月のころはさらなり

  • 135人登録
  • 3.12評価
    • (5)
    • (20)
    • (50)
    • (17)
    • (1)
  • 36レビュー
著者 : 井口ひろみ
  • 新潮社 (2008年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103063612

月のころはさらなりの感想・レビュー・書評

  • 「宮部みゆき絶賛」の帯に騙されてしまった感じかな。でもよくよく考えてみると宮部みゆき自体苦手だったんだ(^_^;)

    ファンタジックな雰囲気で描かれる大人との境目にいる少年の一夏の物語といったところか。
    好きな人はたまらない感じなんだろう。
    庵、祠、鈴鳴らし、魂振り。大人になると失われていく不思議な力。
    いや、決して嫌いな設定じゃないけれどちょっと浅いか。人物描写もその背景も。
    どうしても主人公の母親に共感できず、嫌悪感すら覚えてしまい物語に入っていけなかった。

    もっとさらっと読めばいいのかもしれないけど、私には微妙でした。

  • 主人公の人生論が好き。途中、これはホラーかとドキドキしたけれどそんなことなかった。できれば夏に読むべき。一夏の思い出。

  • 十五夜読書にて。
    田舎の古びた庵を舞台に、静かな雰囲気で綴られていく、ちょっと不思議な物語。
    鈴鳴らし、預かり子、魂振り…と不思議な能力が描かれていて、好みの雰囲気でした。
    ファンタジックな要素と世知辛い現実の厳しさとが対比になり、緩やかな時を刻んでいく。
    わりとあっさり物語の幕が下ろされてしまうので、もう少し読ませて欲しかったなーという物足りなさも若干。
    月の下の夜の描写がとても美しくて、十五夜読書にぴったりな作品でした。

  • 大人の一歩手前の
    夏休みの記憶…かな。

    身につまされるような
    切実さとか、そんなんはなくて
    柔くて。

    いつか悟はこの夏を
    忘れてしまう気がする。
    でも、それで良いような。

  • 「月のころはさらなり」・・・枕草子のフレーズに惹かれて手にとった一冊。

    庵で高校生の悟とその母親園子を暖かく出迎えたのは、おんば様と呼ばれる老婆。
    そして庵には預かり子の美少女、茅が。
    彼女は人見知りが激しく、なかなか悟たちの前に姿を現さない。
    そして茅に異常に執着し、悟を敵視する小学生、真。

    母の様子がおかしいことに不安を覚えながら、悟は真と、真の言いなりになっている茅から、この地に伝わる不思議な力について知ることになる。

    庵に行くことを極端に反対する真の父、その姿にいつも弱いものに対して辛く当り散らす父の姿を重ねる悟。

    悟は家を出る前に父を殴っていた・・そしてその父は行方不明に。

    不審な母の行動、谷底で横転していた母の車・・

    悟は思う、あの車のトランクには何が入っていたのか・・?

    最初、真の茅への執着と、真のいいなりになっている茅に、一種の気持ち悪さを感じるのですが、話が進むにつれて他愛も無いというか、「茅に手を出すな」と何度も言ってる真の台詞が可笑しくなってきます。
    そして、言われれば言われるほど、逆に茅を意識してしまう悟・・これって逆効果じゃないの?笑
    年下の真からの暴言を浴びせられながらも、いつの間にか絆が芽生えていく真と悟。
    茅、真、そして悟までもが不思議な「鈴鳴らし」の能力を持っていることで三人の気持ちが近づいていくところもいいなぁ・・。
    そして更に祠の神様の御霊を感じたり、体から魂が抜けて空に浮かんだり・・幻想的です。
    生意気な態度の真が抱える心の傷も、そうだったんだぁと驚いたり。

    悟の父とイメージが重なる感じの真の父だったけれど、ラストは全然違っていたなぁと。
    真のことで悟が思わず叫んだ言葉に心を打たれる真の父、父が感激したことを真から知らされる悟。お互いに温かい気持ちになれるよね。

    『俺は結構感激していたりする。自分の云った言葉が、誰かに通じたことに。』

    ・・悟の気持ち、すっごく分かるなぁ。共感っていいよね・・


    当の真は事の真相を知らなくて、悟が何を言って父を感激させたのか知りたくて、やきもきして悟に問いただしてるのがまた面白い。

    そしてこの地に育った悟の母の決意と、母と大人の話が出来るようになった悟の心の成長もいいな・・。

    母親にとって息子は分からないことだらけだけど、やっぱりどこか繋がっているんだなと安心したり、息子が頼もしくなっていくのが、親として嬉しかったり。
    言葉でなかなか表せないけれど、そんな気持ちがあるんだなと思いました。
    最近、うちの息子も子どもっぽさが抜けてきて、私をフォローしようとしてくれる時があります。
    頼りになるなと思えた時は嬉しいものです。

    そして車のトランクには何が?っていうところは、ぞわりとしますね。
    靴を脱ぎ捨て、川で発見された悟の母の行動も。
    いろいろ想像させられる部分があって、それも引き込まれます。

    日本の田舎の夏・・
    そこに伝わる不思議な現象と風習。
    清流の先にある祠。
    蝉の鳴き声が聞こえてきそうです。
    月の夜の幻想的な光景も目に浮かぶようです・・

    思春期の男の子の気持ちに少し触れたような気がしました。
    同じような年頃の息子を持つ私にとっては収穫かな・・。
    最後は清々しい気分が湧き上がってきました。

  • 読み始めはなかなかとっつきにくい感じでしたが、途中から一気に読めました。
    登場人物みんなに魅力があり、ぼやかしてある彼らの過去に気になります。
    続編があったら読みたい。

    悟がなんか良い子過ぎて泣ける。

  • ■母に連れられ田舎の古びた庵にやってきた悟が出会ったのは、不思議な力を持つ美少女と生意気な少年。女と子供しか入ることのできないこの庵の役割とは?そして、殴りつけたまま家に残してきた悟の父の消息は?懐かしいのに新しい、切なくて優しい新感覚青春ミステリ、誕生。第三回新潮エンターテインメント大賞受賞作。

    ■■朝のニュースで紹介されてたのを見て興味を持ったんですが。面白かったです。出だしは陰鬱とした雰囲気のお話しかと思ったんですが、存外そんなことはなく、明るかったり落ち込んだりしながらテンポ良く転がっていきます。主人公の控えめながら、しっかりと前を見据えた性格が、なんか気に入ってしまいました。優しい。底に落ちた人間が優しいものに触れながら少しずつ立ち直って、前に向く力を得ていくお話でした。

  • 宮部みゆき、絶賛とのことで手にしてみた。ファンタジー&ミステリー?ある庵に戻ってきた、特殊能力を秘めた母&息子の夏休み。深夜の2時間ドラマ向きの話。

  • 母さんについてやって来たのはおんば様の棲む庵だった。
    2人の会話には鈴鳴らしとかたまがけとか
    わからない言葉がたくさん出てきたが、
    どうやら母さんは小さい頃ここに預けられていたらしい。
    家電もないところだし悟は長居する気はなかったのだが
    母さんが足をくじいてしまった。
    怪我が治るまで庵にいることになり
    悟るは預かり子の茅と地元の少年真と出会う。
    装画:久村香織 装丁:新潮社装丁室

    ぼくの夏休み、みたいな話です。
    山奥に住む不思議な能力を持つ少女とか
    普段は味わえないような自然とか。
    庵の役割についての真彦の考えに頷いてしまった私は
    競争社会に毒されているのだろうか。
    悟が17歳にしては幼い。中学生くらいでもよかった気がします。

  • 母に連れられ田舎の古びた庵にやってきた悟が出会ったのは、
    不思議な力を持つ美少女と生意気な少年。
    鈴鳴らしや魂翔けなど不思議系要素はあったけれど、
    なにより悟の母思いなところに心打たれました。
    何もわからないのに辛抱して、口にしないけど気遣って、良い子だな。
    生意気な少年・真も猪突猛進で可愛かった。

  • エンターテインメント大賞受賞作、宮部みゆき絶賛、のオビにつられて読んでみましたが…お話もキャラクターもすべて中途半端な感じ。浮世離れした舞台設定ですが、逆にそこが私的にはツボだったのでもうちょっとじっくり書き込んで欲しかったですね。今後の作品に期待^^

  • なんか・・・・凄い好きな話なんだけど、
    どうコメントしたらいいか分かんないです。

    文章の書き方とか、描写とかもかなり好き。
    悟は優しすぎると思う。こんな人いたら一発KOだな・・・←
    景色とか、人物とか、想像しやすい本でした。

  • なんとも言えないゆったりした雰囲気。
    夏、山中の庵に訪れた高校生とその母、そこで出会った少年と少女。鈴鳴らしなどの不思議な風習の残る場所で起こる。ささやかな物語。
    「ねえ、幸せじゃなくちゃいけないなんて、俺はすっげえ傲慢だと思うよ」
    染みた。

  • 現世とはある種の隔離をされた庵で生きる少女・茅と真。そこにかつてはここの生れであった悟と母がやってきて…

    あらすじを上手く語るのは難しいが、知らないうちに真の立場に感情移入して応援したくなってしまった。

  • 「ねえ、幸せじゃなくちゃいけないなんて、俺はすっげえ傲慢だと思うよ」

  • 最初は???という感じで読み進めていたら、最後にぐっときてしまいました。最初ぼんやりとしていた主人公のキャラクターが、最後にぐっと魅力的になりました。特にお母さんと話すシーンがよかったです。

  • そんなに心に残るはなしで話ではなかった。
    出来事や話の内容がやや唐突というか、根拠にかけるようなかんじ。
    たとえば、悟の父の話。
    悟はいつから父のことを心配していたんやろう。父のことが唐突に出てきた印象だった。
    他に、茅の人間描写も、前半と終盤でのギャップが大きい。いくら地の文で説明されてもちょっと納得できない感じがした。

    とはいえ。
    この本を読む直前まで、団士郎の「家族力×相談力」を読んでいた。
    その影響もあって、悟の家族(理不尽に怒り出すことの多い父・専業主婦の母・高校生の悟)のことをついつい考えてしまう。 ジェノグラム付きで・・・

    家族の説明。
    父は、自分より力の弱い者には横暴な態度をみせる。
    母は、そういう父の暴力や暴言にひたすら我慢して耐えてきた。
    理由は、生活のために父をつなぎとめるため。
    父に変化も何も求めず、今の状況に満足しようとしている。


    「父の暴力に対してひたすら耐える母」というのがいつものパターン。
    そこに、息子が言う。
    「何かもめたら、人のせいにする男と、自分が悪かったって思う女なら、需要と供給のバランスはとれてる。
     そんなに自分のことを責めるの、もう止めたら?」
    いつもの2人のパターンに変化をもたらす言葉。

    母子関係では、悟は聡明だと思う。
    両親の共依存状態も理解し、母の行動も冷静に見てるようだし。
    母との一線も、きっちりと引こうとしている様子がうかがえる。
    一方母は、悟に対する依存もあるようで、母側から見ると、親子の境界が曖昧になってる感じがする。

    この両親にして、この息子。
    トンビが鷹を産んだか、という感じで、この辺にも、この物語に納得できない印象を持った一因があるのかもしれないなぁ、とちょっと分析してみたり。
    見当違いの分析である可能性が大きいが。

  • 母に連れられ田舎の古びた庵にやってきた高校生・悟は不思議な力を持つ美少女と生意気な少年に出会う。
    そして自らの不思議な力を目覚めさせてゆく。

    よかったです。
    宮部みゆきさん絶賛ということで読んでみました。スラーッと読めるしさわやかな話でした。

    終盤、主人公が少年の父親に「なんで自分の子どもを信じないんだよ」「庵から出られなくなるなんて、ないと思うよ。だからちょっとぐらい庵で遊んだっていいんじゃないか。何がそんなに不安なんだよ」という場面が印象的。不思議な力とか庵とかファンタジーがかっているけれど、この小説の根本は教育問題だと思います。子どもを信じて見守ることせかさないことの大切さがしみじみと伝わってきます。

    生意気な小学生をあたたかく包む主人公の態度がよいです。子どもと同じレベルにおりてむきになるのではなく、一歩さがってさらっと流せるように私もなりたいのですが・・

  • ちょっと不思議な感じの話だ。
    この中で出てくるミステリアスな美少女(茅)のセリフ。

    「茅が欲しいんは、助けてあげるって言葉じゃないん。茅は
    大丈夫だって云って欲しいん。」

    このセリフ、私も同じように思う。

  • 宮部みゆき氏絶賛!に惹かれて読む。なかなかの力量。先が楽しみ?20080707

  • エンターテインメント大賞受賞作…なんですね。「宮部みゆき絶賛!」の帯に釣られたのが正直なところです(苦笑) 読みながら何か大きなことが起こるに違いないと、勝手に期待していたのですが、可もなく不可もなく…という印象でした。(2008.06.02読了)

  • ちょっとファンタジーな作品。あるシーンで、宮崎駿の『となりのトトロ』を連想した。この物語は大人向けの『となりのトトロ』かと……父親のDVに耐え切れず、家を出た母と高校生の息子、悟(さとる)。蝉時雨の中やって来たのは、母が子供のころの一時期を過ごした、人里はなれた「庵」。悟は、庵に暮らす美少女、茅(かや)と、村の少年、真(しん)に出会い、満月の夜に不思議な体験する。夏は夜。月のころはさらなり。成長過程にある子供の言葉を通して、作者はメッセージを投げかけているように感じた。子供だからこそ見えていることがあるのだと……第3回「新潮エンターテインメント大賞」受賞作。

  • 高校生の悟は、夏休みを利用して母親と二人で母の田舎に来ていた。おんばと呼ばれる老女が住まう庵に、二人は厄介になる。そこには、鈴鳴り、魂翔けという不思議な言葉が残っていた。
    身勝手な大人との軋轢に胸を痛める少年のひと夏の物語。小綺麗にまとまりすぎた感じが強く、残念。いっそ突き抜けて、もう少しどろどろした展開だとか、どんでん返しがあったら面白かったのになぁ、と思う。
    十七歳の男の子って、もっと多面体で魅力的なんじゃないの?

全36件中 1 - 25件を表示

月のころはさらなりを本棚に「読みたい」で登録しているひと

月のころはさらなりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする