ナニワ・モンスター

  • 1748人登録
  • 3.30評価
    • (43)
    • (237)
    • (348)
    • (85)
    • (11)
  • 301レビュー
著者 : 海堂尊
  • 新潮社 (2011年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103065739

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ナニワ・モンスターの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 海堂さんのバチスタシリーズの流れにある「ナニワモンスター」です。文庫版の発売を気に、単行本を図書館にて。

     得意の医療ミステリーと思いきや、大きく良いほうに期待を外して、政治色の強い、日本の官僚社会を批判するようなストーリー。久しぶりに、着地点が全く見えない話に、読みながらドキドキする小説でした。

     キャメル、カマイタチ、ドラゴンの3部構成ですが、時系列では、カマイタチ、キャメル、ドラゴンの順です。

     霞ヶ関に関わる部分では、読んでいて自分の位置が行方不明になる難解さがあります。これは私の読書力が不足しているんですが、先を読みたいのに、再確認が必要なのは、歯がゆいです。

    本文引用ですが、
    「日本の人口は減少に転じ、社会は滅びのフェーズにはいっている。必要なのは拡大文明の背骨を支えた過去のロジックを踏襲ではなく、縮小文明の店じまいルールの新たな構築です。」
    これには、正直、シビレました。

     バチスタで活躍した白鳥圭介が、キーマンで少し登場。浪速府知事の村雨弘毅は、おそらく当時の橋下さんがモデルですね。
     物語の主軸に居る、彦根新吾。この人は、バチスタシリーズのどこに居た人でしょうか?「医療界のスカラムーシュ」と呼ばれる彦根医師の暗躍?も読んでみたい。

    バチスタシリーズは、虫食いのランダム読みで、関係性は整理できていないのですが、恐ろしいシリーズですね。

    「ナニワモンスター」もお勧めですよ!!

  • 最後にどうしてあっちを選んだのだろう

  • 海堂さんによる、桜宮サーガの一つ。
    舞台は浪速、現実でいう大阪を彷彿とさせる都市でしょうか。

    スカラムーシュ彦根と斑鳩、鎌形、そして村雨知事。
    Aiを巡る戦いがここでも勃発しています、、司直 vs 医療の。

    この他、カジノ、道州制、医療立国、といった現実とリンクするガジェットも。
    「小説はその時代の鏡」との言葉を実感しました。

    そして、ラストの一つの葛藤が波紋を投げかけて終わります。

    気宇壮大だが、この風呂敷の広げ方はむしろ心地よい。
    極北の物語と併せて、続編が待ち遠しい物語です。

  • このシリーズは、医療ミステリーじゃなく、もはや政治物(または私怨物)
    作者はAI周知のためだけに本を書いてるように思える...

  • この作家さんらしく、他の本との繋がりが強い。

    繋がりが判らなくても面白い部分は多い。

    浪速診療所で新型インフルエンザが確認される部分は、リアルで面白い。

    それ以外は、頭上で弾が飛び交っている感じで話が大きすぎていち庶民にはわからない。

    その大きすぎるスケールの話に、他の本で登場した人物達が出てくる。

    その人達を既に忘れてしまったり、読んでなかったりする。

    これを好きな人にはたまらないいんだろうな。

  •  ちょっと話が大きすぎてついていくのが
    苦しかったりしましたが。

     鎌形雅史検事や医師の菊間徳衛さんのものや
    人の見方、考え方は参考にできる部分があると
    思いました。

  • 毎回のことですが、実話じゃないのかと惑わされる
    実際はこうじゃないと断言出来ないほど、政治の世界は歪み、人は自分本位になっていく
    既得権益にしがみつく縦割りの行政では何も変わらない
    今回選挙があったって自分たちのことは棚に上げ、ネガティブキャンペーンばかりの政党
    どうなっていくのだろう。この国は
    国中の人が、「ありがとう」の感謝の気持ちと「お蔭様」との気持ちがあればもっとよくなっていくのに
    後は、子供たちに綺麗な地球を!

  • ああ・・・やっぱりまたその話かい・・・しかし、あああ~、そうなってしまうのかい・・・!まぁ、凄いといえば、凄いんですけどね~。

  • ん~、やっぱり「バチスタ」のハードルが高すぎるねー^_^;

  • 大好きな海堂作品。

    なはずなのに…。

    途中までテンポよく進むインフルエンザの事件。
    弱いはずのインフルエンザを脅威とあおり、人々を怯えさせるところなんて、さすがという流れなのに、最後がなんとも尻すぼみ。。

    いままでのキャラを無理に出演させようとして
    なんか失敗した感じ。

全301件中 1 - 10件を表示

ナニワ・モンスターを本棚に登録しているひと

ナニワ・モンスターを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ナニワ・モンスターを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする