原さんの書く主人公は殆どリアリスト、
    というか割と現実的な女性というか…前も書いたけれどオートフィクションさを
    感じるから、こういう結果を望んだことに驚いた
    でもいいなあ、非現実的(わたしからしたら)生活で、おまけにわたし自身には
    居ない甥とのこの関係
    しかも強く望まれてる
    夫は夫で怪しいし、姉はどこか主人公とは違う相容れない性格で
    バレたら終わりだけど仕事上でも気の置けない友人はいるし子どももいて
    仕事は充実、収入もあるし……一般人だけど一般人では無い華やかな生活

    所詮小説、といったら終わりだけどさ
    こういう非現実的な生活、関係、もってみたいわー

    小説の題材、結末として完全なるハッピーエンでもないし、肝心なのはその後と甥との関係と、実際甥が一体どんな男性になってどういう形の愛になるのか、ってところで終わってしまっているけれど…
    その後書かずにこれで終われたのがよかったのか、一番きれいだ

  • 久しぶりの小説。郊外的なものを最近気にしてきたので、そういう、郊外的閉塞感が、自分の歴史の中にある、という言い方で読んでしまう。このお話にストリートはなくて、部屋の中、レストランの中、タクシーの中、すべて箱の中で起こっている。そしてなにより、「私」自身が、ひとつの箱である。なので、「甘えないし、甘えさせない」。そもそもそういう考え方ができない。「私」は甥と日本を出る将来を想像するけれど、そこに描かれているのは、ロンドン時代のストリート的な雑多な(「私」の弁では「雑な」)生活ではない。二人きりの箱である。

    島本理生読んだときに、物理的な力が強い論理を振りかざす存在について考えたけども、ここでは論理に限らず、力そのものも放出される。異なる力どうしがバランスを取っているような感もあり。…これはあんまりちゃんと考えてないや。

  • 【Entertainment】軽薄/金原ひとみ/20160404(41/467)<238/37031>
    ◆きっかけ
    ・日経書評

    ◆感想
    ・本著者は、以前読んだが(マザーズ / 金原ひとみ / 2011.10.29)、30代前後の働く母親の心の内面、その大半がネガティブな心情を描写するのが巧み。素晴らしく酷い話。その先どうなるかを考えさせる良い終わり方。
    ・先のマザーズにて、主人公に語らせていた、「シンデレラ城の裏が張りぼてであるように、子供たちが目にする優しい母親の裏には、ぞっとするようなマイナスの感情が渦巻いているはずだ。」という考えを本書でも踏襲していると思う。
    ・読後、タイトルの意味合いを中身に求めようとして、関連付けしようとすると、どうしても上手くいかない。こうした主人公カナは本当に軽薄といえるのか?軽薄ということばが適切なのかちょっとよくわらかない。軽薄というより素直、とも言える。しがらみから解放され、刹那的なことも含めて、自分の思うがままにしている。その過程であまり考えないで、軽々と行動してしまう、という点では軽薄なのか。

    ◆引用
    ・日本にいると、少しずつ何かが足りてないような気がしてしまう。がむしゃらに生きてないと、一瞬でも停滞すると、少しずつ何かを喪失しているような気持ちになる。常に何らかの目標を持ち、それにむかってひた走っていないと、自分が何かひどく劣った存在である気がしてしまう。(中略)自分がフル稼働して、頭の中も生活もしっかり軌道しているという充実感と同時に、私には無力感が巣くっている。能動的に動かないと自分自身が空っぽに感じられて、その状態が辛いから、こんなにも必死になって家庭と仕事と自分自身の実のあるものに転換させようとしているようが気がしている。
    ・人が生まれてから死ぬまでにする全ての事が暇つぶしであえるという事実から目をそらすための現実逃避の手段が、人生に意味や目標を見出すという行為なのではないか。
    ・日本という国はディズニーランドのようだ。夢の国の中で夢を見ながら、楽しいこと、面白ことだけを追求して、みなでネズミの耳をつけて笑って写真を撮っている。
    ・男を育てるということは、敵を知るではないが、男の習性、在り方を一から理解していく行為なのだなと、子どもが大きくなってくにつれて実感する。
    ・日本のこの社会制度と過激な母性信仰の下で少子化問題が深刻化するのは至極当然の成り行き。

    ===qte===
    軽薄 金原ひとみ著 壊れることで満たされる感情
    2016/3/27付日本経済新聞 朝刊

     表題である軽薄という言葉の厳密な意味が知りたくなった。一般的にも、本作でも、ネガティブに用いられている文字だけれど本当はそうじゃないのではないか。辞書をめくったら、やはりネガティブな意味。それでも納得できないほど、金原ひとみが示す「軽薄」は意味通りに感じられない。主人公が自身の軽薄さを受けいれることにより、うつろわない曇天みたいな日々に射しこむ光があるという印象を受けたから。
    主人公のカナは激しい恋愛の末にかつて愛していた男か ら刺されてしまう。逃げるようにイギリスへ留学し、夫となる男性に出会い、家庭を持ち、子供を授かり日本へ戻る。一見、不自由ない生活のなかでカナは圧倒的に欠落している。自分の感情の足らなさに直面する。日々に対しての感情や感覚が希薄なのだろう。そこへ、アメリカから戻った甥(おい)に再会し関係を持つことで少しずつカナの生活が壊れていく。壊れていくいっぽうで、圧倒的な欠落が満たされていく。
    わたしには守るべき子供はいないし家庭もないが、読んでいてひたすら共感した。多くの読者が感情移入する要素が描かれている。刺されるほどの事件ではなくとも、苛烈な恋愛経験を持つ人は... 続きを読む

全30件中 1 - 25件を表示

軽薄を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

軽薄を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

軽薄の作品紹介

わたしは、軽薄の上に築き上げたすべてを差し出すだろう――。十代の終わりにストーカーと化した元恋人に刺された過去をもつカナ。だが二十九歳のいま、裕福な夫と幼い息子、充実した仕事を手にし、満たされた暮らしを送っていた。そこにアメリカから姉一家が帰国。すっかり大人びた未成年の甥に思いを寄せられる――。危うい甥との破滅的な関係。空虚の果てにある一筋の希望を描く渾身の長篇小説。

軽薄はこんな本です

ツイートする