巴里茫々

  • 47人登録
  • 3.36評価
    • (3)
    • (0)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 北杜夫
  • 新潮社 (2011年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103062370

巴里茫々の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読みました。

  • 北杜夫が他界したあと、当然のように本屋に並べられた一冊なのですが、購入こそしたものの読む気になれず、そのままにしていました。
    そんなある日、帰省先に新しくできた図書館を見学がてら利用していると、覚えのある装丁の本をみつけ、その場で読み終えてしまうというへんてこな末路をたどった本です。



    少しまえに「幽霊」と「木精」を読んでいたので、氏の作品にときおり現れる追憶、ほとんど夢にちかいところをおぼつかない足取りで歩きながら時間を超える手法、と勝手に私がそう呼んでいるだけの書き方に慣れていて、今回も意識の流れだけを追うように読んでいたのですが、少しまえに晩年の著者のモノクロ写真をみたせいか暗い印象がつよく、読了感はあまり良いものではありませんでした。

    もちろん、単語の選び方と文章の綴り方はいつもの北さんで、もっと春先か秋口あたりに窓の開いた部屋で読めば印象がかわったものと思います。
    春先より、秋口か。いや、どちらでも良いのです。

  • ☆3つ。
    この本は2011年12月の発刊である。二つの中編随筆が入っていて、ひとつは2000年の作品でもうひとつは1992年の作品です、と後付に書いてある。
    書いてあるがそれだけである。どういう経緯でこの『巴里茫々』が発刊されたのかには一切触れられていない。
    北杜夫がなくなったのは2011年の11月であったので、そういうことに紐づけたあわててやみくも出版なのかもしれないなぁ~と思った。
    でもわたしとしてはこの二つの中編作品は読んだことはなく、まあまづまづ良い作品だなぁとも思った。
    以前にも書いたけれど、こうやって最近頻繁に北杜夫の本を読む機会がある。でもブクオフへ読みたい北杜夫の作品を探しに行ってもその本は有ったためしが無い。だいたいが北杜夫の作品は一つもない。
    作家が亡くなると本が売れるという話は聞くが、もう一年以上も経っているのにまだ売れているらしい。さすがどくとるマンボウ北杜夫。大したものだ。

  • 静かに過去を反芻する「私」。過去は夢のように浮かび上がり、現実のものともつかなくなる。
    「カラコルムふたたび」のメルバーンとの再会で、メルバーンが昔のように快活な男ではなくなっていたのが印象に残る。

  • 和図書 913.6/Ki61
    資料ID 2011105335

  •  一家三代の興亡を綴った『楡家の人びと』で知られる作家は、追憶の中に浮かび上がる小説二編を残した。どちらも躁鬱病が見させる夢のよう。初単行本である。

     「夢であることは初めからあらかたわかっていた」と表題作は少し謎めいて始まる。主人公の「私」は、熱狂する人びとに交じり「ラ・マルセーエーズ」を熱唱していた。高揚と異国情緒にいざなわれ、思い出されるのは、兄のように慕う辻邦生夫妻を巴里に訪ねて行った日々。夢中で勉強をつづけていた辻はトーマス・マンの「ブッデンブロオクス」の一節ずつを書き抜いたカードを見せ、マンの創作技法を詳しく語り、「私」は連れ込み宿風の安宿に泊まったのだ。

     ところがそんな回想をしているうち、気がつくと、「私」は90を過ぎた老体となり、巴里のカフェに坐っている。辻夫妻をさがすが見当たらない。目の前の原稿用紙には、堕落と惰性に満ちた自身の過去が記されていた。そしてオーバーには初恋の人の手紙が──。記憶をたよりに紡がれる郷愁に胸が圧しつぶされそうになる。

    (「週刊朝日」 2012/03/23 西條博子)

  • 鬱、癇癪、老い。
    周りの人は苦労しただろうなぁ。

  • 老い。

全8件中 1 - 8件を表示

北杜夫の作品

巴里茫々を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

巴里茫々を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

巴里茫々の作品紹介

『どくとるマンボウ航海記』時代のパリを舞台に、濃霧の中に漂う記憶の幻影を描く「巴里茫々」。山岳小説の傑作『白きたおやかな峰』で描かれた地を再訪し、当時の優しい案内人を捜し当てる旅のドラマ「カラコルムふたたび」。哀歓に満ちた二つの小説(単行本未収録)を収める。

巴里茫々はこんな本です

ツイートする