ローマ人の物語 (11) 終わりの始まり

  • 364人登録
  • 3.88評価
    • (41)
    • (41)
    • (58)
    • (0)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2002年12月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103096207

ローマ人の物語 (11) 終わりの始まりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なぜ優れた賢帝の時代に「帝国の衰亡」が始まったのか?が本書の主題です。本書では五賢帝の最後マルクス・アウレリウスから息子のコモドゥス、そして内乱を経てのセプティミウス・セヴェルスの治世までが記述されています。西暦でいうと紀元121年から212年までのおよそ90年間が本書の範囲となります。主題への解答は本書に任せますが、まさに賢帝の時代に衰亡への種がまかれていたことがよくわかりました。

  • (2016.09.09読了)(2016.08.31借入)
    この本では、紀元161年から紀元211年までの50年間が記されています。
    全体で350頁の内の200頁ほどが、マルクス・アウレリウスに費やされています。ということでメインは、マルクス・アウレリウスです。
    登場する皇帝は、以下の七名です。
    マルクス・アウレリウス
    ルキウス・ヴェルス(マルクス・アウレリウスと共同皇帝に即位、169年に病死)
    コモドゥス(マルクス・アウレリウスの息子)
    ペルティナクス
    ディディウス・ユリアヌス
    セオウティミウス・セヴェルス
    クロディウス・アルビヌス(セオウティミウス・セヴェルスと共同皇帝、197年に自死)

    コモドゥスは、統治する気がなく、暗殺されています。その後に立った、ペルティナクスも殺害されています。
    その後、ディディウス・ユリアヌスを含め4人が皇帝に名乗り出ますが、セオウティミウス・セヴェルスが他の3人を破り、内乱は終わります。皇帝になれずに敗れたのは、ペシェンニウス・ニゲルです。
    皇帝コモドゥスの時代からローマ帝国の凋落が始まったように見えますが、アントニヌス・ピウスあたりから凋落は始まっていたのではないか、という印象です。
    ローマの平和を守るための前線を経験していない人たちが、皇帝となったことが原因の一つだったのかもしれません。

    【目次】
    第一部 皇帝マルクス・アウレリウス(在位、紀元161年―180年)
    はじめに
    育った時代
    生家
    子育て
    少年時代
    ほか
    第二部 皇帝コモドゥス(在位、紀元180年―192年)
    映画と歴史
    戦役終結
    「六十年の平和」
    人間コモドゥス
    姉・ルチッラ
    ほか
    第三部 内乱の時代(紀元193年―197年)
    軍団の〝たたきあげ〟
    皇帝ペルティナクス
    帝位争奪戦のはじまり
    ローマ進軍
    首都で
    ほか
    第四部 皇帝セオウティミウス・セヴェルス(在位、193年―211年)
    軍人皇帝
    思わぬ結果
    東征、そしてその結果
    故郷に錦
    ブリタニア
    年表
    参考文献
    図版出典一覧

    ●哲学科(50頁)
    私(塩野七生)とて大学では哲学を学んだのだが、それでわかったのは、自分は何と形而下的な人間かということであった。
    ●マルクス・アウレリウス(82頁)
    文献資料が極度に不足するということだ。後世のわれわれがそれでもこの人々の業績を追うことができるのは、文献資料だけでなく碑文や通貨にも関心が寄せられるようになった十九世紀からである。まったく、なにもかもがうまく行く平穏な時代は、歴史著作の立場からみれば不作の時代なのであった。
    ●属州体験(99頁)
    アントニヌス・ピウスによって本国にいても帝国の統治は可能であるということが示されたことで、属州体験の重要性への認識が薄れてしまったことであった。
    私には、アントニヌス・ピウスという皇帝は、目先のことの処理ならば見事にやってのける優秀な官僚であったろうが、晴天の日に翌日に降るかもしれない雨の準備をするという、政治家ではなかったと思えてならない。
    ●ローマの神々(110頁)
    ローマ人にとっての神々への「祈願」とは、神々に向かって、この不幸から救い出してください、と願うものではない。この不幸から脱出するためにわれわれ人間は懸命の努力を払うことを誓うから、どうぞ神々も、このわれわれを助けてください、と願うものなのだ。
    ●防衛(140頁)
    防衛には、山脈よりも河川が適していることを教えたのも彼(カエサル)だった。ブリタニアの領有が、ガリアの、ひいては帝国西方の安全に不可欠であることも、彼が遠征行を試みたことで示されたのである。そして、蛮族への対応策にも、撃退だけではなく同化もあることを、具体的な例証で示した。
    ●戦争(152頁)
    早く終えることが、戦争という「悪」にできる唯一の「善」だ
    ●ブリタニア遠征(227頁)
    ドーヴァー海峡を渡った最初のローマの要人はユリウス・カエサルだが、このブリタニア遠征の理由を、『ガリア戦記』では、ガリアの反ローマ分子に逃げこむ先を与えないためである、と言っている。
    ●ハドリアヌス帝(232頁)
    ハドリアヌス帝に対する同時代人の評判が悪かった理由を平易に言い直せば、次のようになる。雲ひとつない晴天が続いているというのに、いつの日か襲ってくるかもしれない洪水に備えて、首都ローマを留守にしてまで帝国の各地方の堤防の増強に専念している、である。
    ●財政の健全化(274頁)
    ペルティナクスの主張した国家財政の健全化とは、各組織を見直し、それによって無用な出費を減らすということだった。
    ●組織の強化(325頁)
    これは、他のいかなる組織にも共通する宿命だが、それが軍事関係となると武力を持っているだけに、走り出したら容易には止められないという悪弊を伴うのであった。
    ●キリスト教とローマの宗教(328頁)
    ユダヤ教徒もキリスト教徒も、布教する際、私の信ずる教えのほうがあなたの魂を安らかにするから改宗しなさい、と言うのではない。私の信ずる神のほうが正しいから、あなたの信じていた邪神は捨てよ、と求めるのである。これは、他者の信ずる神を認めることで成り立っている、ギリシア・ローマの宗教観とは反対の極に立つ考え方であった。

    ☆関連図書(既読)
    「世界の歴史(2) ギリシアとローマ」村川堅太郎著、中公文庫、1974.11.10
    「世界の歴史(5) ローマ帝国とキリスト教」弓削達著、河出文庫、1989.08.04
    「ローマの歴史」I.モンタネッリ著、中公文庫、1979.01.10
    「古代ローマ帝国の謎」阪本浩著、光文社文庫、1987.10.20
    「ローマ散策」河島英昭著、岩波新書、2000.11.20
    ☆塩野七生さんの本(既読)
    「神の代理人」塩野七生著、中公文庫、1975.11.10
    「黄金のローマ」塩野七生著、朝日文芸文庫、1995.01.01
    「ローマ人の物語Ⅰ ローマは一日にして成らず」塩野七生著、新潮社、1992.07.07
    「ローマ人の物語Ⅱ ハンニバル戦記」塩野七生著、新潮社、1993.08.07
    「ローマ人の物語Ⅲ 勝者の混迷」塩野七生著、新潮社、1994.08.07
    「ローマ人の物語Ⅳ ユリウス・カエサルルビコン以前」塩野七生著、新潮社、1995.09.30
    「ローマ人の物語Ⅴ ユリウス・カエサルルビコン以後」塩野七生著、新潮社、1996.03.30
    「ローマ人の物語Ⅵ パクス・ロマーナ」塩野七生著、新潮社、1997.07.07
    「ローマ人の物語Ⅶ 悪名高き皇帝たち」塩野七生著、新潮社、1998.09.30
    「ローマ人の物語Ⅷ 危機と克服」塩野七生著、新潮社、1999.09.15
    「ローマ人の物語Ⅸ 賢帝の世紀」塩野七生著、新潮社、2000.09.30
    「ローマ人の物語(27) すべての道はローマに通ず」 塩野七生著、新潮文庫、2006.10.01
    「ローマ人の物語(28) すべての道はローマに通ず」 塩野七生著、新潮文庫、2006.10.01
    「ローマ人への20の質問」塩野七生著、文春新書、2000.01.20
    「ローマの街角から」塩野七生著、新潮社、2000.10.30
    (2016年9月13日・記)
    内容紹介(amazon)
    五賢帝時代の掉尾を飾り哲人皇帝としても名高いマルクス・アウレリウス。後世の評価も高い彼の時代に、既に衰亡への萌芽は見えていた――従来の史観を覆す新たな「ローマ帝国衰亡史」が今始まる。
     本書で語られるのは、五賢帝時代の掉尾を飾り哲人皇帝として名高いマルクス・アウレリウスから、セプティミウス・セヴェルスまでの治世です(紀元2世紀末から3世紀初)。タイトルのとおり、いよいよローマの衰亡が描かれていくことになります。
     ギボンの『ローマ帝国衰亡史』を初め、ローマ帝国の衰亡は五賢帝時代の終焉とともに始まったとする史観がこれまで主流でしたが、本書ではこれに異を唱えています。ローマが絶頂を極め、後世の評価も高いマルクス・アウレリウス帝の政治を、第Ⅸ巻で扱ったハドリアヌス帝やピウス帝、さらにはユリウス・カエサルとも対比させ新たな視点で検証すると、ローマ衰退への道は既に敷かれ始めていたということが明らかになるのです。
     指導者である皇帝たちの資質の変化や、国内の階層間の対立、そして帝国を外から脅かす異民族の存在など、さまざまな要因が作用して、帝国はゆっくりと没落への階段を降りていきます。ついには、マルクスは戦地で没し、その息子コモドゥス帝は怠惰に陥り暗殺され、続く時代では帝国を守ってきた将軍たちが割拠して帝位を争うという、「黄金の世紀」では考えられなかった混乱へと突入していきます。
     永遠に続くと思われた右肩上がりの時代を終え、新たな時代へと踏み入ったローマ帝国。その指導者たちの迷いと奮闘ぶりから浮かび上がってくるのは、「矜持」を中心に据えた新しい指導者論です。同じように混迷と不安に覆われている現代の日本にとっても、彼らの生き方から学ぶことは多いに違いありません。
     「ローマ人の物語」全15巻を時代ごとに三つに区切ると(ローマ建国からユリウス・カエサルまでの「第一期」、アウグストゥスによる帝政開始から帝国の絶頂期までが「第二期」)、この巻は「第三期」の始まりと言うことができます。第一期や第二期のローマ帝国を常に視野に入れて叙述される本書は、「ローマ人の物語」の導入篇としてもふさわしい内容であると思われます。

  • マルクス・アウレリウス・アントニヌスからセプティミウス・セヴェルスまで

  • 哲人皇帝マルクス・アウレリウス。哲人でありながら、戦役を強いられた皇帝。問題が斯くも、というほど彼の在位中に集中し、苦労が絶えなかった。
    それを引き継いだ彼の子コモドゥス。これが何もしない息子だった。定位争奪戦が始まる。

  • 五賢帝の最後を飾るマルクス・アウレリウス。しかし、著者はハドリヤヌス、アントニヌス・ピウスの時代に遡ってとき始める。なぜマルクス帝の時代にローマが没落し始めるのか、それは彼の息子が愚帝であったためだけなのか、マルクスの時代がハドリヤヌス、ピウスの時代とどのように異なるのか、詳しく書いており納得性に富みます。そしてなぜ哲人皇帝が後継者に失敗したのか、やはり息子への偏愛に眼が曇ったのか?著者の説明はこれまでの常識に対して挑戦するように、ピウスに厳しかったり、マルクスの悩みに焦点を当てたりと極めて飽きさせない推理に富んだ素晴らしい歴史でした。映画「グラディエーター」をこの執筆のために何度も見たということ。私自身も見たことがあり、あの戦争シーンについて「確かにあのような戦争だったのかも知れない」という説明に頷けます。

  • 五賢帝のラスト、マルクス・アウレリウス帝から、この子供のコモドゥス、内乱を経て軍人皇帝にいたる、西暦で言うと161年から211年までの話になります。
    映画のグラディエーターの時代考証などのティーブレークがあってなかなか面白いです。
    ベン・ハーもスパルタカスもたしか見てますね。アマデウスもエリザベスも見たし・・・結構ヨーロッパ時代劇おたくかもしれない。

    マルクス・アウレリウスは哲人皇帝、といわれていたんですね。哲学大好きっ子だったそうな。
    でも理念だけでは人は動きませんね。抽象的な議論だけでなく、具体例を示さないと大衆が納得しない、ということも知っていたのではないか、と論じています。
    かなり、人間性に対する理解も深かった皇帝なのでしょうね。

    それにしても、ローマの皇帝さんたちは、共同体(国家)に対する気概がちがうわな~。日本の議員さんもがんばってください。

    2007/10/31

  • 五賢帝時代の掉尾を飾り哲人皇帝としても名高いマルクス・アウレリウス。後世の評価も高い彼の時代に、既に衰亡への萌芽は見えていた――従来の史観を覆す新たな「ローマ帝国衰亡史」が今始まる。

  • また内戦をやっている。距離が離れるほど情報が伝わるのが遅いということを学習しないのだろうか。シリアに情報が伝わるころには、近くの将は動き始めているし、抑えなくてはいけないローマにも遠い。

    今回は内戦の描写が穏やかなので、まだ読むのに心理的に楽だった。

    後継ぎに関しては、ある程度賢い皇帝なのだから、生前に整理しておいてほしかった。それであれば国力の衰えも少なかっただろうに。

    それにしても、親が奴隷でも自身は能力と努力次第で皇帝にまでなれる社会というのは素晴らしい。身分の固定されていた国に比べれば、繁栄するのは当然と思われる。

  • 面白いけど、もはや作者の主張が判らない。

全29件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

ローマ人の物語 (11) 終わりの始まりに関連する談話室の質問

ローマ人の物語 (11) 終わりの始まりを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローマ人の物語 (11) 終わりの始まりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローマ人の物語 (11) 終わりの始まりを本棚に「積読」で登録しているひと

ローマ人の物語 (11) 終わりの始まりの作品紹介

なぜ優れた哲人皇帝の時代に、「帝国の衰亡」は始まったのか。既成の歴史観に挑む塩野七生版「ローマ帝国衰亡史」がここに始まる。

ローマ人の物語 (11) 終わりの始まりのKindle版

ツイートする