遠くの声に耳を澄ませて

  • 424人登録
  • 3.40評価
    • (19)
    • (62)
    • (91)
    • (21)
    • (1)
  • 83レビュー
著者 : 宮下奈都
  • 新潮社 (2009年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103139614

遠くの声に耳を澄ませての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「旅」を絡ませた短編集。12編の物語が綴られている。私は「アンデスのの声」が好きだ。高齢の主人公の祖父母が話していた「キト」という街が、祖父母にとっての空想の街であると思い込んでいたが、実は実際に存在した街。祖父母は実際の旅行をすることはなかったが、ラジオから聞こえてくるエクアドルの放送とそこから送られてくるベリカード。これにより祖父母は豊かな「旅」を経験していた。また祖父母がカードのために受信確認の便りをエクアドルに送っていたという驚きもある。
    私は初めて「ベリカード」という者があることを知った。なかなか凝った内容だ。
    この作品集は「旅」のいろいろな形と「物語」を教えてくれる。

  • 遠くの風景が思い描かれる短編集。
    登場人物が少しずつ重なって、あのお話しに出ていたあの人だ、なんて面白さもあった。
    情緒的な作品の数々だった。
    “ミルクティー”の中から、コーヒーは、さあやるぞっていうこれからの飲み物、紅茶はゆっくり振り返る飲み物。なんか納得。

  • こういうリアルだけど少し希望もあるような小さな作品集って読んでいて良いね(((^-^)))
    特に登場人物たちが少しずつ繋がっているのが好き。
    その人の人生に広がりが見えるから、なおさら本が面白くなる!

  • 2017年1月7日

  • 短編集。
    各編,最後の一言にぐっとくる。

  • 2016/6/16読了
    爽やかな短編集

  • 普通に頷ける本。
    主人公の考えや気持ちに、なんとなくそうかなぁ、と思ってみたり。
    イマドキの日本語という感じで読みやすいけど、力がこもった感じはない。
    結末も、え?ここで終わるの?というオチがはっきりしなかったり。
    作者は、結果に重きを置かずに、心の変化を書きたかったのかもしれない。

  • 1話完結だけど、繋がっている話。
    この登場人物は先の話に出てきた人だ!と、
    繋がりが面白い小説でした。

  • どの登場人物も、何かの壁にぶつかっている。
    でも、何かの拍子に、何かに気づく。
    遠くから聞こえてくる声に。
    そして、前へと進んでいく。

    起伏はないけど、しみじみと「ああ、なんかよかったな」と思える読後感。悪くない。

  • 登場人物が何度も現れる作品。
    タイトルと内容が、読み終わって納得。
    また読み直したい、というより、純粋なものが語られている感じ?
    静かな時間を過ごせた。

全83件中 1 - 10件を表示

宮下奈都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

遠くの声に耳を澄ませてに関連する談話室の質問

遠くの声に耳を澄ませてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

遠くの声に耳を澄ませてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

遠くの声に耳を澄ませての文庫

ツイートする