白いしるし

  • 1191人登録
  • 3.33評価
    • (57)
    • (134)
    • (211)
    • (59)
    • (15)
  • 232レビュー
著者 : 西加奈子
  • 新潮社 (2010年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103070429

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
角田 光代
西 加奈子
川上 未映子
村上 春樹
西 加奈子
西 加奈子
有川 浩
西 加奈子
有川 浩
村上 春樹
西 加奈子
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
西 加奈子
村上 春樹
西 加奈子
辻村 深月
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

白いしるしの感想・レビュー・書評

  • 最近読書に身が入らず、そのせいなのかこの作品のせいなのか遅々として進まなかったがやっと読了。

    正直重かった。
    登場人物の誰もがエキセントリックな恋愛をしていて読んでて辛い。辛い恋愛を描いた話はいくらでもあるけれどこの作品には共感できない。

    「サラバ!」がとってもよくて、西さんの世界観にもっと触れたくて読んではみたものの選択ミスだったかな。
    あ、でも「サラバ!」に繋がる部分は多かった。
    自分を剥き出しにして他人にさらしてぶつかっていく感じとか。

    フォロワーさんにお勧めされた作品もあるので、次回はそちらを・・・。

  • 失うと物理的に痛みを伴う。いや、失うと思うだけで。
    そういう恋の只中で、自分の痛みを感じるために
    思わず手にとってしまった一冊。

    このひとでなくてはならないし、愛されているのに
    手に入らない恋と。

    叶わなくてもいいから失えない恋の話。

    間島と夏目の恋は、間島にも何らかの痕を残して
    いるはずだ。

    苦しいが、失えばもっと苦しい、そういう渦中で
    女は意外と自分や相手のことや
    報われない恋だという事実を見抜いている。

    それでも…好きなことはどうしたって好きで。
    失った後にそれを希望に変えて祈れる夏目は
    十分にまだ若いのだ。

  • 初めて出来た恋人には髪を真っ青にされ、大人になってからも罵り合ってお別れするような恋愛ばかり繰り返してきた夏目。「真っ白な絵」を描く間島に会い、彼の絵に強烈に惹かれ、間島自身にも運命を感じてしまい…全てを持っていかれるような恋愛の怖さが生々しく描かれています。恋ゆえに「あかん人」になってしまう…角田光代さんの「愛がなんだ」がダメ男追っかけ恋愛本なら、こちらは面倒くさい男特集でしょう…間島も瀬田も、けして悪人じゃないのだけれど本気で彼らに惹かれた女は皆不幸…と言うのか。文庫版は可愛いにゃんこの後ろ姿と栗田有起さんの解説(男修行について)が良かったけど、本のイメージには単行本の表紙の方が合っているかと。

  • *女32歳、独身、傷心を恐れて恋を遠ざけていた夏目。間島の絵を一目見た瞬間、心は波立ち、持っていかれてしまう。走り出した恋に夢中の夏目と裏腹に、けして彼女だけのものにならない間島―。ひりつく記憶が身体を貫く、超全身恋愛小説にて極上の失恋小説*
    お勧め本、ということで手に取りましたが・・・くどくどしさだけが鼻につき、私には合いませんでした。まずは関西弁がこてこて過ぎるし(今時自分のことを「うち」って連発する30代いないと思う)、会話内にいちいち「。」要る?ひたすら目障り。展開も貧相だし、誰にも共感出来ずに終了。なのに★5の人もいるから不思議・・・

  • 恋に溺れるのは愚かで醜い。なのにその快楽に抗えない。しょせん人間も野生動物でしかないのだな。
    でも辛い失恋は自分を見つめなおすチャンスで、人間に深みが出ると思う。この矛盾たるや。
    そんな強烈な迸る想いをストレートに綴った作品で、とても圧倒されました。
    いい大人の壊れそうな情動は気色悪いのに、西さんが描く人間たちの気色の悪さはそのままどこか愛おしい存在になります。
    すごい才能だと思います。

  • 初、西加奈子作品。

    正直、文章でなぞってあるだけの作品で、恋愛というのが機械的に感じた。
    特に、香織と彼氏の話より、瀬田の話にページを割きすぎだなと思った。

  • 隠しているつもりでも、何故か開けっ広げで有頂天の恋の始まり。這いつくばる大阪弁と、オシャマでハシャぐ様な感情表情が片腹を射抜く!…のも束の間、圧倒的なモノにさらわれて捕らわれて…そして急転直下の終焉。堕ちて…スクラップ一歩手前のポンコツ化も芸術家ならでは…かなぁ!?。直情さが物凄く刺さる♪

  •  すごくいいストーリーというわけでも、これというメッセージがあるわけでもなく、
    いいなあというシーンもない。
     最後のあたりは「え?なんだ、その展開は・・・」と盛り下がった。

     うまいとは思うのだけど。

  • くせになる息苦しさ。

    主人公が好きになった人みたいに、丁寧に言葉を選んでひとつひとつ意味をきちんと込めて話す人を知っている。
    その人がありがとう、と言ったとき、この人はなんて誠実なのだろう、と思って涙が出たのを覚えている。
    その時の感覚がよみがえった。我ながら変で不思議なのだけど強く心を打たれる感動。

    白っていう表現が余りにもぴったりですごい。
    純粋で無垢で美しくて恐ろしくて、近付けるけどどうしても溶けあえなくて、小賢しいようで不器用で危なっかしくて責められなくて、代わりがきかなくて、大切。

    借りて読んだけどこれは買おうと思う。

  • アルバイトをしながら絵を描く夏目、個展で出会った間島さんのお話。

    この人の書くお話は、なんか『野生』って感じだ。うまく言えないけど。
    わりかし激しい内容で、でも受け入れやすいというか。

  • 瀬田も間島も美登里も夏目も、こんなにも人を好きになってしまう人はきっと幸せにはならないような気がした。安らぎを得たいとか大切にして欲しいとか、相手に求める気が一切ない「好き」の形。辛い痛いも恋のうち。人を好きになるってやっぱすごいことなんだな、って改めて思った。ハッピーだけじゃない、キリキリ胸が軋むことも恋のうち、なんだな。

  • 失恋。は(あくまでわたしにとって)二の次のテーマで、何に惹かれてこの本を手に取ったかというと絵を描いている人を扱ったもの。という点。そこに登場する作品やそれを描く人物の描写が気になった。葬送を読み終えた後というのが要因だとおもうけれど、描かれた絵・作品を語る言葉に薄いものを感じてしまった。綺麗・綺麗・綺麗、すき・すき・すき、白・白・白だとその「絵」の魅力がわかりかねる、それを描いた「人」の魅力がわかりかねる。敢えてそういった言葉で言い切って終わりにしているのかしら・・・。絵を語るとき、この目で実際みたように、具体的に想像してみる。それを語る豊かな言葉(なんて偉そうに!)を紡ぐのは、大変なことなんだろうな~と思った。何かを語るってムズカシイ。

  • 失恋小説。

    恋愛において、どんなに綺麗で、キラキラした瞬間があっても、終焉は暗く、醜い。
    終焉までも地獄だし、終焉の予感も、終焉の瞬間も地獄。
    みたいな塚本さんの発言がぐっさり。

    主人公も瀬田も間島くんも塚本さんも
    みんな疲弊するところの多いような恋愛をしていて。
    でもこの想いが、報われなくても、救われるといいなと。

    今の私には完璧な本でした。逆に。

  • いっきに読みました。
    間島昭史に、あってみたい。

  • 途中で読むのをやめられなくて、一気に最後まで読んでしまいました。激しい、痛い、当人にとっては死ぬほど苦しい気持ちだけれど、きっと誰もが経験する恋愛感情の一つにすぎないのかもしれません。その泥沼にすすんで入っていき、無理に這い上がろうとしない、夏目の強さ、潔さがとても眩しいです。

  • 極上の失恋小説とあった。
    白い富士山の絵を描くまじま。恋はするものではなくて落ちるもの。
    濃いストーリー展開。おもしろかった。

  • 西加奈子炸裂。若いなあ。感性だけで生きている、でも必死に生きてる感じ。この恋愛感情は理解できないしのめりこむものは何もないけど、確実に作者だけのものがあるような気がする。

  • 初期の作品に比べ、読者に媚びる感じが全くなくなって、個人的には好感がもてるが、取っ付きにくいと感じる人もいるんだろうなぁ。
    あと一皮剥けると、絶対に大きく化けると信じて、(こころの中でw)応援し続けたいと思う。
    .....肉屋のコロッケ、食いたいヽ(・∀・)ノ

  • 白地に白い絵の具で描かれた、富士山の絵。
    その絵を見た瞬間に、夏目は心を鷲掴まれた。そして、絵の作者である間島昭史に心惹かれた。
    しかし間島昭史には恋人がいる。
    決して想いを寄せないようにしよう、そう思っていた夏目だが……

    その人がたまらなく愛おしいのに、どうしても手に入れられない。
    けれどその傷跡が、彼女のなかに永遠を生み出す。
    そういう想いのかたちもあるのではないかと思う。

  • 主人公の体臭が臭ってきそうなほどリアルで、でもアラサーの独身女性の寂しさを見た気がした

  • 知らない世界。登場人物はみんな個性があって、でも素直さとか似ているところがある。恋愛の仕方も芸術家だな〜と思った。

  • 恋愛とは、こういうことだという哲学か?私には、難しいけど、恋愛で報われる人はいないのかも。

  • 主人公の友人瀬田が鍵を握りそうな雰囲気はそうでもなく。
    主人公の自己嫌悪が続くような内容で終わるのは個人的にはいや

    読みやすさは◎
    個人的なピークは間島氏と過ごす前後

  • 読了。
    恋愛の想いの強さが狂的に表現されていた。
    想いをめぐらす情景を現実的に想像できる感じではなく、ただただ強い想いが伝わるようだった。

    同じ著者による他の作品も読んでみて、著者の感覚を考えてみたいと思う。

  • どうしようもない恋愛を描いた物語。現実には到底考えられないような遠い話のようでリアルな感情が伝わってきた。

全232件中 1 - 25件を表示

白いしるしを本棚に登録しているひと

白いしるしを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白いしるしを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする