甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実

  • 61人登録
  • 3.61評価
    • (8)
    • (7)
    • (15)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 中村計
  • 新潮社 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103051718

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実の感想・レビュー・書評

  • 甲子園で勝つために毎日辛い練習に耐えている球児たち。なのに、敬遠されて実力を試すこともできない。
    逃げることより強いものを押さえよう挑戦するということが、今後社会に出たときも必要で、そういうことを野球で学んでいる!まったくそのとおり。

  • 松井秀喜よりも相手の明徳、あるいはチームメイトのメンバーのその時その後を丹念に取材することで、あの試合の持つ意味を考える。野球ファンでなくても面白く読める。

  • 松井秀喜氏の国民栄誉賞受賞の報を受け、彼の高校時代の大事件である5打席連続敬遠をテーマにしたノンフィクションを読了。
    当時の報道は「松井・星稜=善玉 明徳=悪玉 馬渕監督=極悪人」という印象だったが、それが報道が過剰にあおった結果の産物であり、高校野球は清く正しく美しいものというイメージによって作られたものという印象を受けた。
    また、明徳の選手たちがなぜ馬渕監督の5打席連続敬遠という作戦を受け入れられたのか?という疑問も解消できた。

  • 当時の明徳の選手が言った「甲子園なんて来なければよかった」という一言で突き動かされた著者が綴った松井5連続敬遠の真実。
    最初のプロローグを読んで著者のこの出来事への想いの深さが伺え、一冊読み終わるのに時間はかからなかった。
    取材がしっかりとされており、明徳側や星稜側、またそれを見ていた関係者はどう考えていたのかを知ることができた。
    あの出来事を観ていた人はきっと高校生の熱いストーリーを創り上げているだろう。著者自体も仮説を立ててしまっていたのだが、それは簡単に崩れてしまう。ノンフィクションではよくある事らしいのだが、もちろんそれはライターの立場としての完全なエゴにすぎない。しかしそれは1番のリアリティであって、ストーリーであるがゆえ、感動できる。それを著者は上手く引き出し、最後まで書き綴っている。
    当時の事を知る誰もが気にかけていたであろう松井5連続敬遠を通して、高校野球の在り方からメディアの問題まで幅広く考えさせられる一冊だった。

  • ―甲子園になんか来るんじゃなかった―明徳対星陵、伝説となった松井秀喜の5打席敬遠。賛否両論の渦中にいた明徳の球児が放ったとされる言葉に突き動かされた筆者が、この敬遠に携わった人々を取材したエッセイ。『野球か、高校野球か。』両監督や球児たちの思い、哲学の違いがぶつかってできたこの伝説は、多くの人の人生感に影響を与えていた。教育現場で行われるスポーツの代名詞である高校野球には、実は単に勝負の枠組みを超えた不文律がある。こうしたスポーツ界の矛盾は、全ての教育現場につきつけられる課題でもあると思う。ただ、いずれにせよ―譲れない思いが凝縮されているのが甲子園。その中のたった20球が、多くの人の心を掴んだ理由が明かされてる。熱いです。

  • 深いなーっていう作品。

  • 松井が5連続敬遠された試合に関係した人達への取材を元に書かれた本。
    大変興味深かったです。
    5打席連続敬遠のサインに疑問を持たなかったピッチャー、4番松井の後の5番打者のその後なども。

    あの当時は、明徳が完全に悪者として報道されていたけど、敬遠ってのはルール上許されたことだしね。
    あの日、5打席連続敬遠されたわけですが、ランナーがいない時だけでも敬遠していなければこんなに問題にならなかったのかな、と思ったりしました。

    色々書いてあったけど、やっぱり松井はすごい選手だったのだということを再認識。

  • 当時ね関係者の心情がよくわかり興味深く読めました。

  • 高校時代もっとも恐れられていた最強スラッガー松井秀喜、かれは高校時代甲子園に出場しホームランを重ねていた。しかし、いきなり5打席連続敬遠と今までにないことが起こった。それは、彼自身がパワーもあり、打たれたらまずホームランしかありえないと相手陣営が思わざるおえないものだった。普通ならそんなことがないと思うが彼のすごさは高校時代からすでに知られていた。今では、日本人のトップに君臨するほどのトップアスリートになった。

  • 松井秀喜が5打席連続敬遠されたときにかかわっていた人たちの取材をもとに書いた本で、
    この本から伝わってくるのは、松井の怪物ぶりである。
    この本のいいところはノンフィクションなので、いかに松井のすごさがわかる一冊である。

  • あの日の衝撃はやっぱ気になります。

  • 1992年夏…私が高校三年生のときの甲子園は、受験生だったにも関わらず全試合チェックしていた。
    だけど、やっぱり「松井の甲子園」という印象が強かった。
    甲子園じゃなくて、その秋の国体もやっぱり「松井の国体」という印象が強かった。
    この本は、これほど徹底されたものはないのではないかと思うくらい、実に様々な人への取材を元に書かれている。
    それはやはり、著者が私たちと同世代だったからというのもあるのかもしれないが…。
    読み終わっても、決してどれが正しくてどれが間違えているという答えが出てくるわけではない。
    が、しかし、私も著者同様、15年間抱えていたことから、解放されたような、すっきりした気分になれた。

  • 【No.22】ヤンキース・松井秀喜が5連続敬遠された試合に関係した人達への取材を元に書かれたノンフィクション。すごく読み応えがあり、素晴らしい内容だったと思う。もうあれから15年もたつんやなぁ。「 小さいころから何か秀でてた選手というのは、自信の蓄積が違うせいだろう、その口振りや態度が妙に落ち着いている」

全14件中 1 - 14件を表示

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実を本棚に「読みたい」で登録しているひと

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実はこんな本です

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実のKindle版

甲子園が割れた日―松井秀喜5連続敬遠の真実の文庫

ツイートする