夜中にジャムを煮る

  • 237人登録
  • 3.65評価
    • (18)
    • (42)
    • (44)
    • (6)
    • (0)
  • 43レビュー
著者 : 平松洋子
  • 新潮社 (2008年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103064718

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夜中にジャムを煮るの感想・レビュー・書評

  • 台所、おいしいものにまつわるエッセイ集。

    なんておいしい文章なんだろう。
    どれもこれもおいしそうで、すばらしい。
    料理は得意ではないけれど、私もキッチンは大好きな場所で、道具なんかも好きなものをじっくり選んでそろえたくなっちゃう性質。

    蒸し物がめんどくさそう、とか、スパイスから作るカレーは大変そう、とか、読みながら「そうそう」って思いながらも、あ、そうやって簡単に考えてもいいんだなー、とか気がついたり。

    「飲みたい気分」の話なんて読んでたら、お酒飲めないのに飲みたくなっちゃうよ。あー、おいしそう。

    すてきなエッセイ集でした。

  • 平松さんが日々の暮らしを丁寧に営まれている様子がよく分かるエッセイ。

    夜更けの静かさの中で一人ジャムを煮る。
    読んでいるだけで、あの甘くとろけそうな香りが漂ってきそうだ。
    そう言えば実家の母もよくジャムを煮ていたっけ…。
    厳かな儀式により果物の一番美味しい時季をぎゅっと封じ込めて、後から時間をかけてじっくり味わう。なんて贅沢!

    この他、平松さん流の食のこだわりがエッセイのアチコチに沢山詰まっていて楽しめた。
    料理をする際の出汁や塩等の微妙な加減や見極めは、何度料理をつくっても難しい。

    平松さんのように、お酒と簡単なおつまみ片手に、一人でオトナのピクニックに出掛ける余裕が欲しい。
    大和煮の煮しめた牛肉をつまみにカップ酒…こんな小粋なオトナになれるかなー。
    一人で飲み屋に入ることさえ出来ない私はまだまだ修行が足りない、としみじみ思う。

  • この方の文章は本当に豊かだ。食に対して、真摯で、誠実で、優しくて、厳かで、敬虔だ。漆を日常使いで育てる。夜中にジャムを煮る。だしと手を結ぶ。塩かげんをぴしりとキメる。おいしい飯炊き道にハマる。手でおいしさを生み出す。ええ加減にお茶をおいしく淹れる。蒸し物名人になる・・・丁寧に、しっかりと食に向き合って生きる。本当に心から憧れる、地に着いた丁寧な暮らし。手元に置いて、何度も読み返したい一冊。

  • 私の食エッセイの評価基準は、何よりも美味しいものを食べた時の追憶ができることと、未知なる食べものへの好奇心がそそられることである。
    なのでこのエッセイは★5つ!
    昔、母が作ってくれたちらし寿司は、著者と同じくうちわでせっせと酢飯をあおいだっけ。
    韓国の臭い食べ物なんてどんな味か想像つかないくらい美味しそう。
    料理本を読むと愕然とするような出汁やスパイスの小難しさも、この本では自分の好きな味を求めればいいと背中を押してくれる。

    著者のような「ていねいな暮らし」に片足突っ込んだ食生活を送ってみたいものだが、まだまだ私には時間もお金も余裕もない。真夜中にジャムを煮る生活は果たしていつになることやら…

  • 日々刻々と変化する果物の食べごろを見極めるのは非常に難しい。でもジャムにすれば、いちばん幸福なときに鍋の中で時間を止めてしまえる。さらに夜更けの静けさの中でジャムを煮れば、夜のしじまが甘美な香りで満たされて幸福感で胸がいっぱいになる。
    母が作ってくれたごちそう、ごはん炊き修業、塩かげんの極意、だしの頼もしさなど、台所で考えた大切なことを綴ったエッセイ。

    料理エッセイはいろいろ読んでいるつもりだが、この本は「おもしろい!」と純粋にわくわくした気持ちになった。他の料理エッセイとの違いは何か・・・それは、食べ物にたどり着くまでの著者の苦労とこだわりが詳細に描かれているからではないだろうか、と感じた。
    例えばごはん炊きのエッセイでは、電子レンジを捨てたことをきっかけに自分の五感を使って料理をすることに目覚めた著者が、炊飯器を使わずにごはん炊きに挑戦する。戸棚の奥に放置されていた文化鍋から始まり、コンパクトな羽釜、お値段3万8000円の土鍋等で試行錯誤を繰り返す。しかし鍋に翻弄された著者の脳裏によぎったのは、割烹の主人の言葉だった。「最終的に愛情ですわ。おいしいごはんを食べさせてあげたい、その気持ちさえあれば、おいしく炊けるもんです」
    目的のものを口にするまで何度も試してはやり直して、著者の研究熱心さがうかがえる、ちょっと読み応えがあるエッセイである。しかし決してストイックなのではなく、おいしいものを追求すること自体を楽しんでいる著者の姿が浮かんでくる。だから読み手である私もわくわくした気持ちになってしまうのだろう。

    しかし残念な点がひとつある。私は読むだけで食べられない。著者が苦労したり手間をかけたりしてでも口にしたい味とはどんなものだろうか。私も夜更けに台所に立って、試してみよう。

  • 調理から器、調理器具まで退屈させないエッセイ。
    一番は題名かな。自分は夜中に味噌汁あっためてます。

  • 食べることの楽しみを教えてくれる、良い本。

    「今日はなにも食べたくない。どうしても食べる気が起きない。料理なんかしたくない。湯も沸かしたくない。台所に立ちたくもない。
    そんな気持ちになる日は、むりせず逆らわない。いったん自分を受け容れて、よしよしとふところにおさめる。食べたくない気持ち、そのかたすみには、自分でも気づかない、または知りたくない感情も膝をかかえてひっそり潜んでいるから。
    けれども、食べたくない日をどうにかやり過ごせば、きっとそのつぎの日はやってくる。」
    「たったひとりの味を知っていれば、誰かといっしょに食べるおいしさはそのぶん深く、ありがたい。」

  • 今日こそ、今夜はジャムを煮よう。BIOの檸檬を無駄にしない為にも!と決意しているその日にこの本に出会った。
    ジャムはやっぱり銅鍋なのか…。ぐずぐずしていたら、一番美味しい時を逃してしまう。
    『夜のしじまに甘美な香りが混じり始める』…平松さんの食エッセイ。食いしん坊には堪らないな。今晩は絶対にジャムを煮る!!

  • 平松さんの本の読中感はとても気持ちがいい。文章で食べること、料理することの楽しさ、生活と食の深い仲を伝えてくれる人だと思う。それが本のつくりにも表れているような気がする。この本も、巻末にエッセイにちなんだ食べもののレシピが付いていて、そこにさらにその料理に関する一言が添えてあった。

  • これからたぶん一生体がいうことをきかなくなるまで、ごはんを作って自分にも家族にも食べさせていくって不思議だなー。
    面白い。
    毎日大事にごはんを作ったり、たまに何も食べたくなくて煮干しをかじるだけでもいい。
    お茶とお茶請けで腰を落ち着けたり、夜中に静かにジャムを煮たり。
    楽しもうと思わせてもらえる本。

  • 果物の追熟。食べ頃の見極め方。難しいそのタイミングを克服するために良い方法、それがジャムを煮ること。
    ひとつひとつのことを丁寧に、幸せをかみしめる、そんな日々の心がけを大切にしていきたい。

    飯炊き道を突っ走る求道者に乾杯!
    サンマンハッセンエンもする『黒楽御飯鍋』に興味津々。

    日本食の醍醐味は五味五色五法。同じ食材も調理の方法によって、様々な変化を遂げる。改めて日本に生まれたことに感謝。

    全体を通して、一気通貫テンポの良い文体にリズミカルな言葉選び。昔ながらの言葉を使っているのに、決して古臭さは感じない。むしろ、いつ読んでもいつも新しい。表現から容易に絵を想像することができる。何度も手に取りたくなる一冊に出会うことができた。

  • タイトルが素晴らしい。
    しかしコレといって食べたいものなし。たぶん好きな味覚が違う。

  • 平松洋子『真夜中にジャムを煮る』読了。なんと魅力的なタイトル!料理、食べ物に関するエッセイ集。例えばご飯を炊くということ、そしてその味など、文字だけでこれだけ豊かに表現できるって素敵だ。

  • タイトルに惹かれて。かなり良かったです。読む前は、くだけた感じの食エッセイなのかなと思っていたけれど、全然違った。しっかりとした、情景の浮かぶ文章で、引き込まれました。日本語を自由自在に扱っているというか、五感が刺激される。描写も美しくて、うっとりしました。色々な国のお料理の極意や、野菜や果物の選び方と食べごろ、だしの取り方、塩かげん、ごはんの炊き方、一杯のお茶の大切さなど、どれも素敵でした。レシピやお店もきちんと紹介されていてありがたいです。写真もいっぱい。

  • 道具や作る過程へのこだわりが見えてくるエッセイ。

    土鍋で炊くご飯は本当に美味しい。

    炭を熾したくなった。

  • 上品な文体と、押しつけがましくない愛情が詰まった1冊
    食べることを慈しみ感謝することも忘れてない、だが無理はしない
    簡単なレシピもついていて、読み終えると早速料理に取りかかりたくなる
    食べること、料理することへの愛情を取り戻せる

  • 食べ物に薀蓄はいらない。文学に多すぎる言葉はいらない。「今日は何も食べたくない」、「ひとりで食べる」の章に共感。

  • "丁寧に暮らす人" への憧れから、時々こういうのを読みます。でも、始めるのに遅いことはない、ってちょっと思わせてくれた。

  • 表紙のサンドイッチが超美味しそう♪

  • 意識して選んだわけじゃないんだけど、気づいたらこの人の著書を読むのは2冊目でした。
    広島駅新幹線口側にある古本屋で衝動買い。
    新幹線の中で読んだんだけど、読みやすくて、丁寧に料理を楽しんでいる感じがしてとても憧れます。

    自分や大好きな人の体を作る料理なので、丁寧に拵えることができるのはやっぱり憧れるのです。

    韓国のオモニの料理は手で味付けをするとか、夜中にジャムを煮る静寂とか・・・。
    中でも憧れるのは、電子レンジを使わないというくだり。
    私自身が電子レンジで温めた料理が好きじゃないので、せいろを使って蒸すにくまんにひどく惹かれました。
    でも著者の言うように若くて時間のない時は、時間短縮は大事。というのも真実。
    時間のある時は私も蒸し器を使って温めよう。と思うのでした。

    そしてすぐ感化される私は、これを読んだ日の夜中にジャムを煮ました。
    翌朝のトーストにコンフィチュールのようなイチゴジャムをたっぷり乗せて食べる幸せ。。。

  • 半分辺りで中断。残念ながら僕には合わなかった。
    と言うより、各章を続けて読んでいくと、段々と母親に説教されている気分になってくる。それがキツかった。
    毎月少しずつ触れる文章としては良いのかも知れないが、僕にはアクが強過ぎた。

    図書館にて。

  • なんといってもタイトルが絶妙。
    平松さんのエッセイを読んで、レンジを捨てることはまだできないけれど、炊飯器を捨てました。

    いつかは蒸し器を手に入れるぞ~!

  • 読むと料理がしたくなる。
    なんでこんなに楽しそうなんだろう?不思議だ。

    一番参考になったのは美味しいお茶を淹れるコツ。
    そして一番惹かれたのは朝ご飯の卵蒸し。食べたいっ!

全43件中 1 - 25件を表示

夜中にジャムを煮るを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜中にジャムを煮るを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜中にジャムを煮るの作品紹介

大切なことは、いつも台所でかんがえる。昭和の母たちのご馳走。ごはん炊き修業。だしの頼もしさ。春の昼酒。台所をめぐる17のエッセイ。

夜中にジャムを煮るの文庫

ツイートする