うさぎのミミリー

  • 40人登録
  • 2.94評価
    • (1)
    • (2)
    • (11)
    • (1)
    • (2)
  • 8レビュー
著者 : 庄野潤三
  • 新潮社 (2002年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103106111

うさぎのミミリーの感想・レビュー・書評

  • うさぎの話は、たまにしか出てこず。
    長男宅が飼っているうさぎをたまに預かったときの話が出てくる。うさぎについての描写は、実に共感できた。
    作者の日記になっており、期待した内容ではなかった為中断した。

  • 読了。
    うさぎのミミリー
    庄野潤三

    シリーズ7作目から読んでもよくわからなくて当たり前だよね。
    おじいちゃんなのに、現代調の文体で書くんだなあと思った。
    残るものはなく。
    文才あるのか謎な作家。

    読書感想文590字

  • ほのぼの日常話。
    普通にスラスラ読めて、感覚もとても良く実感できる文章構成なのは凄い。
    難を言えば、オチがない…
    まあ、オチを付ける必要があるかどうかは別だけど。

  • テレビの音がしない。

  • かわいい装丁に 惹かれて 買ってきました。
    年齢を重ねた ご夫婦の、丘の上の家での 毎日。
    子供たちが 巣立って、二人きりの やさしい生活。

    ミミリーは、長男とこの うさぎで
    旅行する時などに 預けられるのです。

  • 庄野さんのご家族や身の回りの出来事の連なりのみで構成されていて、これを作るに当たってきっと何度も推敲されたんでしょう。

    静かに、でも楽しく過ごされていることが、一言一言、体中にしみわたるように伝わってきて、その暮らしぶりが本当素敵。
    ご夫婦が、果物を食べて「おいしいな」「おいしいですね」と言い合ってる光景とか、娘や孫から、何かうれしいことやお礼を言うことがあったら、すぐにお手紙が届く習慣とか、ひとつひとつ、小さなことが、とても素晴らしい。
    (お手紙をすぐ送ってお礼を言う姿は真似たい!)
    そして、庄野さんのお宅は、たくさんの往来のあるとっても風通しのいいおうち!
    そういう生活、とってもあこがれる。

    蒸し暑い日が続く中、この一冊は心の清涼剤となりました。

  • おばあちゃんになったらこういうおじいちゃんとともに
    生涯をすごして生きたいよ。
    ていうか私はもう老成してるからな、今でもこういう生活をしたい。

全8件中 1 - 8件を表示

うさぎのミミリーを本棚に「読みたい」で登録しているひと

うさぎのミミリーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うさぎのミミリーの作品紹介

私と妻が暮す丘の家は、お盆になると、長男一家から預かったうさぎのミミリーと、近所の山田さんが届けてくれた鈴虫が集まり、賑やかになる。夏の終りには子供たちが妻の誕生日を祝い、そして、秋には孫の結婚式。大きなシャムパンの瓶が廻り、皆の笑顔がはじける-。移ろい行く家族の暖かな情景を日録風に綴る長編。

うさぎのミミリーはこんな本です

うさぎのミミリーの文庫

ツイートする