窓の魚

  • 805人登録
  • 2.94評価
    • (18)
    • (75)
    • (201)
    • (97)
    • (19)
  • 172レビュー
著者 : 西加奈子
  • 新潮社 (2008年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103070412

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
西 加奈子
伊坂 幸太郎
西 加奈子
小川 糸
有川 浩
桜庭 一樹
瀬尾 まいこ
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
川上 弘美
川上 未映子
角田 光代
島本 理生
西 加奈子
湊 かなえ
瀬尾 まいこ
伊坂 幸太郎
島本 理生
有効な右矢印 無効な右矢印

窓の魚の感想・レビュー・書評

  • 内湯に面している池が印象深い。内湯に入っていると、内湯に面するガラス張りの向こうが池で、池の鯉がパクパクとこちらに向かって口を開く様子や、緑の藻や白い何かが、内湯にも入ってきそうな気持ち悪い様子・・・・。このような気分が悪くなる温泉宿の描写も珍しい。ダークサイド西加奈子さん。今まで読んだ中だと、重い設定ながらも、明るさや暖かさがあった作品ばかりだった。こんな、冷たくて、暗くて、どんよりしている西加奈子さんの作品を読むのは初めてだった。温泉宿を訪れた4人の人生の一部分しか読者がわからないように、4人もお互いの一部分しか知らない。わからないことが多いのが当たり前である、というようなお話だった。

  • 何かおかしいと感じた。
    ところどころの描写がよくわからなかった。それもそのはず。

    よく掴めなくて読むのをやめようかとも思っていたらいつの間にか止まらなくなっていた。

    狂ってる。

    しんどい。しんどいけど奇妙でなぜか魅力があった。

    きっとあの窓の魚(鯉)もそんなだったのだと思う。

    幸せな一日の終わりに読むことはお勧めしません。

  • 1つの時を、4人がばらばらの視点で語る。

    同じ時を共有していても、考えること、感じること、そもそも意識する観点が全く違うことがよくわかる。

    描かれていない背景も多くて、気になるところが残ります。

  • 人に対して何かを期待したり、
    自分のイメージを創造したり、
    他人を評価したりする。

    登場人物達の心のバランス感覚が儚くって切ない。
    ストーリーが一方向に向かわないリアリティがあるかなと思った。

  • ううう。
    なぜだか薄い。希薄。

  • すごく不思議。わたしにはハテナしか残らなかった。でもその不思議さが想像を掻き立てられ惹かれた。

  • 誰だかが新聞でおすすめの本として紹介していて、わざわざ図書館で予約して読んだ。
    タイトルも装丁も好み。文章も構成も嫌いじゃない。
    でも、どうしてもこの不健全さが心地悪い。
    不健全なの全般ダメかっていうと、そんなことないのに、これは嫌だ。
    嫌だけど、全部読んじゃう文章の魅力はある。
    でも、細かな設定やなんかが好きにはどうしてもなれない。
    フクザツだ…

  • 2017.04.03 読了

    ミステリー?なのか分からないけど、所どころゾクッとする場面があって面白かった。

    最終的に真相はわからないのがモヤモヤして考えさせられる。

    文章が綺麗で読みやすかった。

  • 内容も登場人物も何もかも欠落してておかしい、そんな不思議な本です。
    事件がどういう役割だったのか、とうとうわからなかった…。

  • 温泉旅行に来た男女4人組と、最後に起こる女の変死の話。
    ミステリー、かな?

    4人組はどいつもこいつもどこかおかしい。
    薬を盛られていることに気がつかないナツも
    異常に煙草に依存しながら周りを拒絶するトウヤマも
    全身整形で過去と決別したハルナも
    虚弱体質でインポテンツな自分をもてあますアキオも

    なんかおかしい。

  • 語り手が変わっていくんだけど、語り手ごとに登場人物の印象や捉え方が全く異なる。自分の見ているものは一面にしか過ぎない、本当の姿はどれだろうと思う本でした。
    作者は女性や子供が主人公の長編の方が面白いイメージ。

  • “バスをおりた途端、細い絹糸のような風が、耳の付け根を怖がるように撫でていった。”、で始まる男女2組ダブルデートの1泊2日温泉旅行。1つのシーンを4人の視点で描く手法はありがちだけど、どんでん返しがすごかった。
     一番屈託なさそうなアキオの闇が衝撃的に深くて、ナツの異常なクールさも、トウヤマの脱力感も、ハルナの腹黒さも、全部超えてくるっていう。他者から見た自分、自分から見える他者って何も信用ならない。
     描かないことで想像させる。読後感に引っ張られる一冊だった。

  • 西加奈子さんの本は、初めて読みました。
    4人の男女、それぞれの視点から描かれた物語。4人それぞれが闇を持ち、読み終わったあとは、モヤッとした気持ちになりました。

  • まるで絵画のように美しく儚い描写。魚と猫と、愛に飢え、生に飢えた人。西さんの他作品とは色の違う、切なさばかりが残る作品だった。

  • 西加奈子さんのテイストがアタシはあまり好きな感じではないなぁと思いつつ、人気だし 男女の話なら読めるかなと思って読んでみました。

    読みすすめていくとハマっていくものの、自分の理解できるところではなくなっていって、、、笑

    でも簡単にいえば、人が誰かのことを想像するとき 自分に都合のいいように思うもんだなぁと。そんなふうに感じました。

    たぶんもう西加奈子さんの本は読むことないかな?笑

  • よくわからない・・・

  • それぞれの人物の内情を巧みに書き分けていてお見事。

  • 夜中に一気読み。

    モヤリと残る違和感と、スッキリとしない読後感。結局のところ、あれは誰の死体だったの?と思うけれど、それが重要ではないということなんだろうなぁ。

    ハルナ、ナツ、アキオ、トウヤマ
    春夏秋冬を思わずにはいられない名前。
    季節のようにつながってそうで、ぜんぜんつながっていない4人。ぐにゃりと歪んだ感情があちこちに描かれたものがたりでした。

  • 装丁が爽やかな水色で夏っぽいな、と思ったので読んでみた作品

    全然夏っぽさは無い(苦)
    読後すぐは「で?結局何が言いたいの?」とイライラしましたが
    冷静に考えてみると同じ出来事でも人により見方も考え方も様々で
    “多分相手もこう思っているだろう”なんて驕りでしかないんだろうとハッとします
    最初は意味が分からず挫折しかけたけど何とか頑張って読み終わり
    また最初に戻ると「なるほどね」と思える
    性的描写要るのか?と思ったけどこの軸が抜けるとこの変わり者達が集まらないし(笑)
    むしろミステリーっぽいのが要らないと思いました

  • すっきりしないお話。西加奈子さんの作品は好きなんだけどこちらは今ひとつでした。

  • いとつの場面をそれぞれの立場から描かれているところが面白かった

  • 読み終わってもすっきりはしない感じ。
    湊かなえさんの『告白』のように4者が共有した時間をその人の視点で綴られているのですが、最初の3者はなんだかよくわからず、最後のアキラでふーん。そうだったのか。という感じ。
    うーん、やっぱりもやもやしてる。

  • 初 西さん。
    快活な物をお書きになる方なのだと、薄暗シュミの私は遠巻きだった方ですが、こんな感じにドロッとしてる作品があったんですね。
    吉田修一さんのちょっと毒のある作品が好きな私にピッタリでした。

  • 途中面白くなるかなー?と思いつつ、しっくりいかないで読み終わった。
    性描写要る?と前半ひたすら思ったりしたし。

全172件中 1 - 25件を表示

窓の魚に関連する談話室の質問

窓の魚を本棚に登録しているひと

窓の魚を本棚に「読みたい」で登録しているひと

窓の魚を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

窓の魚を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする