タダイマトビラ

  • 288人登録
  • 2.96評価
    • (9)
    • (21)
    • (46)
    • (28)
    • (8)
  • 68レビュー
著者 : 村田沙耶香
  • 新潮社 (2012年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103100720

タダイマトビラの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 家事や育児を義務としてしかこなさない母親のせいで、家族というシステムに疑問を感じている恵奈。
    恵奈はそのさみしさと満たされない欲求を「カゾクヨナニー」で慰める。
    私の本当の家族はどこ?帰るべきドアはどれ?
    家族なんて、しょせん精神的相互オナニーにすぎないという大胆な発想には仰天しました。
    けれどまちがっていない。むしろまさにそれに近い気がする。
    私も自分が産まれた家族は実際好きじゃないです。
    はやくこの人たちから離れて自立したいとばかり思っていた。
    今、自分が築いている家族はどうだろう?ひとりよがりにはなっていないだろうか。
    家族という制度を見つめ直させてくれる話でした。
    けれど、結末にかけて恵奈の思考が突拍子もない方に向かっていってしまったのが残念だった。
    ほとんど頭がおかしくなっている宗教じみたラスト。
    地に足のついた家族小説であればもっと良かったかな。

  • 家族の呪縛、虚構性は暴かれているが、着地がそこか、という失望はある。まさに出口のない物語。

    アリのアリスと我々の生活のアナロジーが、わかった時点で、これはディストピアなのだと、命をめぐる虚しさなのだと、家族の解体は、一挙に生きる意味の解体をももたらすのだと気づくべきだった。

    否定しようのない、パンドラの箱を本作は開けたようだ。

    ただ、ディストピアは、今ここで起きていることなんて、たいしたことない、という、あまりに高い俯瞰的視野から、絶望を生き抜く、不思議な力を時にもたらすことを忘れてはならないだろう。

  • 村田沙耶香さんの「タダイマトビラ」(2012.3)を読了しました。「家族」「家」について深く考察した作品ではないかと思いました。私には不可解で意味不明ではありましたが・・・。村田沙耶香の作品、理解できるものとそうでないもの、面白い作品とそうでないもの、私には、半々ぐらいです。

  • 他のいくつかの作品から感じるのと同様に、社会の価値観とのズレに対する違和感がテーマなのか。その部分においては非常に共感できるけど…クレイジー沙耶香な感じはよく出てるとは思います。読後感の悪さも村田沙耶香ファンなら納得かな?

  • 村田さんの不思議な世界があった。けど、これまで読んだ本の方が面白かった。

  • クレイジー沙耶香の誕生日(昨日)に読む。
    ただただ、気持ちの悪い話だった…(T_T)
    もう一冊図書館から借りてるので、夜から口直しに読もう…
    あと授乳と出産殺人は読まなければ。

  • 芥川賞をとった「コンビニ人間」が面白かったので、読んでみた。村田さん2冊目。
    コンビニ人間は、大なり小なり共感できた。
    でも、この本については、家族仲が良いとはいいきれない家庭で育った私にも共感はあまりできなかった。
    少し、気持ちの悪さを感じた。

    でも、私も確かにこの違和感を感じることはある。旦那が子供を特に望んでいないが、高校生のころから子供を産むことだけを目的に生きて、結婚1年前後で不妊治療で妊娠した晩婚気味の友人(女)が、「この子の為に長生きをしなければいけないと思う」とか「子供の為なら何でもできる」と聞きなれた陳腐な言葉を言うのを聞くと、自分自身の言葉ではなく、そういう世間の目を生きる事へ陶酔しているのではないかと感じてしまった私。そう、正反対の「お前の生きがいを見つけたいがための我がままで子供が生まれたのではないか」と思ってしまうのを止められない。

    そういう、口に出すと、人でなしのように見られる現在の息苦しい世間で、確実に思っている人がいる意見を代弁してくれる気持ち良さがある。自分だけでないと、安心させてくれる。

    周囲となじめないとい日頃から違和感を感じている人を主人公とする傾向にはあり、それが自分と異なる分野だと気持ちの悪さを感じてしまう人もいる場合もあるが、私と「コンビニ人間」の様に、自分も感じている分野での違和感だと受け入れやすい。
    少し、小川洋子と似ていると思った。でも小川洋子より、後味の悪さは控えめで、村田さんの方が受け入れやすかった。

  • クレイジー沙耶香さんのクレイジーさが終盤きたな!ということを感じました。それまでは機能不全な家族と、冷静な主人公に惹き込まれて読んでいました。出産したら誰でも母親になれる、というのはよくわからなくて。じゃあなんで虐待は無くならないのだろうと思うのです。そして出産しない男性はいつ父親になるの?と。これがまともじゃない考えだとはわかっていますが。渚さんが一番しっくりきました。ラストは主人公は存在を変えてしまったのかなと思います。狂っているような、まともなような。世界と主人公、どちらがまとも?村田沙耶香さんの作品は興味深いです。面白かったとは違う気がしますが、考えらせられました。

  • わけが分からないよ....とラストには頭を抱えてしまいました。思春期のむず痒い気持ちと機能不全家族の話かと思ったけどもっとクレイジーな方向へ進んでしまいました。。

  • 最近村田さんの作品を続けて何作か読みましたが、
    序盤は『家族』を題材として、親子の関係性、愛情とはなにか考えさせられた作品でした。家族という社会的に構築された関係性と繋がりに疑問を持つ少女とその家族、友達の話になってます。

    どうしても終盤は理解に苦しみました。家族の人間ドラマがSF映画になったみたいで、最後どう持って行きたかったか頭が追いつきませんでした。

全68件中 1 - 10件を表示

村田沙耶香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

タダイマトビラに関連するまとめ

タダイマトビラを本棚に「読みたい」で登録しているひと

タダイマトビラを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

タダイマトビラを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タダイマトビラの作品紹介

自分の子どもを愛せない母親のもとで育った少女は、湧き出る家族欲を満たすため、「カゾクヨナニー」という秘密の行為に没頭する。高校に入り年上の学生と同棲を始めるが、「理想の家族」を求める心の渇きは止まない。その彼女の世界が、ある日一変した-。少女の視点から根源的な問いを投げかける著者が挑んだ、「家族」の世界。驚愕の結末が話題を呼ぶ衝撃の長篇。

ツイートする