建築家 安藤忠雄

  • 820人登録
  • 4.00評価
    • (110)
    • (96)
    • (76)
    • (12)
    • (3)
  • 97レビュー
著者 : 安藤忠雄
  • 新潮社 (2008年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103090519

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
東野 圭吾
安藤 忠雄
安藤 忠雄
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

建築家 安藤忠雄の感想・レビュー・書評

  • かっこいい…。あまりの格好良さに
    一気読みしてしまいました(*・・*)
    ちょっと変わった正方形の装丁も惚れどころ(笑)

    「怒っている」様子を
    ドキュメンタリー番組とかで よく映像に残されいる安藤さんですが
    この本では「怒っている自分」について
    ちゃんと意味があることを教えてくれます。

    「怒り」をエネルギーに変えて、ものを「つくる」こと。
    怒ることは誰だってできるけれど
    それを肯定的な生産に利用できるかは
    「怒り主」の才なんだと思います。
    私も良い「怒り」を自分の中に沸々とさせていたいです。

    怒られたくないし、怒るのって時々面倒くさい
    でもニコニコしているだけでは、やっぱり果しえない事がある。

  • 元気と勇気に溢れた一冊。

    安藤さんの生き様が深く
    しっかりと刻み込まれた
    建築家、安藤忠雄の自伝。

    安藤さんご自身が相当な読書家の為、
    やはり文体が整っていて美しく、
    とても読み易い内容となっています。

    この本を購入したのは、
    ちょうどぼくが初めての個展を
    開催した時で、当時も深く
    感銘を受けた記憶があります。


    今こうして読み返してみて、
    自分がどれほどの影響を
    ここから受けていたか、
    ということに改めて
    気付かされました。

    心の師として、これからも
    安藤さんを慕い、目指し、
    越えていける人間に成りたいと
    改めて強く思いました。

    そしてその入れ物である
    本の装丁が実に堅実で
    美しく読みやすい一冊。


    生きるということ、
    暮らすということ、を
    建築という場で考えつづけ、
    社会を見つめつづけてきた
    建築家の素晴しい自伝。



    読むのにかかった時間:4時間

    こんな方にオススメ:建築家・デザイナー志望の方は必読

  • 装丁がすばらしい

  • ものづくりは根気のいる仕事であるが、モノに生命を与えるという尊い仕事であり、モノに触れて生きているという充実感がある。

    プロボクサーから建築の道へ
    18才の時タイへボクシング留学

    抽象的な言葉として知っていることと、それを実体験として知っていることでは、同じ知識でも、その深さは全く異なる。

    三条 Time's
    それまでの建物は全て高瀬川に背を向けて建てられていた

  • 2017/9/2読了。
    今までの コンクリートのモダンな建物を必要以上に毛嫌いしていた私。
    有機的なものが好きで、コンクリートを無機質なものと思い込んでいたけど、光と陰が織り成す彼の建築物の写真を見て、とても素敵だと思えた。

  • 分厚い本ですが、読みやすい。
    私が、安藤忠雄さんのファンだからかもしれませんが…。

    今読むと、最近知り得た知識とラップする部分があって、面白い。

    住吉の長屋は、シェイカー家具の必要の生み出す生活の美学を考えた。
    コシノヒロコさんの自邸の設計…NHKのカーネーションはまりました…。

    京都の<TIME’S>は、高瀬川の水面に近くまで、外部の床をおろして、日常的に人が川へ近づける場所を作ったと。大学4年の研究室で、京都・奈良に行った時に、夜飲んだ帰りにここで、みんなで水遊びしたな~先生も川に突き落とした人いたな~と、懐かしい場所です。安藤さんの意図を汲んだ使い方でしょう?
    学生の頃か、社会人になりたての頃、安藤さんの講演会に行って、<TIME’S>を作り、頼まれもしないのに隣の敷地に<TIME’SⅡ>の計画案を作って発表などしたら、敷地の持ち主が、作らせてくれた。という話をされていて…「その強引さが素敵❤」と、思ったものです。

    表参道ヒルズは、安藤建築と意識せずに訪れましたが、なだらかなスロープで、店舗が接していて、凄いな~と思った記憶があります。驚きと感動を与え続けてくれる方ですね。

    直島のアートプロジェクトも、ちょっと調べたことがあって…安藤さんが関わっていますね。
    公共空間を、箱物建築ではなく、人が集まる使われる空間にするべく努力されているのも、素敵です。

    この本、ちょっと欲しいかも。

  • 【社会の構造・風潮と対立するゲリラ的建築】
    筆者は、快適性のみを追求するのではなく、住む側が家に合わせて生活を変える「覚悟を試す建築」を作ってきた。クライアントから引き受ける完全委託的な仕事ではなく、議論しながらクライアントと闘い、常に社会構造について問う「ゲリラ的建築」を続けてきた。
    利口に無難な物を建てるのではなく、常に「考える」自由を意識して理想を頑固に提案し続けてきた事が今日の筆者のキャリアに繋がっていると思う。

  • 最高。ブレない軸。溢れ出るエネルギー。ゲリラに私もなりたい。

  • 本の裏を見てびっくり。第20刷。さすが人気なのね。
    そしてこちらに登録しようと思ってびっくり。755人が登録! 前の今里さんの本と比べても、時の人(ちょっとブームの時期とはずれてますが)感が半端ないですね。
    なお、先の今里さんの話と更に比べるなら、どちらかというと前者が建築寄りだったのに対し、こちらの本は、精神論に近かったなぁ。建築かくあるべし、的な。→そういう意味で、前者はカテゴリ 知識本 とし、こちらはノンフィクション としてみました。はは。

    読んでいて思ったのは、やっぱり、ちょっとしたエキセントリック感、かな(笑)。
    もともと興味はあってちらほら気にしてはいた人なんだけど、きちんとこういう精神論とか、思いとか、聞いたこと・読んだことはなかったから、初めてよく分かった、っていう感じでしょうか。施主の気持ち以上の熱い気持ちで自分の中の追い求めて作る建築、ってのが多いなぁと。
    全てが好きかって問われるとそうでもないんだけれど、でも、ときどき、あぁこれは、って思うものがやっぱりある人。それは、思考の柔軟性のおかげでもあると思うけど、なんていうか、理想が先にあって、その精神を実現させるためにどうするかを考えるから、できるんだろうな、と。思いました。

    水の教会は純粋に美しいと思ったし、栃木の採石場を掘った後どうするか?ではなくて、掘る時点から先のことを考えて将来使えるように掘ろうよ、っていう考え方はなるほどなぁって思った(そのとき建築物を建てること、だけではなくて、システム・社会全体の在り方を考えなければ出てこない発想)し、光の教会に関しては、イギリスの村レベルの、昔からある小さな小さな教会の在り方を見て知っている私からしたら、なんかそれがすごく懐かしかったと言うか、すごく同じ神聖さを感じる場所になってました。面白いですね。
    ちなみに、東急渋谷の地下設計もこの人だった、って、初めて知った(笑)。

  • 安藤忠雄ってやっぱり、デザイナーというより、アーティストだなと思った。建築内部に取り込む「自然」(えてして「光」)の「インパクト」を高めるために、外部(つまり都市側)との関係を遮断するという発想は、建築デザインというよりはやはりアートだ。

    また「コンクリート打ちっ放し」を多用する理由として挙げたのは、「挑戦精神を高めるために自らに課す枠組」という、やや肩すかしのような答え。うーん。

  • 現在の高度に管理された社会状況のなかで、ほったらかしの場所をつくるなっどというと誤解を招きそうだが、... (p. 291)

    情報化が進み、高度に管理された現代の社会状況のなかで、人々は「絶えず光のあたり場所にいなければならない」という強迫観念に縛られているように見える。(p. 382)

  • 安藤忠雄さんとは一度だけお会いしたことがある。
    有名人というか、偉大と言われている方々にお目にかかる機会が多く幸せな環境にいる私であるが、もう一度この人と絶対に会いたいという人はなかなかいない。
    しかし、安藤忠雄さんとは再びお会いしたいと考えている。

    彼の価値観は非常に私と似ている。これほど似た価値観を持つ人も、そういないだろうと思う。

    彼は、彼の人生を本気で生き抜いてきた。
    建築家として素晴らしいことも多々あるのであろうが、私は彼という人間を尊敬してやまない。
    この本からも、彼の熱い人柄がよく伺える。

    建築を中心に述べた本ではあるが、彼の建築に対する考え方以外にも、人と接する、社会と接する、時間と接する考え方がよく伺える。
    私はこの本から、人生(仕事といってもよい)には次の3つが必要なのだと感じた。

    ・自分の熱い想いを持ち続け諦めないこと

    ・対話の大切さ

    ・社会に対する責任



    以上の内容を書いた本はたくさんあるであろうが、安藤忠雄さんが言うのだから価値がある。


    私は心の底から彼を尊敬する。
    今は師匠的存在ではあるが、必ず彼を超えたいと思っている。



    建築に携わる方にはもちろんであるが、本気で生きたい、本気で社会に尽くしたい、本気で働きたい、本気で何かを考えたいと感じている全ての人に勧めたい本である。

  • 仕事とはまったく関係ありませんが、私は、建築物、特に現代建築にとても興味があり、著名な建築家の作品を見に行ったり、写真集を眺めるのが好きです。

    さらに、安藤忠雄という建築家に、特にその生き様に惹かれます。

    以前、これも安藤さんがご自身の建築家人生について書かれた「連戦連敗(東京大学出版会)」という本も読み、こちらも非常に含蓄ある言葉がたくさん記されている本なのですが、ところどころ建築の専門的なこともでてくるので、半分くらい読んだところで疲れてきて、本棚に放置プレー状態でした。恥ずかしながら。

    この本は写真なども豊富で建築の専門的なこともほとんど書いてありませんので、建築のことをよくご存じない方には、この本をまずお読みになることをお勧めします。

    もともと優れた建築物を見るのが結構好きだったのですが、私が安藤さんに興味を持つようになったのは、カナダ留学時代にあちらで素敵なお家や公共建築をたくさん見ているうちに、だんだん勉強の息抜きに建築写真の本を買うようになり、それを見ていたら、TADAO ANDOさんという日本人の作品が数多く掲載されていたので、いったいこの世界で活躍している日本人建築家は何者なのだろうと思ったのがきっかけでした。

    最初は、高卒で建築家になられたことや、元プロボクサーという経歴が面白く、またそういう経歴と写真で見る作品から受けたイメージとのギャップから興味が深まっていったのですが、帰国後、安藤さんについて書かれた記事や、出演されたテレビ番組を見て、ますます興味が湧きました。上でご紹介した「連戦連敗」もちょっと難しかったですが、勉強になる考え方がたくさん書かれてありました。

    この本は、まず生き方の参考になりますし、また安藤さんの公共政策や子どもの教育に対する考え方なども述べられてますので、いろんな意味で勉強になります。文章自体も落ち着いた文体ながらも情熱が伝わってくるようで、読んでいて楽しいです。

    この本は、建築論はもちろんのこと、それを超えた公共施設に関する論考、さらには文化論から、教育論に至るまで論じられており、とてもとても勉強になりました。

    ただ今回特にこの本を私がお勧めしたいのは、安藤忠雄さんという人間が、どのように生きてこられて今に至っておられるかということが、私たちが生きるうえで氏の生き方が重要な示唆を与えてくれるからです。

    ・最初から思うようにいかないことばかり、何か仕掛けても、たいていは失敗に終わった。それでも残りのわずかな可能性にかけて、ひたすら影の中を歩き、一つ掴まえたら、またその次を目指して歩きだしーーー。そうして、小さな希望の光をつないで、必死に生きてきた。

    ・だから、仮に私のキャリアの中に何かを見つけるにしても、それはすぐれた芸術的資質といったものではない。あるとすれば希望の光をつないで、必死に生きてきた。

    ・だから、仮に私のキャリアの中に何かを見つけるにしても、それはすぐれた芸術的資質といったものではない。あるとすれば、それは、厳しい現実に直面しても、決してあきらめずに、強かに生き抜こうとする、生来のしぶとさなのだと思う。

    ・私は、人間にとって本当の幸せは、光の下にいることではないと思う。その光を遠く見据えて、それに向かって懸命に走っている、無我夢中の時間の中にこそ、人生の充実があると思う。

    ・無謀なのは分かっている。だが、無駄に終わったとしても、遠くに投げたボールを追いかけて走っていれば、進むべき道は見失わないでいられるだろうーーーそんな気持ちで毎日を過ごした。


    これらの言葉は、私にとっては二つの大事なことを教えてくれていると思います。

    一つには、安藤忠雄さんのようにたくさんの実績を残しておられる方でも、「た... 続きを読む

  • とにかくカッコいい人です。目の力が尋常ではないです。行動力・信念がすごいです。これからの私の何らかの指針になればと考えて読みましたが、むずかしいです。「あきらめずに、精一杯走り続けていけば、いつかきっと光が見えてくる。その可能性を信じる心の強さ、忍耐力こそが、建築家に最も必要な資質だ。」これは、建築家ではなくても見習うべきことだと思いました。

  • プロボクサーから建築家に。
    ル・コルビュジエを心の師と仰ぐ。

    コンクリート打ちっぱなし。
    型にコンクリートを流し込めば、造りたいものが安く容易にできる。
    それを実現する強い意志と対話する力。

    近年は東京でも見かけるようになった。
    国際子ども図書館
    表参道ヒルズ
    21_21 DESIGN SIGHT
    そして、
    東京スカイツリー

    しかし今では、産業廃棄物の半分以上が廃コンクリート。

    表紙写真はアラーキー。鋭い眼光。

    「人生に”光”を求めるのなら、まず目の前の苦しい現実という”影”をしっかり見据え、それを乗り越えるべく、勇気をもって進んでいくことだ。」

  • p.115 西欧の都市では、広場が街の中心になり、人々の集う場としての

    人間に取っての本当の幸せは、光の下にいることではないと思う。その光を遠く見据えて、それに向かって懸命に走っている、無我夢中の時間の中にこそ、人生の充実があると思う。

  • 厳しい自然に立ち向かい、美しい自然を愛し、人生を豊かに生き抜いた先人の強かな精神を現代に受け継いだ人。

    この数十年で、日本社会は高度に文明化され、豊かな経済力によって衣食住という人間の基本的な欲求は満たされた。また、テレビやインターネットが発達し、才能ある生産者によって作られたコンテンツを格安で消費することが可能となり、苦労なく時間を埋めて退屈を紛らわすことができる。

    このような時期に青年期を過ごした僕ら若い世代は、目の前の困難を受け入れ、立ち向かう強かさに欠けてしまいがちだと思う。382ページの、「情報化が進み、高度に管理された現代の社会状況の中で、人々は、『絶えず光の当たる場所にいなければならない』という強迫観念に縛られているように見える」という一文にははっとさせられた。自ら進んで「光」を手にするには、目の前の困難である「影」を受け入れる必要があるのに、強迫観念があるから「影」にいると余裕がなくなり不安で仕方なくなって逃走してしまう。正直に認めると、これは僕自身にも当てはまる(この場でそのことについて内省することはしないが)。

    とはいえ、そのような安定の時代は終わり、今後の日本社会、あるいは世界は、再び困難な時代を迎えることになるだろう。少子高齢・グローバル化・人口爆発・人工知能の台頭など様々な環境の変化とそれに伴う淘汰は避けられない。

    確かに、とてつもないスピードで変化していく社会に、自分が今後きちんと適応することができるのか不安を感じる。しかし、安藤さんの自伝を読んで、困難に立ち向かう強かさにこそ、与えられた生命を満足に全うする秘訣があるのだと再認識した。願わくは、困難に立ち向かうことの延長線上で、彼のように創造的で豊かな人生を築きたいと思う。

    先人の強かな背中をこの本で垣間見れた経験は、今後の自分の勇気に昇華されることだろう。素晴らしい自伝を著した安藤忠雄さんに感謝。

  • 安藤忠雄建築の旅行きたい。
    光と影。自分も光を目指してひた走る人生を送りたい。

  • 仕事で未開の地を開拓したい!と野望ある人にはオススメ。

  • ■安藤忠雄

    1.お金は蓄えるものではない。自分の身体にきちんと生かして使ってこそ価値のあるものだ。

    2.仮に私のキャリアの中に何かを見つけるとしても、それはすぐれた芸術的資質といったものではない。
    あるとすれば、それは、厳しい現実に直面しても、決してあきらめずに、強かに生き抜こうとする、生来のしぶとさなのだと思う。

    3.最初から思うようにいかない事ばかり、何か仕掛けても、大抵は失敗に終わった。
    それでも残りのわずかな可能性にかけて、ひたすら影の中を歩き、一つ掴まえたら、またその次を目指して歩き出し。
    そうして、小さな希望の光をつないで、必死に生きてきた。

    4.抽象的な言葉として知っていることと、それを実体験として知っていることでは、同じ知識でも、その深さは全く異なる。
    初の海外旅行、私は生まれて初めて、地平線と水平線を見た。地球の姿を体得する感動があった。

    5.生活こそが住まいの本質。

  • 建築家の安藤忠雄さんの自伝。

    丹下建造さん、コルビジエの
    建物の紹介、ヨーロッパは街並みの建物の作りが均一されていて美しいが、日本は、
    あまり均一化されていないので
    これから日本で建物を作るときには
    一つの建物のみを考えるのではなく街全体に調和する建物を作りたいという思いが書かれていて
    私は旅行が好きなのですが、旅行に行くときに街並みも観察するようになりました。

    どのような思いで建物を作ってきたかの経緯も書かれています。

    特に印象的だったのが、表参道ヒルズを建てたときの経緯です。
    表参道という場所にどのような建物が合うか、
    同潤会アパートに住んでいた人をどうやって説得したか、
    表参道に植えてあるプラタナスの木と建物がどうやって調和するか
    ただ素敵な建物を作るだけではなく、様々なことを考慮して作られていることに
    感動しました。

    難解なプロジェクトをどうやって
    成功させたのかその秘訣も書かれているので建築関連のお仕事をされていない方にも
    大変ためになる一冊です

  • 建築家でありながら、安易に「快適な」住まい(例えば冬に温かく、夏に涼しい)をつくることに傾斜しすぎない、建物の先を見据えている人であることが良く伝わってくる。
    独学で建築界に風穴を変えたということが専ら注目されるが、この人の「らしさ」は、建物を越え、設計を越え、しかも結構平気で「暮らし方」を半ば押し売りし、実際にクライアントを説き伏せて仕事をし続けてきたところにあるのだと思う。大変な人です。

  • 建築家「安藤忠雄」の建築に対する生き様が赤裸々に書かれ、また人間「安藤忠雄」の人間味あふれる魅力が満載。
    この人はお気に入りです。

  • ゲリラ集団であり続ける安藤忠雄の哲学と戦いの履歴。
    頼まれてもいない隣の設計まで勝手にやってしまう、というところに、創造力、想像力のトレーニングのヒントを見る。
    かっこいい表紙の写真はアラーキーによるもの。

  • 経歴紹介に「プロボクサーの夢破れ、独学で建築の道を志した。」と必ず付くように、ボクサーと独学という野生味が独特ですね。建築で闘い続ける斬新な魅力でファンも多数。人生の不屈の経歴を裏づけに、建築制作も光と影の探求が一つのモチーフのようです。手法は、コンクリートという素材の持ち味を活かしきります。「材料をコンクリートに絞り、構成も幾何学的な形を守り抜くという単純な枠組みを自らに課し…」といいます。プリミティブな造詣でアートを感じさせる稀有な建築家の初めての自伝。

    写真も豊富なすてきな構成の本です。

全97件中 1 - 25件を表示

建築家 安藤忠雄に関連する談話室の質問

建築家 安藤忠雄を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

建築家 安藤忠雄の作品紹介

建築で闘い続ける男、初の自伝。

ツイートする