貧困の僻地

  • 55人登録
  • 3.86評価
    • (8)
    • (4)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 曽野綾子
  • 新潮社 (2009年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103114192

貧困の僻地の感想・レビュー・書評

  • ものすごいタイトルに惹かれて。最近、子供を産んだ女性は退職すべきと書いて話題になってましたね。
    日本の物質的な豊かさには強く共感。格差といっても、僻地のない日本は平和なんだろうなぁ。
    独特の考え方をストレートに表現する人ね。

  • 僻地の支援について考えさせられる内容だ。

  • なんだかんだ言っても日本は平和で豊かな国です。
    でしょ?

  • 世界の僻地というところがどういうところなのかがよく分かった。電気も水道もなく,道も舗装されておらず,病人がその道を運ばれればそれが原因で死亡するような場所。そういうところに小学校などを建てることがいかに大変なことかが語られている。世界に蔓延しているのは汚職であると著者は言う。寄付はかならずそれを猫ばばする人間がいる。それゆえ,直接金を持ってアフリカや亜細亜の僻地の著者は行く。それも自費で。曾野綾子の小説は読んだことがないのだが,最近エッセイはよく読むようになった。

  • 食べ物を粗末にしすぎる日本人は読むべきだと思います。

  • 曽野綾子さんは、きっとうちのお母さんに似ていると思う。
    自分に厳しくて、たまに正義の剣をぶんぶん振り回して周囲を敵に回し、でもこんなに頼りになる女性は他にいない母。

    曽野さんの書く文章に触れると、母が私を“かくあれかし”と育ててくれた考えを改めて活字で読み直しているような気持ちになります。
    強くあれ、自分ひとりで生きる世界を、幸・不幸の考え方。
    本を読みながら、自分を構成している考え方とあまりにも共鳴して、心の中で何度もブラボー!と言っていました。
    人生の教科書のような本です。

  • アフリカの貧困や人道支援活動のことばかり書いてあっても「重い…」とか「ああ自分は幸せでよかった」というような感情だけで終わってしまうと思う。でもこの本は、他にも、いじめについてとか、料理についてとか、美容健康についてとか、さまざまなことが書いてあって、自分の生き方や生活について考えさせられる。遠くの貧困について考え、自分の身近なことについて考える。いろいろな地点から自分を見られることで、自分のことを見直すよいきっかけになると思った。

全7件中 1 - 7件を表示

貧困の僻地を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

貧困の僻地を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

貧困の僻地を本棚に「積読」で登録しているひと

貧困の僻地はこんな本です

ツイートする