モナドの領域

  • 502人登録
  • 3.30評価
    • (15)
    • (39)
    • (77)
    • (16)
    • (4)
  • 81レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 新潮社 (2015年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103145325

モナドの領域の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりに筒井康隆の本を読みました。

    この本は筒井作品によくあるエロ・グロ・ナンセンスはなくある意味淡々と物語は進んでいく。

    それでもやっぱり筒井康隆だなあ、と思わせる作品で最後まで筒井ワールドを堪能しながら読めました。

  • 面白く読んだが、読後の感想は「それで?」だった。GODの存在は納得できたが、手足の件はよくわからず、世界の綻びを繕う方法論が理解不能だった。結局何のために出てきたのか?なぜあんなまだるっこしい手順を踏んだのか?
    小説世界から現実世界への呼び掛けの部分だけがちょっと興味を惹かれた。
    一言で言えば、残念ながらかなりの期待はずれではあった。

  • 最初、腕のくだりは読んでいてその次の展開はどんなだろうとわくわくしましたが、読み進めるうちにミステリー要素が薄れ最後は結局SFに落ち着いた様な感じを受けました。

  • 人生で少なくない影響を勝手に受けた筒井康隆さんの長編を数年振りに、しかも最後になるかもしれない最近作の長編を読んだ。まだ読んでいない長編もあるのに。きっと、ふいにドンドンはドンドコの父であることを思い出したからだ。

    さて、
    久々でも内容はとても筆者らしい。ミステリーの体裁から始まる話は、そのうち深いテーマを語り出す。難しい箇所もあるのに読みやすい。自分が文体に慣れ親しんでいるからかな、と思いながら読んでいたけれど、この筆者のことだから構成含めて色んなバランスを計算して書いているから、なのだろう。とにかく貪るように読んでいた頃、断筆宣言以前の作品と比べると、さらに練られた、ソリッドで簡潔な構成に感じた。「時をかける少女」も含め過去作を思いださせるサービスもあり、最後の長編であることを意識させるが、個人的には、それや本の帯文も含めてのパラフィクションだと解釈させてもらおう。こりゃまだ次があるぞ、いひひひひ。

    でもまずは、サボっていてまだ読みきれていないここ10年くらいの著書を読まないと。

  • ★小説を超えた何かなのかメタ小説なのか★著者の思いと博覧強記を詰め込んだものなのだろうが、物語として読むにはやや厳しい。導入部は引き込まれても、途中から演説になってしまう。さらにその中身も分かるようで分からない。世界はすでに決まっている、だから? それをコントロールするのは小説の書き手? 

    2次元の存在が3次元を描けないように、被造物の言葉では創造主を描けないというのは、何となく納得して今う。パンで作る手の肉感は素晴らしい。

  • お勧め度:☆4個(満点10個)。読み終えて何か騙されたような気になってしまった。最初から河原で片腕が発見されたという衝撃的な展開にワクワクしながら読み進めていくと、それを象ったパンが作られたベーカリーが絡んできたりで、なかなか面白い展開だと思ったら・・・。
    後半全く訳がわからなくなった。GOD(神)と呼ばせる美大教授やら、彼を信俸する取り巻き。公園での大騒ぎ、TV出演での哲学論争。まことに意味不明な叙述が続き、何か読みながら飽きてしまった。もう少しミステリー的な展開が欲しい。SFぽくまとめたみたいだけど、私にはちょっと合わなかった。

  • 著者が神みたいなものの名の下に自らの哲学を語ってる本という印象。読み終わって哲学の話はさておいても色々とわからないことが多い。思ったのと違ってた。

  • 著者描く、神に近い(正確には神ではないらしい)GODの語りが興味深い。
    実際こんな存在が登場したら、本当に質問攻めだろうなぁ。
    ジャン・フランソワ・リオタールとか、知らない哲学者の説も引用してあって勉強になりました。
    最初はミステリーっぽい出だしで、最後はSF的なオチという感じ。嫌な暗さがないのがいい。
    一気に読みました。

  • 最初の1/5までは陳腐なミステリー小説と思いきや、宇宙意識が憑依、次元の違いなど、目まぐるしく変化する筒井小説。そして、この本の命題の回答の全てが190ページに掻かれているという荒技。
    どうせ、我々の人生なんか、高次元の小説家のなんでしょう。落書きれたり、消しゴムで消されたり、ややこしいことをさせられたり、気まぐれで小説から退場させられたり、本を燃やされるかもしれないね。
    いやあ、小説家は神、Godですよ。
    でも、これって最高傑作かなぁ?まだまだ面白いもの書けるんじゃないですか?先生、その点宜しくお願い致します。私は、先生についていきますよ!

  • 読んでる間だけなんとなく頭が良くなったような気がして。読後なーんにも理解していない爽快さ。神の領域。

全81件中 1 - 10件を表示

筒井康隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

モナドの領域を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モナドの領域の作品紹介

著者自ら「わが最高傑作にして、おそらくは最後の長篇」と宣言する究極の小説、ついに刊行! 河川敷で発見された片腕はバラバラ事件の発端と思われた。美貌の警部、不穏なベーカリー、老教授の奇矯な振舞い、錯綜する捜査……。だが、事件はあらゆる予見を越え、やがてGODが人類と世界の秘密を語り始める――。巨匠が小説的技倆と哲学的思索の全てを注ぎ込んだ超弩級小説。

モナドの領域のKindle版

ツイートする