長女たち

  • 563人登録
  • 3.77評価
    • (40)
    • (104)
    • (72)
    • (7)
    • (2)
  • 106レビュー
著者 : 篠田節子
  • 新潮社 (2014年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103133636

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
真梨 幸子
吉田 修一
奥田 英朗
西 加奈子
山本 文緒
角田 光代
吉田 修一
東野 圭吾
辻村 深月
三浦 しをん
横山 秀夫
角田 光代
湊 かなえ
朝井 リョウ
長岡 弘樹
辻村 深月
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

長女たちの感想・レビュー・書評

  • 読み終わって、鳥肌が立っていた。

    だからと言って、長女に依存する親たちのこの物語が
    特殊なケースだとは思わない。

    年をとって、自分でできなくなり
    命まで自信がなくなってきたら、
    藁をもつかむ思いで、
    私だって何を言い出すか…自信がない。

    その相手が娘であって、娘が独身の長女であるから
    遠慮なく双方から言葉が打ち下ろされるんだと思う。

    『ミッション』の死生観。超高齢化社会に突き進む私たちの国。
    こうあるべきという形は陰と陽に滲みながらぼんやり分かれる。

    どこにも正解のない問題。
    物語を読んで、1日でも多く介護と真っ直ぐ向き合うために必要なものなんて、
    何もないんだと思い知った。

    何をすればいいかわからない時は、
    とにかく体力をつけておこう。

    仕事が多忙の時に読んだので…介護する長女たちに
    「そんな仕事、ちょろいじゃないの。」
    と鼻で笑われた一冊です。

  • <人生のピークを下ろうとしている「長女たち」3題>

    「家守娘」、「ミッション」、「ファーストレディ」の中編3編を収める。
    いずれも軽くない。

    「家守娘」は、レビー小体型認知症を発症した老母と暮らす40代の「出戻り娘」、直子の物語。5歳年下の妹は、資産家の息子と結婚して家を出ている。
    「ミッション」の主人公、頼子は、一度社会人になったものの、母ががんで闘病後に死亡したのをきっかけに、医学部に入り直して医師となる。さらには、アジア奥地の医療施設に身を投じていた恩師が客死したのに突き動かされるように、同じ地で働くことを志す。46歳。結婚して家庭を構える兄がいる。
    「ファーストレディ」の慧子は、開業医で地元の名士である父のファーストレディ役を務めている。家に引きこもりがちの母は、あるときから甘いものに極度に依存し始め、重い糖尿病に罹りつつも甘味を断つことができない。慧子は30代半ば。弟は国際結婚し、子供も設けている。

    主人公が長女で独身であるという以外、少しずつ毛色が違うので、いささか括りにくいが、それなりの年となり、しがらみもある中で暮らしている女たちの物語といえようか。
    もう1つ、共通点を挙げれば、いずれの物語も医療が一つのキーポイントになっている。
    「家守娘」・「ファーストレディ」の場合は、親自身が病気である。認知症・糖尿病は、いずれも患者が多い疾患であり、高齢化や栄養状態のよさが背景にある、現代ならではの病気とも言える。
    「ミッション」の頼子の両親はすでに亡くなっているが、頼子自身が医師であり、医療スタッフとして、外国に赴いている。

    全般に、日常に忍び込む、冷ややかな恐怖がうまく取り入れられていると思う。著者のベースはホラー作家なのではないか、と端々に感じさせる。「家守娘」に描かれる、知らぬうちに近づき、親しげに入り込んでいる”狂気”。「ミッション」のシャーマンに誘発され、頼子が見る幻想。「ファーストレディ」のそれぞれの思惑の方向性のずれ。
    怖い話なのだけれども読ませてしまう、という著者の力量にも感じ入る。

    「家守娘」も「ファーストレディ」も、家族の物語である。どちらの主人公も母を重いと思いつつも、「え、そこまでするのか」と思うほど母に尽くす。このあたりは、読者自身の母との関係で、読み方・捉え方もさまざまな部分なのだろうが、私には少し行きすぎに見えた。一卵性母娘的な関係に共感する人と違和感を覚える人に分かれそうな設定ではある。

    作品群中で個人的に一番印象的だったのは、「ミッション」である。
    これはある意味、現代医学と民間療法のせめぎ合いの話なのだが、個々の患者が生きる上での「物語性」というものについても考えさせられる。健康に悪い食事をとり続けたために生活習慣病になって死んだと言われるよりも、誰々の霊に導かれて安らかにあの世に旅立ったと言われる方が、納得できる人がいるのだとしたら、他人がそれを否定することに何の意味があるのか。
    例えば、5年後に死亡する確率を数値で語られるより、死ぬ直前まで懸命に働き、ぱたりと死ぬ方が悪いとなぜ言えるのか。例えば、精霊を呼ぶ儀式よりも、病院でチューブにつながれている状態の方がよいとなぜ言えるのか。
    それは死生観にもつながり、また現代医療が抱える問題を抉り出すようでもある。
    主人公の頼子が、民間療法が提示する「別の視点」を受け入れないのも、なかなか象徴的である。
    現代医療が必ずしも患者の思いに添うものではないという点は、他の2作にも共通する部分がある。

    3編、いずれも軽くない。そしていずれも割り切れない。
    巧者の手による物語であるから、いずれも結末に幾分かの爽快感はある。そうではありながら、なお、先行きの不安も、不透明さも、やりきれなさも、ぬぐいき... 続きを読む

  • 「家守娘」「ファーストレディ」つくづく母の重さに気が滅入ってしまった。
    とくに「家守娘」のように、周りの協力が得られず一人での介護を余儀なくされるケースはリアリティがあって、実話なのではないかと思ってしまったほど。
    これだけ母親に振り回されながらも、母親の病気によって難を逃れたり、一線を越えようとした相手の正体を見抜き親密になることを間一髪回避したり、宗教に入れ込んだところを連れ戻したのが母親だったり・・・
    100%の悪意ではなく、ほんの少しだけれど『母親』の部分を垣間みることができ、こうした描写が上手いなぁと思わせられた。

    「ミッション」はラストの方向性が想定外のものだったため、裏切られた。
    オカルトっぽい要素もあり、読みながら背筋がゾクゾクした。
    価値観が違うということは、こんなにも相容れないものなのだとよく分かった。

  • 中編三篇。

    ①姉妹。認知症母と長女の二人暮らし。
    ②長女感はやや低め。途上国の医療について。
    ③姉弟。糖尿母に腎臓をねだられた長女。

    うへぇ。あるある過ぎて辛い。

    家そのものがしがらみに思えない。けど割りきれない血の繋がりがホント厄介。ほどよい距離、お付き合いの仕方はあるはずなので、長女に限らず搾取子さんニゲテーって感じ。

  • 家に縛られ、親のいいように使われる長女の苦悩が描かれた三編。
    いずれも病気関連の話で、病人をケアするのはもちろん長女である。
    長女を自分の所有物のように扱い、厄介事をすべて押しつけ、それが当たり前と思う母。
    他の家族とは明らかに違う、母の自分への待遇に不満を募らせるも、
    その重い責任感から、見捨てることができない長女。
    家庭内という閉じられた空間で、ストレスの捌け口も無く、
    先の見えない看護(介護)の不安で我慢が限界を超えたとき、
    彼女が下した決断を責めることはできない。

    人生の断崖に追いつめられた者の苦しみが、切々と胸に迫りくる。
    冴え渡る筆致。さすがは篠田さん。
    最後の話で、家族から逃げると決めた主人公に安堵するとともに、
    カタルシスを感じた私は、やはり長女です。

  • 一時帰国中、図書館に予約して読むことができた本。
    「家守娘」、「ミッション」、「ファーストレディ」の3編。
    私自身、長女ということもあり、身につまされることも・・・

  • 他人事じゃない。弟妹いるけど、やっぱり介護となると
    私がやるしかないのかなぁと考えてる自分がいる。
    (こんな風に考えるのも長女のサガ?)。
    私の場合は老いた親が4人(実父母と義父母)。
    義父母に関しては、あちらの娘がしてくれる?
    ・・・そうだといいけど。すごく不安。

    薬や医療で長生きさせることが本当に幸せなこと
    なのかなぁと考えてしまいます。
    私は器としての自分の身体がダメになれば自分の役割が
    終わったということで、周囲に迷惑かけないように
    生を終わらせたい。
    だって自分の介護のために、娘や息子の時間や人生を
    拘束してしまうのは親子でも心苦しいもん。

  • 現実に起こっている問題を扱い、お話としてもうまくまとまっている3編。特に認知症は、他人事と思えない人が多いのじゃないか。医療、介護、結婚… 誰にもふりかかる可能性のある問題ではある。しかし現代日本では、女性が悩まされるケースが圧倒的に多いと思う。特に、未婚のまま30代から40代にさしかかるときの不安定感がこの小説には表現されている。「誰かの妻」でなければ「誰かの娘」。そういう形でしか居場所を保てない、未だに家父長制をひきずる社会が見える。「ミッション」はメインテーマが少しずれるが、人類学的に興味深い。

  • ( ;´Д`)こ、怖いわ…リアリティあり過ぎて…こんなふうになりたくない、と心から思わせる一冊。どれもこれもが恐ろしい…。

  • 短編が3つ、互いに関わりはない。

    最初は、認知症の母親を抱えて生活を奪われていく長女。愚かであったはずの次女との対比が痛々しい。損なわれ歪み憎しみながらも確かに在る親子愛が救い。

    二編め、医業に自らの生の意義を見いだした女性が、その灯火を見せてくれた先人の遺志を継ごうとネパールの貧村に赴く。そこで、自分の信じてきたそれとは全く違う死生観をつきつけられる。

    最終話、信頼される開業医である父を支えながら、糖尿病の母を介護する女性。どうしても自らの健康をかえりみようとしない母の心中が彼女にだけは見えてしまう。

    この本が迷わず手に取られるのは、「長女たち」というタイトルそのものが 女性に対する期待や価値観が時代とともに変化することにより生じたギャップを雄弁に語っているからであろう。
    こうあるべきと信じて歩んできた道が、たいして理解されず、評価もされず、気づくとひとりぼっちの母親達の絶望感。 無意識にひずみを埋めることを期待され、 母の孤独も そのように期待されていることも理解できてしまう長女の悲劇。
    自立とは、単に自分の食い扶持を自分でなんとかできる、ってことではないのですね。
    親には読ませられない、
    が、同時に、老いては子に従えと肝に銘ずるのだった。

  • 親の介護。
    後数十年したら現実的になる言葉がリアルにのしかかる。
    うちは兄弟の中で唯一の女だからもっと切実に感じた。

    母親って娘に甘えて何言ってもいいと勘違いしている節がある。明らかに男兄弟とは対応が違う。それはとても良く感じる。

    じゃあ後に私達もこんな関係になってしまうのかと思うと背筋が凍った。他人の家に放火する痴呆老人も全くいうことをきかない重度の糖尿病患者も、面倒見る自信がないですよ。

    下手なホラー見るよりもよっぽど怖かった。

  • 面白かった!
    自分も長女だからか、自分のこととして感じてしまうところもあったかな…
    近代の医療行為を介入させることにより延命は、色々なレベルで(例えば、癌)見解が別れるだろうなと考えさせられた。
    何が幸せかは、本人が決めること。

  • 篠田節子さんという作家を全く知らず、図書館返却本を借りる。表題作「長女たち」含む中編3編、周りから仲良し姉妹とも見られた母の痴呆のせいで、同僚の恋人と別れ、仕事も辞めた直美。以前嫁いだ家には娘がいるが大きくなるにつれ行き来が途絶え、出来の悪かった妹は自分の見合い相手とデキ婚で良家に収まり、痴呆介護に疲れた直美にもっと母を大事にしろと意見する始末。痴呆診察で診察を嫌がる母に手こずっている場面で、知り合った男と付き合いが始まると…。リアルな姉妹の葛藤・実母介護のやるせなさ・苦悩を見事に描く。

  • 篠原節子の新作。何かの雑誌で見て借りたやつ。ずっと桐野夏生だと思って読んでた。どおりで毒が少ないと思った。3つの短編集。私も長女なので、非常に気持ちは分かるというか。でも最後のお母さんに腎臓をあげようと思うとか、ここまで一体化するだろうか。正直、うちの親が糖尿病になったって知ったこっちゃない。最初の認知症の話も恐ろしい。ほんとその前にぽっくり逝ってほしい。そう思うと、2話目の秘境の地では突然死が良しとされる、というのには納得いく。そんな場所ではやっぱり医療なんて求められてないのかもしれない。生きながらえることが良しとされるなんて、一昔前の考えだろう。こないだも安楽死を選んだ人がニュースになってたけど、そんなのがニュースにならなくてすむような時代も来るのだろうか。

  • 痛ったい!
    ああどの話も、突き刺さってくる。
    でも読んでしまう。

    母親の娘との一体感というか、繋がってる感とか。
    なんで、長女なんだろ。
    なんで次女でなく、長女。
    長女の連鎖ってあるのか、な。
    たぶんあるよね。
    それはどこかでたちきれないのだろうか?

    真ん中の話。
    現代医療が本当に人類を幸福にしたのか?
    治療ってなんなんだろ。
    延命して、そこに魂は存在するのかな?

  • 親の介護の話。めっちゃ身につまされる。
    ヘルパーさんを拒否する母親、お前が嫁に行ったら俺はどうなるんだとのたまう父親、追い詰められて殺意を抱く娘・・・ほとんどホラーです。
    ヒマラヤの麓の村の人々の老いと医療の話にはちょっと考えさせられるものがあった。

  • ひさびさに篠田さんの本が読みたい気分になったので、手に取った。
    3つのお話に分かれている。
    長女たちというタイトルから、長女の性質みたいなものかな?と想像して読み始める。私も長女だから。
    しかし、主体は老いて行く母親であった。
    母親の介護問題、痴呆、過食など、親子関係に人生を振り回される話だ。
    私は母親が早くに死んでいるので、母との関係では振り回される事は無い。
    ちょうど私の友達も母親の事で大変な状況で、読んでいて他人事ではない気がした。

    篠田さんのインド方面の田舎の話は得体の知れない恐ろしさ。
    治療や延命による家族の不幸、村の衰退…

    どんな状態でも長生きすることが果たして真の幸福なのか。
    それぞれに、医療について考えさせられる内容だった。

  • 本書を手に取った人は圧倒的に長女が多いのではなかろうか。そういう私も母に『お姉ちゃん』と呼ばれる長女。
    「家守娘」は重なるところもあり、あの閉塞感が読んでいて辛かった。
    既に年老いた自分の母は『娘が居て本当に良かった』といつもいつも人に話している。そういう事なんだろうな。そしてそれを聞く自分は呪縛とも感じつつ、やはり妹とは違う責任感を背負っている。
    それを見事に描いてくださっていると、身につまされる思いで読んだ。

    『忙しいの過労死するのと大騒ぎしたところで、自宅で不愉快な年寄りに二十四時間付き添うのに比べれば、会社の仕事など遊んでいるようなものだ。会社は天国、とつぶやいていた。 〜本書より』
    わかり過ぎて泣きそうだった。

    「ミッション」は、長女のお話ではあるけれど、違う切り口でも小説として成り立つのではないかな。
    世界には、人生の終わり方に根本的に異なる思想を持っている民族もあると、改めて考えた。

  • 血の繋がり、女と女である母と娘。色々あるなあ。

  • 2017/5/3
    私も長女でしかも母は87才と高齢者
    幸いに、今は施設に入居できたが、去年の秋までは実家に私の弟と住んでいて、もう寝たきりに近い状態だったけど、この頃は安らかな生活を送ることができてホッとしている
    母と娘の関係もなかなか難しいものがあり、私と娘も仲が良いとはいえ、娘は嫁いだ身であり、頼れるといえどもそう簡単な話でなく、数年後には
    自分はどうなるんだろうと考えると答えは出せないなと思う

  • そういうあたしも長女だよ。
    『家守娘』がありそうな気がした。親の期待を裏切れない長女ならではの行動に思える。親子だからって遠慮しなくてもいいような、うん、あたしは遠慮せず我を通そう。そうしないと、自分がおかしくなってしまうよ。自分の人生だもの親のために犠牲にすることはない。親にしてあげるのは、自分のできる範囲のことでいいのではないだろうか?
    『ミッション』他人のために良かれと思ってしていることでも、ありがた迷惑ってことは大いにあるのかもしれない。かといって、相手から「迷惑なんです」なんて言われることはないだろうしなぁ。難しい問題。自己満足だけではいけないとういことね。
    『ファーストレディ』父親との関係は良好だから、そちらに重心を置けばいいんじゃないだろうか。母親のために移植を…無理だぁ。そういうあたしは冷酷なのか? いやいや、そんなことはないと思うよ。自分が移植してもらう立場だったとしても断るもん。

  • 【家守娘】20年後63歳になっている、そして母は92歳、間違いなく生きている。女の人生に必ずしも男は必要ないが、食べていく手段は必要だ、一人の人間としての誇りを持ち続けるためにも20年の契約期間が経過した後、この土地が収入を生み続けるか否かは分からない、しかし自分の手で生活費を稼ぎだす事が出来れば、少なくとも母亡き後にやってくるであろう、女一人野垂れ死に、と言うシナリオは消える。

  • 2016/12/5

    913.6||シノ (3階日本の小説類)

    親が老いたとき。頼りされるのはもはや嫁でも長男でもない。無責任な次女、他人事の兄弟…追いつめられた長女の行く末は… 親の呪縛から逃れられないのか…?
    親の変容と介護に振り回される女たちの苦悩と、失わない希望。
    貴女も他人事ではいられない!!

  • 自分も長女なので他人事と思えず。同時に自分の子どもにこんな思いをさせないようにと強く思った。ミッションに出てくる異国の価値観がとても説得力があって考えさせられました。

  • 長女と母。身につまされるわ~

全106件中 1 - 25件を表示

長女たちに関連するまとめ

長女たちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

長女たちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

長女たちを本棚に「積読」で登録しているひと

長女たちの作品紹介

痴呆が始まった母のせいで恋人と別れ、仕事も辞めた直美。父を孤独死させた悔恨から抜け出せない頼子。糖尿病の母に腎臓を差し出すべきか悩む慧子……当てにするための長女と、慈しむための他の兄妹。それでも長女は、親の呪縛から逃れられない。親の変容と介護に振り回される女たちの苦悩と、失われない希望を描く連作小説。

ツイートする