エデン

  • 1998人登録
  • 3.97評価
    • (255)
    • (576)
    • (249)
    • (19)
    • (2)
  • 455レビュー
著者 : 近藤史恵
  • 新潮社 (2010年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103052524

エデンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エースを頂点にしたピラミッド同士の騎馬戦みたい。
    ロードレースって奥が深い。。。
    じー・・・ん…と感動中です♪

    前作「サクリファイス」は個性的なな人物が多かったので
    そのせいか「エデン」が単調に感じて
    なかなか読み進まなかったけど
    「暗雲」あたりからは、怒涛の展開で面白かった。

    「楽園」
    エデンの園には「禁断の果実」がある。

    去っていった人が戻ってきて、チカとミッコが共に
    走って、また戦ってほしい。

    「サヴァイヴ」と「キアズマ」も読もうと思う。

  • またやってしまった。前作との間に3ヶ月しか挟んでいないのだが30冊挟んでしまったがために、すっかりサクリファイスの内容を忘れている。
    本作はカタカナのチーム名と選手名が多く、そのことにも悩まされた。(私がアホすぎるのだろう…)
    もうこのシリーズを読むのをやめようかと思ったが、サヴァイブとキアズマの他の方のレビューを拝見し、興味は持った。
    しかしサクリファイスを読み直したり、続けざまに読む必要がありそうだ。
    あ〜、他の作家さんの続けて読まなければ忘れそうな本もあるし、大変だあ。

    あ、本作の感想を。
    自転車競技が団体プレイであり、心理戦であり、紳士協定のような暗黙のルールがあることなどが前作以上に理解できた気がする。

  • 前作ほど「アシスト」の魅力は前面に出ていないけど、今作は「仲間」というものが描かれていたように思う。
    チーム内の仲間、チームを超えた仲間。敵同士がひしめき合うプロトンでも、仲間となって協力して走ったりする。
    休養日よりもレース中の方がおしゃべりする時間がある、というのはおもしろい。やっぱり独特な競技だなー

    ニコラが戻ってくることを期待しつつ、続きを読みたいと思います。伊庭がここに参戦したらなお面白いのに。

    ちなみに裏表紙の黄色と白は、ニコラとドニ?

  • ツールがやってるときに読めたので、なかなかのタイムリー感。
    今年の日本人出場選手は新城選手だけで、状況が似てるから臨場感があった。

    夢がある。
    そういう所が嬉しかった。

  • ジロ・デ・イタリア2011、第3ステージでのウォートル・ウェイラント選手の事故死。あまりにも痛ましい事故で前作『サクリファイス』を思い出した。そして、それがきっかけとなり、この続編の『エデン』を読了。 何とも、、、本当に何とも言えない気分になってしまった。

    事故翌日のジロ第4ステージはウェイラント選手に捧げる追悼レースということで、全選手が喪に服してのニュートラル走行を行った。そして本作品にも追悼ランのシーンが出てくるのだ。本作品は2010年3月に刊行されたものだが、その1年後にまさかこんなことが起きるとは、、、

  • 前作同様ノンストップ!!!

    今度の舞台はヨーロッパ、ツール・ド・フランス。
    前作よりはミステリ要素は低め。
    けどノンストップノーブレーキ注意です。
    感想書こうとするとちょっと前作のネタバレになりそう。

    白石誓ことチカは相変わらずかっこよかった。
    前も書いたが名前がすごく好き。
    自分を犠牲にしてまでもチームメイトのために果敢に走る姿は
    文章だけだがとてもかっこよかった。

    そしてツール・ド・フランスの様子もリアルに描かれていて
    行きたい!!!!ってなったー
    今ツール・ド・ジャポンやってるから
    それまず行ってみたいよね。

    自転車レースの緊迫してる中でも
    レース中他のチームの人と会話したり作戦を練って駆け引きしたり
    そうゆうとこも他のスポーツにはなくておもしろい。

    リアルな部分が事細かに書かれているのは
    さすが近藤さんが自転車競技好きだからなのかな?
    けど好きなものを題材に文章が書けて
    なおかつそれが評価されるってすごく素敵で羨ましい。

    迫力満点の作品です!

  • 本作を読んで、欧州の自転車ロードレースは相撲に似ているなと思ったんですよ。ここでトップを取るのは野暮だとか、勝ち方に美しさを求める感覚、そして外国人(ツールの場合はフランス人以外の選手)がちょっと違う目で見られているところとか。

    それはそれとして、とても好きな作品。淡々とした描写ながら読んでいて胸が熱くなります。

  • 続編のツールドフランス。名前は知ってたが、どんなレースなのかワクワクしながら読んだ。サラッと書いてるけど実際はもっと過酷なんだろう。クラフトワークのツールドフランスを久しぶりに聴いてみたくなった。

  • 『サクリファイス』の続編。『サクリファイス』に比べると少し落ちるけど、面白い。ロード・レースの駆け引きという点ではこっちの方が上かも。なんだかんだでアシスト向きなTHEジャパニーズな性格のチカがやっぱりカッコいい。更なる新天地、そしてニコラとの戦いを書いてほしいな。できれば伊庭も登場させて。たった2冊の小説で私をロード・レースの魅力に引き込んだ近藤史恵は凄い。2011/291

  • サクリファイスを学生のときに読み、心から感動して涙を流した。その続編が出ていたなんて!

    今度の舞台はツール・ド・フランス。
    主人公、白石誓は所属チームが解散の危機にあるが、移籍先は未定。
    チームメイトも監督も、それぞれが先のことを考えていてチームの気持ちはバラバラ。
    こんな状態でツールを戦えるのか。
    前作に劣らないレースの緊張感、選手たちの熱い思いに終始興奮しながら読んだ。
    何より、自分をヨーロッパに向かわせてくれた石尾の亡霊に励まされるように走る誓に心を打たれた。勝利は一人だけのものではない。それは命は一人だけのものではない、と言い換えることもできるような気がする。

全455件中 1 - 10件を表示

近藤史恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エデンに関連する談話室の質問

エデンを本棚に登録しているひと

エデンを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エデンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エデンの作品紹介

あれから三年-。白石誓は、たった一人の日本人選手として、ツール・ド・フランスの舞台に立っていた。だが、すぐさま彼は、チームの存亡を賭けた駆け引きに巻き込まれ、外からは見えないプロスポーツの深淵を知る。そしてまた惨劇が…。ここは本当に「楽園」なのだろうか?過酷なレースを走り抜けた白石誓が見出した結論とは。

エデンの文庫

エデンのKindle版

ツイートする