原発依存の精神構造―日本人はなぜ原子力が「好き」なのか

  • 67人登録
  • 3.87評価
    • (2)
    • (9)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 斎藤環
  • 新潮社 (2012年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103140528

原発依存の精神構造―日本人はなぜ原子力が「好き」なのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • はずかしながら,"原発"に不感症なじぶんがどうしてそうなのか知りたくて,読んでみた.原発に不感症というのは無関心ということではなくて,反原発・脱原発の主張もわかるし,原発推進派の主張も否定できない,何を信じればいいのかわからない状態.行動原理を支える精神の部分が混乱している状態.できることは,理解しようとすること,かなと.

  • 抹消された象徴としての「フクシマ」は、換喩によって鎮静される。でも、具体的には?

  • なぜ原発がダメなのか、なぜ倫理に反していると思うか、を精神科医の立場から述べた本。

    この本で言っているのは原子力、原発は「象徴化」しないことが大事ということ。
    「希望」と「恐怖」という決定不能な「両価性(アンヴィヴァレンス)」が、原子力に「享楽性」を与える。しかも、個人の享楽ではなく、集団的な享楽。。。そして集団的な享楽は個人の欲望の譲歩を強いる。

    象徴として現実世界から引き離したりせず、集団的享楽に惑わされず、個人レベルで原発が引き起こしている問題を見つめて、そして、その問題に私もどうやって携わるのか?というところまで読者の意識を持っていく力がある本。

    ちなみに、著者は、文筆家として、アーティストとして、揶揄化し続けるという闘い方をするそうです。

全4件中 1 - 4件を表示

斎藤環の作品

原発依存の精神構造―日本人はなぜ原子力が「好き」なのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

原発依存の精神構造―日本人はなぜ原子力が「好き」なのかを本棚に「積読」で登録しているひと

原発依存の精神構造―日本人はなぜ原子力が「好き」なのかの作品紹介

こころに刻まれた"トラウマ"、日本人の心に潜む奇妙な共依存関係の正体。精神科医による、まったく新しい脱原発論。

原発依存の精神構造―日本人はなぜ原子力が「好き」なのかのKindle版

ツイートする