秘事

  • 51人登録
  • 3.16評価
    • (3)
    • (4)
    • (7)
    • (3)
    • (2)
  • 11レビュー
著者 : 河野多恵子
  • 新潮社 (2000年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103078067

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

秘事の感想・レビュー・書評

  • 何となくタイトルが気になっていたのですが、先日河野さんが亡くなられたのを知って、今が機会だとやっと手に取りました。
    山田詠美さんの最近の作品の感想を先日書いたのですが、その作品を書かれる直前に山田さんと河野さんが対談をされていた、ということを知り何となくやっぱり今が読むタイミングだな、と思いました。
    作家同士の繋がりを考えながら読むというのも乙です。

    「秘事」とは何なのか。多分手に取られる方はそれが気になって手に取られるでしょう。何が秘事なのかはかなり早い段階で明かされますが、その秘事を知らせるはずの相手にそれを知らせるのか、いつ知らせるのか、がポイントになっているのでしょう。

    話自体はある一組の夫婦の人生が出逢いから別れまで過去や現在やある人生のひと時を行きつ戻りつ語って行くだけなのです。たぶんこういう小説に慣れているかどうかで評価が分かれるでしょうね。
    今は比較的テンポが良く展開の速いエンターテイメント性の高い小説が好まれますから、こういうじっくりと読みすすめるような話は若い人には退屈に感じられるかもしれないです。

    ラスト数ページに作者の(あるいは主人公の)伝えたかったことがぎゅっと詰まっています。この数ページを書くためにこの話はずっと紡がれてきたのだなということが最後にわかります。心に静かに染みますね。

    味わい深い良い小説です。…しかし読まれた皆さんの意見も聞いてみたいところ。このような夫にはなかなか巡りあえないでしょうね(笑)

  • ある夫婦の物語。人生とは、こうも平凡で、そしてそのうちにたくさんの非凡が詰まっているんだと、考えさせられるいい作品でした。作者は純文学の人で、こういう小説を読むと、やっぱり純文学が好きだなぁと思い出します。実に平坦な言い方だけれど、文章が丁寧。主題がはっきりしていて、人物像が深く書き込まれている。タイトルの意味を書いてしまうと種明かしになるけれど、その種は、シンプルでぶれがなく、人間の本来あるべき物の中心で、そして、本当は秘密でもなんでもない。けれど、主人公がそれを宝物のように大切に心の奥にしまってあること自体が、この小説のテーマなのでしょう。

  • 本当は、事故に会わなくとも結婚したかった。秘密かなぁ?最後は激症肝炎で、こちらのほうが、事故のよう。奥さんの気持ちは、どうだったのでしょう。次郎君の、最高の夫婦って言葉が、いいね!

  • ただ時系列に書かれている感じがした。

  • 大阪の商社マンとその妻の出会いから別れまでの話。秘事というタイトルは適切なのか?今ひとつ良く理解できない。

  • 日記を読んでる感じ。

  • あまり面白くなかった。

  • 楽しみにしてくれ、僕の臨終の時には素晴らしい言葉を聞かせるから。←この文句に惑わされました、いい意味で!たしかに冒頭から過去形ですよ、三村ですよ。

    ところどころに、ものすごくいいせりふがあります。日常を暮らしていたら、どうってことのない言葉たちなのかもしれないけれど。受け取り手の聞く力の分しか、意味を持てないのですね。
    ラスト数十ページになって、いきなり涙を大量生産してしまいました・・。★5つじゃ足りないくらい、よい小説です、純愛、かな?

  • プロポーズの時に言えなかった言葉を夫は自分の臨終の時に妻に伝えようと考えていた。
    しかし、現実には妻が先に逝ってしまう事に。
    まぁ、こんなに仲が良くて、これといったトラブルにも遭わずに結婚生活を送る夫婦は滅多にいないだろうなぁ…という感じです。
    そういう意味で、幸せいっぱいの夫婦や親子の話はちょっとつまらない。
    タイトルからHなものを想像した方、残念ながらそういうのは皆無です。

  • あふれんばかりの夫婦愛に感動。相手を思う気持ちがじわっと伝わってくる作品。ラストでホロリと泣かされました。

全11件中 1 - 11件を表示

秘事に関連する談話室の質問

秘事を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

秘事を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

秘事を本棚に「積読」で登録しているひと

秘事はこんな本です

ツイートする