わが性と生

  • 34人登録
  • 3.44評価
    • (0)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 新潮社 (1990年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103112105

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
角田 光代
村上 春樹
冲方 丁
三島 由紀夫
三浦 しをん
小川 洋子
白石 一文
有効な右矢印 無効な右矢印

わが性と生の感想・レビュー・書評

  • TVで三浦靖子さんがお薦めしいたので読んでみまし た。そうでなければ、瀬戸内晴美、寂聴は読もうとは 思わはい作家です。どんな話を書いた作家かも知りま せんでした。赤裸々に書かれた性の話は目からウロコ の内容も沢山でした。三浦さんも言っていましたが、 下衆な内容も沢山なのですが、下品にはならずさっぱ りと読めました。笑えましたし。これをきっかけに彼 女の作品を読んでみたいなと思いました。

  • 瀬戸内寂聴さんと瀬戸内晴美さんが「性」をテーマに語り合う、往復書簡形式の作品。
    アメトークの読書芸人の回で誰かが紹介していて、興味を抱き読んでみた。
    瀬戸内さんは晴美時代の作品は結構読んだけど、寂聴さんのはどうも仏教色が強い気がして手に取っていない。
    しかし、この往復書簡は面白かった。
    性だけでなく、まさに瀬戸内さんの「生」が描かれている。どんな時代を、どんな感性を持って生きてきたのかということが、よく伝わってきた。

  • 某番組で某女性芸人さんが取り上げていて興味を惹かれた本。
    瀬戸内寂聴さんを初めて読みましたが、他の小説にも触手を伸ばしたくなる、大変面白い作品でした。

    かなりきわどい「性」の話題が満載でしたが、根っこがアカデミックなので、「うわあ」というより「ほお~」という感じ。
    いやあ、あっちの世界というのは奥が深い!

  • 寂聴さんと晴美さんの手紙のやり取りという形で書かれている。
    タイトルのとおり、性に関する記載が多い。
    文章が綺麗だから、それほどエロティシズムが漂う作品にはなっていない。淡々と書かれているので、若干物足りなさを感じる。

全4件中 1 - 4件を表示

わが性と生を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わが性と生はこんな本です

ツイートする