あの夏を泳ぐ―天国の本屋

  • 172人登録
  • 3.38評価
    • (10)
    • (21)
    • (50)
    • (6)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 松久淳 田中渉
  • 新潮社 (2008年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103080312

あの夏を泳ぐ―天国の本屋の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高校の水泳部でライバルだった麻子と朝子。
    卒業から五年たったOB会の日、麻子はひとり不思議な書店に迷い込む。
    いっぽう朝子は見知らぬアロハシャツの男から麻子との秘密の宝物を渡されて…
    過去と現在、天国と現世がまじりあう奇跡の物語。

  • ずっと欠席してた母校の水泳部のOB会に出てみようと思い立った麻子の前に派手なアロハの初老の男があらわれ本屋に連れて行かれ「天国経験者」として本屋でバイトするよう言われる。一方母校のOB会終わりに、8年前から休止していた遠泳大会を来月開催すると聞いた朝子。かつて同じ名前のライバルで記録を残した2人の苦い思い出が蘇るー◆努力の人と天才肌って苦しいよね…。勝負に「女」も絡むとさらにヤヤコシイし…

  •  天国の本屋です。二人のあさこ、無事良い方向へ。
     無難に話が進んでいきますが、このシリーズのしみじみと切なくて、が余り感じられませんでした。麻子の性格でしょうか?

  • 学生時代から20代にかける物語で
    高校時代を懐かしく思うとともに
    これからの生活を前向きに思える一冊でした。

  • 忘れてた気持ちを思い出せる本。彼らが過去を乗り越えることで、自分も何かを乗り越えられたような清々しい気持ちになる。

  • ずっと読みたかったのにいつの間にか忘れてて、ほんとに久しぶりに読んだ。小説読むの自体久しぶり。
    やっぱ好きだなあ、このシリーズ。

    話が飛び飛びな独特の書き方も懐かしかった。
    この本を読む人には、その前にぜひ他のシリーズも読んで欲しいなあと思います。

    明日からもう少し頑張ってみようと思えた。

  • 数年ぶりに天国の本屋シリーズを読んだ。十代の頃ならまだしもすっかりおっさんになってしまった私が読んでも面白いのか不安だったが、ちゃんと感動できた。
    また泳ぎたいなぁ
    デブってるし肩もこってるし、体調悪い日が増えたしね。

  • 〈内容〉高校の水泳部でライバルだった麻子と朝子。卒業から五年たったOB会の日、麻子はひとり不思議な書店に迷い込む。いっぽう朝子は見知らぬアロハシャツの男から、麻子との秘密の宝物を渡されて…。過去と現在、天国と現世がまじりあう奇跡の物語。

  • 高校の水泳部でライバルだった麻子と朝子。足の遠のいていたOB会に久しぶりに参加する当日、麻子は見知らぬアロハシャツの男に導かれ、不思議な書店に迷い込む。店にいた2人の男に言われるまま、無理やり仕事を手伝わされていくうち、忘れかけたあの頃の思いが甦り始める。一方、朝子も、突然、高校時代の宝物を渡されて――。過去と現在、天国と現世が交じり合う奇跡の物語。

  • 夏が近づくとこの人たちのを読みたくなる。

    作者が言うように、天国の本屋ミーツ水物。シリーズの登場人物、本屋で働くアヅマとナカタが結構好き。

全23件中 1 - 10件を表示

松久淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あの夏を泳ぐ―天国の本屋に関連する談話室の質問

あの夏を泳ぐ―天国の本屋を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あの夏を泳ぐ―天国の本屋を本棚に「積読」で登録しているひと

あの夏を泳ぐ―天国の本屋の作品紹介

高校の水泳部でライバルだった麻子と朝子。卒業から五年たったOB会の日、麻子はひとり不思議な書店に迷い込む。いっぽう朝子は見知らぬアロハシャツの男から、麻子との秘密の宝物を渡されて…。過去と現在、天国と現世がまじりあう奇跡の物語。

あの夏を泳ぐ―天国の本屋の文庫

ツイートする