青年のための読書クラブ

  • 2148人登録
  • 3.73評価
    • (253)
    • (375)
    • (461)
    • (41)
    • (7)
  • 408レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • 新潮社 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103049517

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

青年のための読書クラブの感想・レビュー・書評

  • 親に捨てられ親戚中をたらい回しにされ施設に入った僕が
    のちに音楽や文学や拳闘に出会い
    耽溺していったのは
    ごくごく自然で必然的な流れでした。
    どこにいても必ず自分は黒い羊だと感じたし、
    改めて何かから逸脱する必要もないくらい(笑)、
    初めから逸脱した存在でした。
    そんなバックボーンがあるからか、
    とにかくアウトローやはみ出し者たちの話に僕は滅法弱い(笑)

    本書はシスターのいるお嬢様学校が舞台なだけに
    今ハマってるクドカンのドラマ「ごめんね青春!」を嫌でも思い出してしまう内容ではあるけど(笑)、
    タイトルどうり
    本好きにはたまらない宝石のような魅力に満ちた作品です。


    東京は山の手にある伝統あるお嬢様学校「聖マリアナ学園」に晴れて入学した
    長身でノーブルな美貌を持つ
    高校一年の転校生、烏丸紅子(からすま・べにこ)。

    コテコテの大阪出身で庶民中の庶民である紅子の出現によって、
    ざわめきたつ良家の子女たち。
    気弱な紅子は美しい容姿を持つものの、隠しきれない庶民臭によって
    どこのクラブに行っても相手にしてもらえない。

    サムワンな友達を求め彼女が最後にたどり着いたのは
    旧校舎裏の崩れかけた赤煉瓦ビルに居を構える
    異形の少女たちの部屋、
    すなわち「読書クラブ」であった。
    やがて部長である妹尾アザミを参謀とした読書クラブ部員たちによる
    「紅子王子化計画」の幕が切って落とされる…。


    本書は学園の創設(1919年)から消滅(2019年)までの100年にかけて続いた、
    読書クラブの歴史と
    様々な時代のクラブ員たちの活躍を綴った
    壮大なる連作短編集です。

    学園の正史に残らない珍事件を
    読書クラブの面々が綴った暗黒のノートをもとに物語は進んでいくけど、
    “校内の異端者だけが集う「読書クラブ」”という設定だけで
    同じく異端者だった僕は俄然惹かれました。

    まるでダウンタウンの薄汚れたパブのようにブルーカラーの気配を漂わせ、
    生徒たちから忌み嫌われている読書クラブの逆襲が胸をすく。

    ある時は学園の王子に君臨し、
    ある時はロックスターに成り上がり、
    ある時は亡命者を匿い、
    ある時は「ブーゲンビリアの君」となり、
    少女たちを助ける姿なき英雄と化す、
    それぞれの時代に生きた
    そんな異形の者たちの痛みや活躍を
    時にシリアスに時にコミカルに
    時には感傷的に
    少女たちの冒険譚を見せてくれるのだから
    はみ出し者であった人ほど
    より共感できるストーリーなのです。


    中でも秀逸だったのは冒頭にあらすじを書いた
    第一章の「烏丸紅子恋愛事件」。

    この女子ばかりの学園では、
    恋愛はしたいが現実の男性には強い嫌悪感を抱くお嬢様な生徒たちのために 
    安全で華やかなスター、
    つまり毎年学園に一人、投票によ
    って 「ニセの男」を作り
    王子と呼んでいる制度があって、
    それを利用し、紅子は成り上がっていきます。

    髪を短くし、夜な夜なディスコやバーに出かけては
    不良少年の仕草をリサーチし、
    完成に近づいていく
    「青年・烏丸紅子」のサクセスストーリーは拍手喝采もの。

    しかしなんと言っても特筆すべきは
    学園一の才媛だけど、
    ゲスな親父がそのまま乙女の制服を着たような(笑)
    小太りの醜い女生徒で
    読書クラブ部長の高校二年生、
    妹尾アザミ(せのお)のニヒリストキャラ!


    自分の容姿にコンプレックスを抱き、
    紅子をスターダムにのし上げることに全精力を注ぎ込む姿は哀切きわまりないし、
    恋は人の容姿にするものか、
    それとも、詩情にするものなのか?
    というフランスの戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』をモチーフにしたテーマが
    ... 続きを読む

  • 女子ばかりの学園。
    影の薄い生徒で形成されていている読書クラブ。
    学園ができるまでのお話、読書クラブが今まで歩んできた道のり、日常生活の中で繰り広げられる読書クラブ員が仕掛けた罠。

    漫画にしたら、さぞかし面白い作品なのではと思えるほど面白く、このまま本を読み終えてしまうのかと思うと残念すぎて、続編はないものかと思ってしまうほどはまってしまいました。

    でも好き嫌いが極端に別れてしまう本だと思います・・・。

  • 成立から数々の正史には残らぬ珍事件を記録し続けた読書倶楽部の物語

  • これは面白かった!
    登場人物の少女たちも魅力的だし、物語の構成も好き。
    読み終わってすがすがしい気持ちになる。

  • 由緒正しいお嬢様学校の栄枯盛衰100年を「読書倶楽部」という、異端の集団から見たおはなし。
    青春って、女子ってイタイね!(笑)一応女子校出なもんで、ひとしお。
    でもしんみりもできるし、最後にはしっとりした感動が待ってるお!
    『GOSICK』シリーズより好きかも。

  • 東京にある聖マリアナ学園は、伝統ある歴史と由緒正しき女学校で、弱い立場でありながらも地道に活動し続けた読書クラブが記述した学校の珍事件。

    毎年学園祭で決まる王子、の地位を、誰もが嫌悪していたはずの読書クラブの部員が勝ち取った理由。
    創設者マリアナにまつわる兄妹愛と真実。

    バブル時代に乗って奇抜な生徒が革命を起こし、廃れ読書クラブに流れ着いた経緯。
    己の内に潜む野心を目覚めさせた結果、おとなしかった読書クラブ部員がバンドを組み絶大な熱狂を受けたひと時。

    姿のない英雄になったものの、容姿があまりにもそれとはかけ離れていたぬいぐるみキャラの苦悩と、
    かつての読書クラブだった少女たちが大人になってもその気持ちを忘れない居場所。

    おお、歴史が深いね。
    乙女の密告、のような雰囲気だった。
    ただ少女たちが自分のことをぼくとか男口調なのはなんだろう??
    女子学校って独特だろうね)^o^(

  • 惹かれたキーワード
    ・読書クラブ
    ・山の手のミッション系お嬢様学園

    独特な文体で描かれた連作短編集。

    この本の存在は知っていたけれど、
    なかなか手を出せなかった。

    予想に反して、かなり面白い。
    というかこの世界にどっぷり浸かった。
    最終章の疾走感と華麗な収束感が特に良かった。

    読んだ時期も良かったのかもしれない。
    次に読む時も、どっぷりハマりたい。
    装丁も個人的にとても好みだった。

  • 聖マリアナ学園の裏に隠された歴史の話。
    女子校独特の何とも言えない儚さや反面、女のしたたかさや、住み分けのあるいわゆる特権階級と言われるその世界がすごくよく表現されていて、面白い反面、ゲッソリもした。それくらいよく描かれていると思う。
    設定なども面白かった。
    けれど、私には苦手な世界だった。

  • 聖マリアナ学園という女子校に存在した、「読書倶楽部」と呼ばれる場末のサークルが引き起こす問題の数々の面白さときたら!!

    読書好き×女子×内気なわたしにはどんぴしゃ~な内容でした。

    何より桜庭一樹さんの本が大好きなのです。

  • 第一章
    この話では紅子の王子様になり、その後が少し書かれています。
    よくも悪くも、淡々と年月がたっていきます。
    なぜかわかりませんが、わたしの脳内変換では「紅子=天上ウテナ」になっています。
    ただ、最後の紅子の終わらせ方が雑かな?と思いますね。
    一応主人公?なんだからあまり汚してほしくなかった…
    これだと、ただの不良だし…
    まだまだ、お話はあるので評価はそれを全てみてからですかね…
    もし、こういう話ばっかだと桜庭さんの作品は私にはあわないかも。

    第二章
    マリアナについて。
    この話は好きでしたね。マリアナもかわいいし、兄さんもいい!
    最後のオチの感じもすきですね。彼女は兄か妹か…
    再読の価値ありです!

    第三章

    バブルという古い時代のマリアナ学園と読書クラブを題材にしたお話。正直、バブルという設定は微妙でした。庶民=バブルはちょっと…
    まあ、私がバブルのこと何もわかってないからだからかもしれませんが。
    桃色扇子ちゃん、かわいすぎっ!≧~≦ノ

    第四章
    比較的重めのお話。あるいみ、十五夜はヤンデレですね。ヤンデレは大好物なので、十五夜好きです!ヤンデレ×バンド×百合とは、最高すぎます!!
    男子校の子たちと出合った場面もなんだかよかったです。
    この話を読んで、緋文字読んでみようと思いました。

  • 「青年のための」というタイトルなんですが、完全なる女子高校の中の話。
    女子校!
    私自身も女子校だったので(小学校から大学まで!)、女子校の独特の世界を知っています。
    この本の中の女子校は基本的にはお嬢様学校で、由緒正しい家柄の乙女たちの集団といった感じです。
    そんなお嬢様系の女子校で起こった珍事件を「読書クラブ」の部員がまとめたもの…という形式のストーリーでした。
    私の通っていた女子校は、家柄は由緒正しい人たちも多かったですが、けして「お嬢様系」の学校ではなく、私を代表するような活発なタイプの多い学校だったので、この本の中の学校と共通することなどなにもない? と思って読み進めていたのですが、女子校ならではのエピソードがたくさん出てきてニヤニヤしっぱなしでした。
    特に乙女ばかりの女子校に男勝りの子がいると「王子様」のような扱いになって、多くの乙女が目をハートにさせて追いかける様子とか(笑)(笑)
    アルアルアルーー
    (ちなみに私自身は男勝りだったのかは謎ですが、身長も高いし髪もずっと短いし、割と後輩にハートの目で追いかけられるタイプでした)

    第一話の、家柄の正しくない、途中から入ったちょっと臭くて皆に嫌われている女子を読書クラブの一員がみんなの「王子様」に仕立て上げていく話がツボでした。
    裏工作と、それにひっかかっていく乙女たちがおっかしいのなんの。

    一方、第二話ではその女子校を創立したフランス人の創立時のエピソードが綴られています。
    この話にはポロッと涙がこぼれました。
    なんと切ないのでしょう。

    三話、四話は乙女ばかりの学校に新しい時代の波が少しずつ入ってきて、不良っぽい子が巻き起こす事件と、乙女が豹変してロックスターになる事件について。

    そして五話では、第一話で登場した醜い容姿だけれど頭はとてもいい乙女が大人になった後の話が出てきていて考えさせられました。
    学生時代は容姿ばかりがもてはやされ、容姿の優れないものは目立ちもしなかったけれど、結局大人の世界に出たらやっぱり中身で勝負するべきなのでしょうね。


    一環して、「読書クラブ」のクラブ員は男言葉で話をしているので「青年のための」というタイトルになっています。
    乙女ばかりの女子校の中のはみ出し者たちの集団が男言葉を使って語っている様子は、女子校育ちの私にはとても納得するものがありました。

    アッパレ! 女子校!!

  • 乙女だらけの学園で、“異形”の少女たちが正史には残らない裏の学園史を書き綴る物語。
    物語は時系列順に並び、過去から少し未来へと繋がっていきます。

    幼等部からのエスカレーター式女学園ということがあり、女の子同士の友情や、いわゆるエスと呼ばれる関係が数多く出てきますが、女に囲まれて女に友情以上の感情を持つようになっても、所詮はひとりの小さな女の子なんだなぁと思いました。
    その小さな女の子が学園にもたらす数々の闇の歴史は、とてつもないものだったりもしましたが。
    変わらないものはないけれど、いつまでも夢を見ていたいのは、きっと誰もが同じだと思います。

  • 色々意外性もあり、やっぱりぶっ飛びもあり。
    描写が容赦ないんだよね

    読書倶楽部にまつわる歴史

  • 最終章に出てきた女性議員が、俺の中で完全に井脇ノブ子だった

  • +++
    東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。校内の異端者だけが集う「読書クラブ」には、長きにわたって語り継がれる秘密の〈クラブ誌〉があった。そこには学園史上抹消された数々の珍事件が、名もない女生徒たちによって脈々と記録され続けていた――。今もっとも注目の奇才が放つ、史上最強にアヴァンギャルドな“桜の園”の100年間。
    +++

    お嬢様学校の誉れ高い聖マリアナ学園が舞台の物語なのだが、学園物語という言葉から連想されるのとはいささか趣を異にする世界が繰り広げられている。そもそも、聖マリアナ学園の成り立ち方からして尋常とは言えず、すでにそこには異端の匂いが色濃く漂っているのである。だが、女の園の常としての偶像崇拝的な恋愛ごっこや、二大勢力の学内戦争などは、これでもかというほど盛り込まれており、その二大潮流から外れたところに存在する「読書クラブ」こそがこの物語の本流であるというところが、もっとも聖マリアナ学園らしいとも言えるのである。詰まるところ、本作は、読書クラブ員たちが代々秘密裏に書き綴ってきた「読書クラブ誌」そのものなのである。赤レンガの部室棟の倒壊とともに姿を消した読書クラブだが、中野の某所で密かに生き続けているラストシーンで思わずにんまりしてしまう。著者らしい一冊だった。

  • 乙女の園の、しとやかな、でも抑圧のないのびのびとした少女たちに愛おしさを感じて読了です。
    少女は何歳になっても、心のなかに生きているのだと、最後は少し涙が出そうになりました。
    女子校を舞台に、時代は移り変わりますがかつて女学生だった人がOGとしてでてきたりと、短い章がゆるやかに、でも確かに繋がっていてよかったです。
    図書館で借りて読みましたが、買って手元に置いておきたい。
    桜庭小説の他もきになるところ。

  • 歴史あるお嬢様学園の栄枯盛衰100年間を学園の異端児達が集まる読書クラブが学園の事件とともに綴った連作短編。
    作品中に登場する小説を読んでたらより楽しめます。

  • 配置場所:広呉図書1F
    資料ID:93086705
    請求記号:913.6||S

  • 正直に言うと桜庭一樹著の小説を読むのは初めてのことだったのでおっかなびっくりに読んでいた。
    砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けないの漫画を読んだことがあるだけでそれも相当昔の話だったから。
    この作家が書いたもののことはほとんど知らなかった。
    けど、桜庭一樹さんがどれほど読書狂であるかは読書日記というエッセイを読んでいたから知っていた。
    だからきっと面白い話を書いているはずだ!と図書館で視界に入った時に何か運命的なものを感じ取った。だから借りて読んだ。
    読んでいるうちに時に笑い、時にハラハラして、時に共感から涙した。
    これは面白い。この作家は面白い!
    私にばっちり印象付られた作品でした。

  • ちょうど今女子大に通っているけど、女子大に憧れるきっかけになった話がこの本。実際の女子大には王子なんていなかったけど(笑)
    かつて美しかった人も年老いてく。当たり前かもしれないけど素敵な話だなぁ。
    これからも桜庭一樹さんのお話をどんどん読んでいきたいです。

  • 再読

    お嬢様学校のはみ出し者が集まる読書倶楽部の面々が、学園の自分達以外のみんなを相手に活躍する話、日の当たらないことも多いけど、それでも確実に彼女たちが存在していた記録。

    桜庭さんの小説は、自分が中学生や高校生だったとき、なんとなく自分はみんなと違うんじゃないかと感じる不安や、顔面から内面までのコンプレックスを物語化してくれるのが好き。

    この本は桜庭さんの他の砂糖菓子〜や少女には〜よりは、少女たちの心理描写がそこまで深くないようにも思えるのですが、そこがこの物語に神秘性だとか特別感を付与しているのかも。

  • どの話も終わり方が良い

  •  乙女よ(そして青年よ!)永遠であれ。世がどれだけ変わろうと、どぶ鼠の如く、走り続けよ。砂塵となって消えるその日まで。雄々しく、悲しく、助けあって生きなさい。
     ご清聴ありがとう。若い人たち。では、よき人生を。
    (P.230)

全408件中 1 - 25件を表示

青年のための読書クラブに関連するまとめ

青年のための読書クラブを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青年のための読書クラブを本棚に「積読」で登録しているひと

青年のための読書クラブの作品紹介

東京・山の手の伝統あるお嬢様学校、聖マリアナ学園。校内の異端者(アウトロー)だけが集う「読書クラブ」には、長きにわたって語り継がれる秘密の"クラブ誌"があった。そこには学園史上抹消された数々の珍事件が、名もない女生徒たちによって脈々と記録され続けていた-。

青年のための読書クラブの文庫

ツイートする