草祭

  • 821人登録
  • 3.73評価
    • (90)
    • (160)
    • (155)
    • (19)
    • (4)
  • 155レビュー
著者 : 恒川光太郎
  • 新潮社 (2008年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103130413

草祭の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美しい山奥…「美奥」と呼ばれる土地で次々に起こる不思議な現象。
    そこかしこで暗闇が息を潜めて囁き合う。
    昔からその土地にだけ残る言い伝えや、ふと感じる不思議な気配。
    そして時々出現する太鼓腹のおじさん…。
    気付かずに済む者もいるのに、偶然なのか必然なのか気付いてしまった彼ら…。
    ゾクゾクする連続短編集。
    全てを読み終えて感じる、太古から繋がる不思議な縁。
    こうやって「村」は出来ているんだな…。

    ちょっと怖い短編の中でも地域の守り神が出てきて酒盛りを始める「屋根猩猩」とクトキのために対局する「天化の宿」はとても好きな話。
    「仲良しのお酒」は呑んでみたい。

    気付いていないだけで、私の住んでいる土地にも似たような現象があるのかもしれない、とちょっとゾワゾワしてしまう物語だった。

  • 美奥という土地を舞台にした短編集。登場人物がリンクしているものもあり、そして大好きな恒川さん独特の叙情的な、寂寥感のある世界観。
    けものはら、屋根猩猩、が好きだなあ!
    恒川さんの作品を読みたい気持ちは強いのだけれど、読む本がなくなってしまうのが嫌で、少しずつ読んでいます。次は「南の子供が夜いくところ」を読もうと思います。

  • 「美奥」という地域に場所を限定し、オムニバス形式で
    そこに暮らす色んな人々の視点から物語が広がりを見せる。

    ある話ではチラッとしか名前が出てなかった人が、別の話では
    主人公になっていたり、とある話では相当な重要人物・キーパーソンで
    あったりするのに、また別の話ではほんの通行人Aのようにしか
    主人公が見ていないのも面白いです。

    読み進めていくうちに出会う、美奥で起こる不思議な現象……
    そしてその根本となった古えの出来事までが紐解かれ……
    一篇ずつでも大変面白く読めるし、全体を読み終えた時は、
    自分の中で「美奥」が実際にどこかに存在するような、立体感を
    持った世界として感じられる作品です。

    面白いといっても、ワクワクどきどきではありません。
    フラットな愛惜を感じさせる話です。
    幻想的で朧げな美しさがこの作家さんの魅力だと思います。

  • すごく良かった!

    「屋根猩猩」は、あまりにも入り込みすぎて、
    障子戸を開ける音まで聞こえたような気がしたし、
    「天化の宿」で出てくるクトキの「天化」のゲームは
    自分が盤を回しているように胸躍った。

    見たこともない異界のおはなしなのに、
    どうして、こんなに懐かしい風景なんだろう…
    ふしぎ。

  • 「夜市」「雷の季節の終わりに」「秋の牢獄」に続く、第四作品。

    今までで一番好きな世界観。
    一回読んでみてから、また読み返すとたくさんの発見がある。
    世界がクロスワードパズルのように、繋がっていて、不思議な世界。

    この作家さんの作品はどうして、読んでいると映像が脳内で再生されてしまうのだろう…。

    この作品は続編や外伝みたいなのがあってもいいのでは…(個人的には作ってほしいです。)

    恒川さんの本をデビューから、ずっと読み続けていて良かったなーと思いました。納得のいく内容だな、と思います。

  • 恒川光太郎4冊目の単行本。「美奥」という町を舞台にした5編の小説からなる構成となっている。「くさのゆめがたり」と「天化の宿」がすばらしい。ちなみに封建時代を舞台にした「くさゆめがたり」では初めて(第一作から順に読んできたのだが多分)性的なこと、暴力についてのある程度の具体的描写がある。とはいっても相当に控えめなものだが。
    そして「天化の宿」。傑作ではないだろうか。そこで描かれるゲーム「天化」の描写は目がくらむようにまばゆく鮮やかな表現である。恒川の文章世界に酔いしれた。ラストもいい。
    と思っていたのだが最後の「朝の朧町」を読んでさらにやられた。整合性、感情の動きの説明という点では足りないものもあるように私には思われたが、それを補ってあまりある文章の力、物語が伸びていく勢いという点ではさらに新しい領域に達したように思われる。最後の10章などはもうこれは詩である。すばらしい。

  • かげろう蜥蜴は特別に存在があやふやな領域に棲んでいたんだろうけど、考えてみれば今世に在るものも、みな多かれ少なけれあやふやなバランスに在るものなんじゃないかと思うよ。

  • 【再読】美奥という少し懐かしいような土地の物語を描いた短編集。

    装丁の美しさが圧倒的。
    オレンジと紫のコントラストが美しいし手触りもいいし、カバーを外しても紺に銀刷りのタイトルがシンプルイズベスト。
    中身も幻想的で美しく、美しさだけでない不気味さもあり、それでいて重苦しい内容から軽い語り口のものあって翻弄される感じがいい。
    「屋根猩猩」と「天化の宿」がお気に入り。

  •  恒川さんらしい幻想的な連作品です。
     読後、何とも不思議な気持ちになります。美しく優しいようでいて、淡々として残酷。不思議なところです、「美奥」。

  • 恒川さんが描く物語は、日本の昔話のようにどこか懐かしく、何とも言えない安心感がクセになる。
    異界の入り口“美奥”を舞台としたこの5篇も、恐怖と再生が表裏一体となって美しかった。
    ある日突然屋根神さんに任命(?)されると、地域住民の世話を焼かずにいられなくなる「屋根猩猩」がおもしろい。こんな守り神がいたら、お年寄りがオレオレ詐欺の被害に会わずに済むのかも…。だけど、自分がその町に住むとしたら微妙だなぁ。

全155件中 1 - 10件を表示

恒川光太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
貴志 祐介
森見 登美彦
有川 浩
森見 登美彦
桜庭 一樹
伊坂 幸太郎
冲方 丁
有川 浩
有川 浩
森見 登美彦
道尾 秀介
恒川 光太郎
恒川 光太郎
宮部 みゆき
有川 浩
貴志 祐介
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

草祭を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

草祭の文庫

ツイートする