ローマ人の物語 (14) キリストの勝利

  • 355人登録
  • 3.83評価
    • (38)
    • (41)
    • (60)
    • (1)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2005年12月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103096238

ローマ人の物語 (14) キリストの勝利の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アウグストゥスの政治を書く。偉大なるリーダー(カエサル)の後継となった人がいかに上手に統治したか。その答えは卓越したバランス感覚だといえる。例えば、独裁の終わり・共和制の復活を唱え、貴族階級の喝采を得る一方で、将来のために残しておきたい権限は残しておく。外部の統治に対してはカエサルが目指したものを踏襲し、有力部族を抑えて彼らの自治に任せるなど。締める&緩めるの絶妙なコンビネーションを使い、周囲の反感を買わないようにしながらも徐々に自分の目指すべき方向に導いていく手法はイヤらしい。(よい意味で)

  • (2016.11.20読了)(2016.10.17購入)

    【目次】
    読者に
    第一部 皇帝コンスタンティウス(在位、紀元三三七年‐三六一年)
    邪魔者は殺せ
    帝国三分
    一人退場
    二人目退場
    副帝ガルス
    ほか
    第二部 皇帝ユリアヌス(在位、紀元三六一年‐三六三年)
    古代のオリエント
    ササン朝ペルシア
    ユリアヌス、起つ
    内戦覚悟
    リストラ大作戦
    ほか
    第三部 司教アンブロシウス(在位、紀元三七四年‐三九七年)
    蛮族出身の皇帝
    フン族登場
    ハドリアノポリスでの大敗
    皇帝テシオドシウス
    蛮族、移住公認
    ほか
    年表
    図版出典一覧
    参考文献

    ☆関連図書(既読)
    「世界の歴史(5) ローマ帝国とキリスト教」弓削達著、河出文庫、1989.08.04
    「新約聖書福音書」塚本虎二訳、岩波文庫、1963.09.16
    「新約聖書 使徒のはたらき」塚本虎二訳、岩波文庫、1977.12.16
    「神の旅人 パウロの道を行く」森本哲郎著、新潮社、1988.05.20
    「背教者ユリアヌス(上)」辻邦生著、中公文庫、1974.12.10
    「背教者ユリアヌス(中)」辻邦生著、中公文庫、1975.01.10
    「背教者ユリアヌス(下)」辻邦生著、中公文庫、1975.02.10
    ☆塩野七生さんの本(既読)
    「神の代理人」塩野七生著、中公文庫、1975.11.10
    「黄金のローマ」塩野七生著、朝日文芸文庫、1995.01.01
    「ローマ人の物語Ⅰ ローマは一日にして成らず」塩野七生著、新潮社、1992.07.07
    「ローマ人の物語Ⅱ ハンニバル戦記」塩野七生著、新潮社、1993.08.07
    「ローマ人の物語Ⅲ 勝者の混迷」塩野七生著、新潮社、1994.08.07
    「ローマ人の物語Ⅳ ユリウス・カエサルルビコン以前」塩野七生著、新潮社、1995.09.30
    「ローマ人の物語Ⅴ ユリウス・カエサルルビコン以後」塩野七生著、新潮社、1996.03.30
    「ローマ人の物語Ⅵ パクス・ロマーナ」塩野七生著、新潮社、1997.07.07
    「ローマ人の物語Ⅶ 悪名高き皇帝たち」塩野七生著、新潮社、1998.09.30
    「ローマ人の物語Ⅷ 危機と克服」塩野七生著、新潮社、1999.09.15
    「ローマ人の物語Ⅸ 賢帝の世紀」塩野七生著、新潮社、2000.09.30
    「ローマ人の物語(27) すべての道はローマに通ず」 塩野七生著、新潮文庫、2006.10.01
    「ローマ人の物語(28) すべての道はローマに通ず」 塩野七生著、新潮文庫、2006.10.01
    「ローマ人の物語Ⅺ 終わりの始まり」塩野七生著、新潮社、2002.12.10
    「ローマ人の物語Ⅻ 迷走する帝国」塩野七生著、新潮社、2003.12.15
    「ローマ人の物語(35) 最後の努力」塩野七生著、新潮文庫、2009.09.01
    「ローマ人の物語(36) 最後の努力」塩野七生著、新潮文庫、2009.09.01
    「ローマ人の物語(37) 最後の努力」塩野七生著、新潮文庫、2009.09.01
    「ローマ人への20の質問」塩野七生著、文春新書、2000.01.20
    「ローマの街角から」塩野七生著、新潮社、2000.10.30
    (「BOOK」データベースより)amazon
    ついにローマ帝国はキリスト教に呑み込まれる。四世紀末、ローマの針路を大きく変えたのは皇帝ではなく一人の司教であった。帝国衰亡を決定的にしたキリスト教の国教化、その真相に迫る。

  • コンスタンティヌス帝は「支配の道具」として、つまり皇帝位の安定を実現するための道具として、キリスト教振興を進めた。道具であるからには、自らがキリスト教にコントロールされることを避けるため、洗礼は死の直前にまで引き延ばさなければならない。テオドシウスの浅慮とアンブロシウスのしたたかさがギリシア・ローマ文明に最後の止めを刺した。
    「最後の努力」が終わった今、時代の奔流をただ眺めるのみ。

  • コンスタンティヌス帝の次男で兄弟に早く死なれ父の帝位を最終的に一人で継ぐことになるコンスタンティウス。
    父よりキリスト教化を進める。
    そのコンスタンティウスに両親や兄を殺されていたユリアヌス帝は、後にアポスタタ、背教者と呼ばれるキリスト教化にストップをかける政策をする。キリスト教への支援をやめ、信教の自由を認めた。
    しかし彼の後をついだ皇帝たちは、死の直前に洗礼したコンスタンティヌスやコンスタンティウスとは違い、若いうちに洗礼をしてしまい、司教アンブロシウス筆頭に、司教に屈することとなる。
    つまり、キリスト教がローマ皇帝に勝利したのだ。そんな紀元四世紀末。

  • コンスタンティヌス大帝の後のローマの混乱、そしてキリスト教の支配が確立する時代について著者は極めてキリスト教に批判的な考え方をしています。そういう意味では私には「違うだろう」という気持ちはあるのであうが、大帝の次男コンスタンティウス、背教者ユリアヌス、そしてテオドシウス大帝がどのように支配を確立していったかを示しています。そしてテオドシウス大帝以上に権力を持ったアンブロシウス司教が大帝との間でカロッサの屈辱に匹敵する事件を起こしていたということは新鮮な気持ちで読みました。この時代に既にキリスト教がそのようにして堕落の様相を呈していたということに人間の罪の深さを痛感します。著者が何度か書いていましたが、辻邦生の「背教者ユリアヌス」は私にとっても29年前の入院の際に読んだ印象深い懐かしい本であり、感動を覚えました。このシリーズもいよいよ後1冊で完了です。しかし著者の冴は少し欠いてきたように思います。キリスト教への偏見の大きさということを別にしても、余り新鮮な分析がないように思われたからです。

  • 一神教の寛容性の無さ
    ローマ帝国の歴史がキリスト教に塗り替えられて行く…

  • アタナシウス派キリスト教とアリウス派キリスト教の抗争の話。
    一神教は果てしなく最後まで戦います。白か黒だもんね。
    ローマ帝国がなぜ国教を定めなければいけなかったのか、
    それがなぜアタナシウス派キリスト教だったのか、
    そのへんを時代背景とともに紐解くという流れになります。
    寛容であったローマがいかに非寛容に転じていくか、そんなところでしょうか。

    物語の中で述べられる皇帝ユリアヌスの政治姿勢(公平さ、寛容さ)に
    共感を覚えますが、同時に、時代の大きな流れに逆らうことの無常さも
    感じてしまいます。

    流れに乗るか、流れに逆らうか、流れから身を引くか、
    まさに人生観、ですね。

    2010/09/30

  • キリスト教を公認したコンスタンティヌス大帝の息子、コンタンティウスから始まる歴史。疑心暗鬼に囚われ宦官にその挙を委ねるのは、滅亡への王道と言えば皮肉か。その後に現れたユリアヌス帝の必死の戦いや政治は、その対照となるがゆえに悲しく、はかない。と同時にキリスト教の勃興期における、「いい加減さ」を推し量ることができる。ローマの終焉を文章から感じるのは辛いものです。

  • ユリアヌス、なかなか魅力あるね。
    キリスト教のせいで暗黒の中世を迎える嚆矢となると。。

全28件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語 (14) キリストの勝利に関連する談話室の質問

ローマ人の物語 (14) キリストの勝利を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローマ人の物語 (14) キリストの勝利を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローマ人の物語 (14) キリストの勝利を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローマ人の物語 (14) キリストの勝利の作品紹介

ついにローマ帝国はキリスト教に呑み込まれる。四世紀末、ローマの針路を大きく変えたのは皇帝ではなく一人の司教であった。帝国衰亡を決定的にしたキリスト教の国教化、その真相に迫る。

ローマ人の物語 (14) キリストの勝利のKindle版

ツイートする