ローマ亡き後の地中海世界 下

  • 314人登録
  • 3.91評価
    • (24)
    • (49)
    • (29)
    • (2)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2009年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103096313

ローマ亡き後の地中海世界 下の感想・レビュー・書評

  • 本棚を温めていた2冊を読むことができた。実は初めての塩野七生だったが、すばらしきストーリーテラーに導かれ、完全に地中海をタイムトラベル。海賊といえば、ワンピース並みにキャラの濃い実在の人物たちが生き生きと描かれ、著者がいうように樹と森のうち森がテーマな本書だけど、ちょこちょこ面白い逸話(=樹)を混ぜてくれる。読むの大変だけど、いっきに読むべし!

  • 塩野七生氏が言うように彼女の作品の殆どは樹であったのだが、今回は森を書いている。

    中世5世紀から15世紀にかけての千年を地中海を、即ち広がりのある森を中心に描いている。

    その森の中には、レパントの戦い、ロードス島の戦い、コンスタンチノープルの戦いなどこれまで氏が書いた物語が含まれている。

    そして、ヴェネツィアと十字軍もこの森の中に含まれるが、それらはちょっと広がった林といえるだろう。

    歴史は地上を中心に形成されるのは確かであろうが、海である地中海に着目したのはなかなかの慧眼であろう。

    それまで地中海を「我が海」としていたローマ帝国が滅びたあと、なんと千年以上にもわたってそこは海賊が暴れまわる世界であったことを知っている人は少ないのではないか。

    当然、海賊がヨーロッパ世界に与えた影響は小さくない。
    小さくないどころか、地中海はキリスト教とイスラム教が相対する主戦場であったのである。

    両宗教の対立といえば、十字軍や、ポワティエの戦いや、コンスタンチノープルあるいはウィーン攻防戦を連想しがちだが、海上の戦いもそれに劣らず歴史に大きな影響を与えていたのである。

    しかしながら、正規軍対正規軍にスポットライトが当たり、海賊という非正規軍との戦いは日陰に追いやられざるを得ない。

    地中海北岸の村や都市が海賊によってどれほどの被害を蒙ったか、その影響は計り知れない。

    その日陰の部分にスポットライトを当てた塩野氏の功績は大と言えるだろう。

  • イスラム、キリストの対立が中世から続いており、現代の世界情勢につながっていて、勉強になった。

  • 古代ローマ帝国滅亡後からルネッサンス期までの地中海世界に焦点を絞った、中世ヨーロッパの歴史叙述。

    あの名著「ローマ人の物語」の続編です。

  • 西のローマが滅んだあとを、地中海の動きから中世の1000年に渡る歴史を俯瞰する。
    北アフリカに進出を伸ばしたイスラム勢力は、シチリアを始めとするイタリア諸国にも海賊として襲撃を繰り返すようになった。
    上巻は彼等イスラム海賊とローマ亡き後のイタリアとの興亡がメインとなる。
    略奪とともに常態化していたのが人民の拉致だったらしく、なんと200年ほど前まで続いていたというから驚かされる。
    一時はシチリアまで占拠されて、ティレニア海航海の安全さえ保てなかったイタリア諸国は、神聖ローマ帝国にもビザンチン帝国にも頼れなかった。
    長く続いた苦難の歴史のあと、イタリアの海洋諸国アマルフィ、ピサ、ジェノバ、ヴェネティアが勃興するとともに、ローマ法王を中心とした勢力としてイスラムへ対抗することになり、西地中海の覇権を取り戻していく。
    ヴェネティアについては「海の都の物語」に、その流れと共に始まった十字軍の歴史は「十字軍物語」に詳細が示されており、併読すると分かりやすい。(はず。十字軍は次に読む予定なので)

    下巻では東地中海に覇権を固めたトルコとキリスト教国の対決がメインとなる。
    地中海の制圧は外部に頼ると決めたトルコは、赤ひげ(バルバロッサ)やドラグーといった著名な海賊の棟梁を海軍の重鎮に登用して西地中海を攻めさせる。
    これに対するキリスト側は、ローマ法王、神聖ローマ帝国を中心に付かず離れずしながらの抵抗を続ける。
    ここに登場するのがルイ9世、皇帝カルロスやアンドレア・ドーリアといった人物たち。
    下巻は上巻と違い、これら個々の人物の存在感が際立っており格段に興味をそそる。
    やはり塩野物は魅力ある人物が登場してくると俄然盛り上がってくるが、カエサル、アウグストゥス、ハドリアヌス、、、、と皇帝たちの性格が各時代でにじみ出ていた「ローマ人の物語」でも同じだったなぁ。
    そして全盛期を迎えたヴェネチアを中心としたキリスト側海軍とトルコは歴史上有名な戦いを何度も繰り返し、地中海全体の覇権が揺り動かされていく。
    この中で起こった戦いに焦点をあてた「コンスタンティノープル陥落」、「ロードス島攻防記」、「レパント海戦」なども読んでおくと話が分かりやすい。
    マルタ島騎士団の攻防戦は独立した著作がなく詳しく知らなかったのだが、これほどにも映画のような筋書きの戦いがあったとは驚きだった。

    相変わらずの塩野歴史絵巻は圧巻であり、地中海に焦点を当てた歴史を一望にして魅せる構成の取り方、そして重要な歴史的事件は改めて書をたてて書き込んでいるところは読者にとっても嬉しい限り。
    この本のあと、十字軍とフリードリッヒ二世を取り上げるなんて、次々と読者の興味をむんずと掴んで引きずり込む企画力もさすが。
    次もハマってみましょう。

  • 下巻はコンスタンティノープルの陥落後、いよいよオスマントルコの勢力が地上でも海上でも西欧の脅威となっていた時代。オスマントルコ軍は赤ひげというギリシャ人海賊の頭目を海軍の司令官にしし、以後有力な海賊たちを利用することで、対西欧の海上での戦力としていた。一方西欧側もジェノバ人アンドレア・ドーリアなど、海上戦術に優れた指揮官を登用することで対イスラムの海上防衛を組織的に行うかに見えたが・・・。 当時の強国スペイン、フランス、そして交易国家のヴェネチア、さらにローマ法王庁のそれぞれの利権とキリスト教国としての立場が錯綜していて、まあ統制のとれないこと!よく500年後の今現在EUというひとつの共同体を組成できていると思う。そもそもイタリアという国もよくひとつの統一国家に成れたと思うけど。それも戦争の功罪?
    この本は主にヴェネチア共和国を軸に描かれているように思うが、1600年代以降の記述がないのは残念だと思う。でも、地中海が世界の中心であった時代は確かにここまで。以後新大陸の発見で舞台は大西洋へと移ってく。
    上巻は海賊と奴隷の話に終始していたが、時代が下るにつれ、今巻では突出した個人が活躍しているので、読みやすさではこちらかな。でもあまりに登場人物が多くて混乱してしまいます。
    少し前に「コンスタンティノープルの陥落」を読んだばかりだったので、入っていきやすかったですね。

  • 16世紀の地中海を巡るイスラムとキリスト教世界の対決は中々ドラマティックです。1453年のコンスタンチノープル陥落、1571年のレパント沖海戦はすでに詳細な著書がありましたが、この本の中では、スレイマン・トルコ帝国の1565年のマルタ島攻撃とマルタ騎士団の防衛戦争が最も印象に残りました。著者によれば、この闘いはヴェネティアが絡んでいないため、書き残していたとのこと。世界遺産のTVでマルタ島の要塞を見ていただけに、リアルにその様子が思い浮かびます。この時代の西欧がスペインとフランスの2大国の対立に振り回され、英国、ドイツ、そしてポルトガルも表舞台に出てこないというのは、新鮮な読書感です。ローマ1000年史、そしてヴェネティア1000年史、ルネサンス史が著者の中心著作群だとするとこれはヴェネティア時代の裏側から見た地中海史ともいうべきものでしょうか。この本の最後近く、いよいよスペイン無敵艦隊が英国に敗れ覇権者の時代が変わっていくとともに、ガレー船の古代海戦から近代海戦へ変わっていく時代を感じました。

  • 巻末には14頁にわたる参考図書が記載されているが本文中に書名が出てくることはない。これこそ歴史小説だと思う。自署についても最初に注意書き、後は注釈程度で良かったと思うが。
    欧州諸国の何故は充分読み応えがあるが、イスラム世界側は今ひとつである。その地に今立っても書いている時代に戻れたほどの資料は集まらなかったのだろうか。肖像画などビジュアルがないことも影響しているかもしれない(イスラムでは自画像は御法度らしい)。ローマ時代には緑豊かな農業地域であったという北アフリカが、緑化も困難な土地になってしまった経緯をもっと知りたかった。住み着いた人々の民族性だけが問題だったのだろうか。海賊産業に貿易業は無理だったのは理解できるが、周辺企業?の人々はどうやって食べていたんだろう。
    一神教は度し難い。人が人のために作ったものであるとつくづく実感した。

  • 海賊の歴史の話は初めて知った。

  •  本書では、1453年のビザンチン帝国の首都コンスタンチノープルの陥落以降の地中海世界の歴史を描いている。この時代以降、イスラム教とキリスト教の対立は「大国のパワーゲーム」の世紀となる。オスマン・トルコのスルタン、スレイマン。フランス王フランソワ1世。スペイン王で神聖ローマ帝国皇帝でもあったカルロス。そしてローマ法王パオロ3世。キャラの立つ登場人物が繰り広げる国際政治は、現在といささかも変わらぬリアルでシビアな冷酷さを持ったものであると感じた。
     著者は戦いの描写がうまく、おもしろい。それぞれの勢力の背景である社会制度や経済状態、また文化の違いの描写は詳細にわたっており、興味深い。
     「マルタ騎士団の戦い」は、読んで人間の残忍さとともに、血湧き肉踊るワクワク感をも感じた。全ての力を振り絞った戦いには残酷さとともに感動をも覚える。そして、戦いの最終決戦のような「レパントの戦い」(1571年)へと物語りは盛り上がる。
     地中海世界におけるイスラムの海賊は、正規の事業として運営されていたことが本書で詳細に紹介されている。時代と価値観が違うとはいえ、あまりにもむごいと感じた。我々が「海賊」というと、ディズニーのカリブの海賊を思い浮かべるが、この地中海世界ではつい最近まで多くの「海賊」が跋扈しており、あらゆる海賊行為の厳禁を宣言した「パリ宣言」が成立したのは1856年だったことを本書は教えている。本書は、「平和」の価値と、それが成立するための条件をいろいろと考えさせてくれると思った。上・下巻ともに飽きずに読める良書であると感じた。

  • 7世紀から18世紀まで地中海世界の歴史は、北アフリカから来襲してくるイスラムの海賊なしには物語ることはできない。

    現在の地中海の観光地のほとんどが、かっては海賊に荒され人も住まない地であった。

    1740年、トルコは「海賊禁令」に国として調印、海賊は政府公認の「コルサロ」は無くなり私的な利益の「ピラータ」に戻った。
    1830年、フランスによるアルジェリアの植民地化の開始
    1856年、あらゆる海賊行為を禁止する「パリ宣言」が成立。

  • 陰惨たるキリスト世界対イスラム世界との対立。欧州人がかくも海賊に恐れを抱く理由が分かった。

  • 2003年の12月、ということは、もう7年以上前の話になるけれども、グラナダのアルハンブラ宮殿を訪問したことがある。名前からしてそのものであるが、アルハンブラ宮殿はイスラムの宮殿である。ということは、その昔、イベリア半島・スペインは、イスラムの勢力化にあった時期がある、ということだ。アラビア半島はメッカで生まれた預言者モハメッドがイスラム教の布教を開始したのが紀元613年ということなのであるが、その後、イスラム勢力は驚くべきスピードで勢力範囲を拡大していく。642年に現在のエジプトをイスラム化、そのまま北アフリカを西方に勢力を拡大していき、ジブラルタル海峡を渡りスペインに達したのが710年頃。東方、北方へも勢力を拡大し、現在の中東を勢力化におき、遠く中央アジアのサマルカンドやタシケントに到達したのが750年頃。古代ローマ帝国が滅亡した後の地中海世界は、このイスラム勢力とヨーロッパキリスト教世界とのせめぎ合いの場となる。これは、イスラムが勢力を伸ばし始めた頃から始まり、十字軍遠征時代も、東ローマ帝国のコンスタンチノーブル、今のイスタンブールがトルコにより陥落して後も、またイタリア半島でルネッサンスが起こった後も、要するに1,000年間続いた構造なのである。この本は、その間の様々な出来事を、「ローマ人の物語」と同様の物語風の語り口によって綴ったもの。たぶん、好き嫌いが、ものすごくはっきりと分かれる本だと思う。面白いと思えば、これほど面白い本はあまりないと思うだろうし(僕がそうだ)、この時代のこの地方の話に興味が持てなければそれまでだろう。この本のいわば前史にあたる「ローマ人の物語」も非常に好きな本で、好きな本なので、多くの人に勧めたのだけれども、実際に読んで、「面白かった」と言ってくれた人は、残念ながら、比率的にはそんなに高くなかったので、そんなに一般受けする本なのではないのかもしれない。

  • キリスト教世界とイスラム教世界の対立の歴史が、海賊という行為を通して生き生きと詳細に描かれており、物語に引き込まれるように読めた。五賢帝以降のローマ人の物語を読むよりも、よっぽど面白いと思う。

  • 国や民族でなく地中海という視点からの歴史。
    ローマ人の「我らが海」のローマ亡き後の話。以外と世界史知らないなぁと。ザビエルとか無敵艦隊とか知ってたことが横・縦で交わったと感じた。

  • ローマ亡き後の地中海世界は、海賊の歴史であり、イスラム教とキリスト教の戦いの歴史でもある。
    塩野七生の既刊三部作「コンスタンチノープルの陥落」「ロードス島攻防記」「レパントの海戦」につながる物語である。
    途中退屈な部分もあったが、最後は一気に読み終わった。

  • さすが塩野さん!!!面白い。
    塩野さんの淡々とした文体がすてき。

    政治・外交・国家間のパワーゲーム、あこがれを感じる。

  • 以前紹介した塩野七生さんの『ローマ亡き後の地中海世界』の下巻であり、キリスト教世界が地中海でようやくイスラームに対して積極的な政策に出ようとする15世紀頃から、地中海におけるキリスト教勢力とイスラーム勢力との対立でキリスト教勢力が優勢となる「きっかけ」となった1571年のレパントの海戦、そしてその後のヨーロッパ人が海を見る目が地中海から大西洋へと移っていく16世紀終わり頃までを描いています。近年の歴史学は、口さがない人にいわせれば“判官贔屓\\\"といわれるかもしれません。それまでスポットの当たっていなかったものにスポットをあて、普通の人や社会的「弱者」の歴史的役割を重視する傾向があります。それは歴史学の「発展」といっていいものだと思います。その流れに乗ってか、最近高校世界史の教科書でも近現代における欧米を中心とする記述からイスラームなどにも十分に紙面を割くようになってきました。そこでは、イスラーム文化の独自性やイスラームが持つ元来の「平和主義」が強調されています。曰く「コーランか剣か」という言葉は、キリスト教世界側がイスラームという宗教の「頑迷」さを強調しようとして広めた「造語」であると。確かに、欧米諸国の社会・文化を「自由」「理性的」とするのに対しイスラーム文化を「教条」「野蛮」という風に教えるのであればそれは変えていかねばなりません。しかし、当時のヨーロッパ人にとっては地中海を渡るイスラーム教徒はやはり「野蛮」で「残忍」と映っていた。そういった同時代的な歴史の見方からこの本は書かれていると思います。もちろん、塩野先生の参考文献が「ヨーロッパ側」の文献に偏っているかもしれません(巻末に参考文献が書かれてあるが、ほとんどが欧米文献であり、それがどういった歴史的視点から書かれたものかは判然としない)。しかし、私のような歴史にたずさわる者に対し、この本は「歴史学の成果について、常に批判的な態度でもって接しなさい」と訴えるものでした。

  • ソマリアに自衛隊の護衛艦を2隻出すことにしたら、2,600隻も船団に入れて欲しいと申し出たとか。切実ですね。戦闘行為に反対すると言うことで護衛艦の派遣に反対している人たちがいますが、この本を読むと「それは、どうかな?」   北アフリカでは海賊は「産業」で、ということは、戦闘行為は儲からないのでやらないとか! 地中海が7世紀から18世紀までイスラムの海賊に荒らされていたとは知りませんでした。ソマリア海賊もヴァスコ・ダ・ガマがインド航路を発見し黄金を積んでやってくるスペイン船を襲うようになって以来とか。伝統産業だねこりゃ。知らないということは恐ろしいことです。

  • 「ローマ人の物語」全15巻が毎年発売されるのに、15年つきあってきて、それが終わり、なんだか気がぬけていたところに、上下巻の「その後」発売。
    嬉しかったです。

    それにしても、塩野さんにしてはやはり珍しく、誤字脱字が目立ったような。
    いやこれは、業界全体の傾向なのかしら。

  • 上巻は12月・・・下巻は1月末日・・・読み終えたのは三月の初日〜コンスタンティノープルが陥落し,スルタン・マホメッド2世の時代からエーゲ海に進出すると海上戦力としての海賊に気が付き,イオニア海から西地中海へと出ていくクルトゴルが有名であるが,法王庁も海軍を創設し「神聖同盟」で撃退しようとする。スペイン王カルロス5世,フランス王フランソワ1世,スレイマン1世の中では神聖ローマ皇帝が6歳若い。メディチ家出身の法王レオーネ10世は聖ヨハネ騎士団(マルタ騎士団)の共闘を成立させ海賊「ユダヤ人シナム」のNo1の地位を落とさせたが,海賊赤髯(バルバロッサ)がトルコ海軍総司令官の地位を手に入れる。ジェノヴァ出身の傭兵隊長アンドレア・ドーリア(ジェノヴァ有力家系)がカルロスの意を請けて海賊退治に活躍する。スペインに対抗したいフランス王はトルコと同盟し,対トルコ連合艦隊はプレヴェザで戦わずに敗れ去る。赤髯の配下にはドグラーというイタリア出身の海賊が出現し,バルバロッサは国賓としてフランスに招かれる。アルジェの攻略もドグラーの本拠地であるジェルバの攻略も失敗したが,フィレンツェが作った聖ステファノ騎士団が結成されると形勢はキリスト教陣営に傾いていく。その転機はマルタ島の攻防戦。スレイマンの大軍は撃退されて,ヴェネツィア支配下のキプロスを攻略すると,ヴェネツィア主導の連合艦隊が結成され,レパント海戦でトルコ配下の海賊を蹴散らし,ヨーロッパ勢は勢いがつく。地中海沿岸に領地を持つ貴族たちは防衛に必死になり,聖ステファノ騎士団はイスラム海賊と同じ手口でイスラム勢を追い込む。スルタン・セリム1世の母はヴェネツィアの貴族の娘であり,ヴェネツィアの利益に反する宰相は暗殺される。1740年にトルコは国として「海賊禁令」に調印し,北アフリカの主要都市で海賊禁止法が適用され,1830年にはアルジェリアがフランスの植民地となり,1856年には,あらゆる海賊行為の厳禁を宣言した「パリ宣言」が成立して,地中海から海賊は消滅したが,世界の中心も大西洋岸への移動する〜マルタ騎士団は貴族の家系でなくては入れなかったが,聖ステファノ騎士団は誰でもOKで,トルコ帝国もイスラム教徒であれば,運と才能でのし上がることができた。庶民にとってはイスラムの方が楽しそうだな。それにしても「別の著作に譲るとして」が多いこと,多いこと。他の本も売ろうとして書いたのと思ってしまう

  • 上巻だけでは不足なので下巻。すぐ出たこともプラスに評価したい。歴史を見ることで未来が見えるとは限らないが現在の見通しはよくなるのではないだろうか。

  • 2009/01/30 購入
    2009/02/07 読了 ★★★
    2009/11/20 読了

全26件中 1 - 25件を表示

塩野七生の作品一覧

塩野七生の作品ランキング・新刊情報

ローマ亡き後の地中海世界 下を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローマ亡き後の地中海世界 下を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローマ亡き後の地中海世界 下のKindle版

ツイートする