砂の上のあなた

  • 325人登録
  • 2.85評価
    • (3)
    • (32)
    • (49)
    • (34)
    • (12)
  • 65レビュー
著者 : 白石一文
  • 新潮社 (2010年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103056522

砂の上のあなたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うむむ
    すごい繋がり。
    繋がりすぎるくらい繋がる、美砂子と、父、夫、父の愛人だった紘子、父の手紙を持って来た浩之、元婚約者、紘子の孫、そこから波及して様々。

    子供を得ること、運命、
    でも誰の子でもいいって訳ではないから、
    そこは理解不能。

  • 前半は白石節がいい感じに展開していってたんですけど後半はちょっと関連付けがクドかったかな…
    前半、「女の人生とは…」的な子供を産むことみたいな…この話は納得という気持ちもあるけど、男の私には一方的な言い分で理解できませんでした。

    後半のあの人とこの人がここで繋がって、、、
    誰それと彼それがこういう間柄だった、、、みたいな展開で読んでいて途中で辟易としてしまって
    結局、間男だった彼の件は、要するに子供を産んでこそ女は一人前…って事が言いたかったのかなぁ~
    ちょっとばかし理解に苦しむ、、、
    血縁や因果みたいな関係性の複雑さ、面白さ、奇怪さを書こうとしたのかな?題材としては面白いんですけど物語としてはあまり面白くなかった印象です。

  • 白石一文の作品を幾つか読んできたが、初めて女性が主人公のものに当たった。そのせいか、生む性としての女性とそうでない男性の関係とか、そういう本質が隠されている社会の実態というところに焦点が当てられている気がする。その上で思うのは、白石作品には、世の中の悲惨な状況を救わなければならない、というメッセージを持つものが多いということ。本作でも、血を分けた子供を生み育てることも大切だが、だからといって、家族という小さい集団さえ幸福ならば、その外で悲惨な境遇にいる弱者を無視してよいわけではない、というメッセージを感じた。
    このほか、本作は、人と人との不思議な縁について、一見関係ないように見えても実はどこかでつながっているということを小説らしい手法で描き出し、そのスリリングな展開には惹かれるのだが、残念ながら、登場人物が多すぎて、名前や関係性が覚えられず、しばしば戸惑った。そうやって、すんなりと読み進められなかったのは、少し残念。

  • この人の本は、運命の巡り合わせが鍵になっている話が多い。
    良くも悪くもまたかと思う。

  • 人の執念が他の人の人生のシナリオを動かすというのがテーマか。この人の話は、独特の深い思索へのインスピレーションがもらえたりするけど、作者もまだ悩みの中(真っ只中というより、解決の希望がみえたかなと思ってるくらい)で書いているような、後味が悪いというか、病気をうつされたような、負の思考に陥りがちかも(私は)。

  • 書きっぷりはさっぱりしているがドロドロした話。世間は狭い。強引。

  • 亡き父親が遺した手紙から始まる物語。夫の罠だったのがわかるらへんまではけっこう面白かったのに…何だか話があらぬ方にいってしまった気がする。結局、夫がその後どうしたかもあやふやだし美砂子が妊娠したのは確実だけど話はそれで終わってしまった。消化不良。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    ひとかけらでいい。僕が死んだら、愛する女性の骨と一緒に眠らせてほしい。最愛の父に愛人がいた…。見知らぬ男からもたらされたのは、娘が最も知りたくなかった事実。しかし亡き父の妄執は、35歳の主婦・美砂子の結婚生活にまで影を落としていく。ぬるく濁った世の中を貫けるのは、時間の流れをもねじ伏せるほどの「強い感情」だけなのか―。圧倒的長編小説。

  • 「主人公が海浜幕張に住んでるよ」と聞いて読んでみた、初・白石。

    子づくりを巡って、だんなとギクシャクしている主人公のところに、「死んだお父さんの隠し子です」という男が現れて、長年にわたるお父さんの不倫の顛末を知るんだけど、実母もそんなことは知っていて、そうこうするうちにその超イケメンとイイ仲になっちゃって.....と、奇妙な人間関係がだらだらと明らかになっていく?みたいな不倫ストーリー。

    不倫モノは、渦中の人に共感できなければ「はぁ、そうでしたか...」で終ってしまう。
    たおやかで聡明なようでいながら 芯のところが意固地な主人公、こりゃぁ男じゃなくても疲れるタイプだよねぇ と、あんまり感情移入できずに終了。

    海浜幕張はそのまんま!でした。

  • デビュー作からずっと読んでいるが、なかなか面白いと思える著作が少ないので、もう読むのをやめようかなと思いながら読んだが、終盤前までは面白く読めた。子供を望む妻と、その父、旦那、その他大勢が絡む、生死、結婚に関わるお話。

全65件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

砂の上のあなたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

砂の上のあなたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

砂の上のあなたの作品紹介

ひとかけらでいい。僕が死んだら、愛する女性の骨と一緒に眠らせてほしい。最愛の父に愛人がいた…。見知らぬ男からもたらされたのは、娘が最も知りたくなかった事実。しかし亡き父の妄執は、35歳の主婦・美砂子の結婚生活にまで影を落としていく。ぬるく濁った世の中を貫けるのは、時間の流れをもねじ伏せるほどの「強い感情」だけなのか-。圧倒的長編小説。

砂の上のあなたのKindle版

砂の上のあなたの文庫

ツイートする