彼女の知らない彼女

  • 103人登録
  • 3.02評価
    • (1)
    • (11)
    • (31)
    • (8)
    • (2)
  • 31レビュー
著者 : 里見蘭
  • 新潮社 (2008年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103130116

彼女の知らない彼女の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人生においては総て自分が選択したことが結果となる。
    選択しない生き方が別な次元で展開しているという、わかったようでわからない設定。
    天才マラソンランナーの夏希が疲労骨折したことで、話しは始まる。ハッピーエンドだが、少し無理がある。

  • とっても軽い読み口。
    トレーニングはじまってから一気に引き込まれました。
    個人的には、極端に言っちゃえば
     前半★1.5~2 / 後半★4~4.5
    って感じかな。

  • パラレルワールド(もしもあのとき別の選択をしていたら、あったかもしれない世界)に移動して、マラソンを完走するという話。
    パラレルワールドという突拍子も無い設定にびっくりしたけど、後半はぐいぐい文章に引き込まれていった。

  • ★2.5

  • 突拍子もない調子がよすぎと言っては身も蓋もない。
    パラレルワールドなんだからと気楽に楽しめました。

  • 面白い!

  • パラレルワールドからやってきたもう一人の自分が名古屋マラソンに代理で出場する

  • とっても引き込まれる!
    選択肢がちがければそんな風にもなるのかなー、なんて妄想しちゃいました。

  • ライトノベルですね。

  • 〈内容〉パラレルワールドからやってきた男に、「君は、すごいんだ」って言われた。私には、気付いていない可能性があるんだってさ。金メダルが狙えるくらいの―だから、走ってくれないかって。「私」の影武者として、あっちの世界で。信じてみよう、この人の言葉を。素人だけど、走ってみる。42.195km。2016年、東京オリンピックを目指して。本気を出しもせずに、生きているつもりでいるのはもうやめた。並行世界の「私」のために、私自身のために―。第20回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。

全31件中 1 - 10件を表示

里見蘭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

彼女の知らない彼女を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

彼女の知らない彼女を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彼女の知らない彼女を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする