すべて僕に任せてください―東工大モーレツ天才助教授の悲劇

  • 125人登録
  • 3.64評価
    • (3)
    • (23)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 今野浩
  • 新潮社 (2009年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103147619

すべて僕に任せてください―東工大モーレツ天才助教授の悲劇の感想・レビュー・書評

  •  この本は2つの視点からタイムリーな作品と言える。1つは不況の悪役としてやり玉に挙げられている金融工学黎明期に活躍した研究者の物語として、もう1つはポスドク(博士号取得後に永続的な研究職に就けない人)問題の背景にある大学院重点化や研究者の実態を一般に知らせる広告として、である。

     本書は某国立大学の教授であった著者の視点で、自らが助手(現在は助教)として採用した一人の研究者、白川浩氏の半生を、工学分野における金融工学の発展とあわせて描いている。
     歴史に名を残すような研究をしたいという野望を思い描いても、そのような研究をするためには5年10年の単位で時間がいる。しかし、研究職を得るためには業績が必要で、業績とは論文数を意味するので、完璧に満足できるテーマではなくともとにかく形にして発表しなければならない。一方で研究をするための時間は、学生の指導や大学職員としての雑務により削られる。だが、これだって職があるだけまだましで、ポスドクは短い任期の研究職を転々としなければならない。

     白川浩氏は、世界のリーダーとなれる器を持ちながら、他の研究者から雑務を押しつけられたり、政治的な人間関係に関わったりして、その才能と寿命を摩耗させていったらしい。後半になればなるほど、白川氏への同情と哀惜、自らの後悔に埋め尽くされていく。そういった点から見ると、これは理工系大学の研究者の実態を描くという以上に、白川氏を追悼する作品なのだろう。

  • 題名から,東工大の助教授が仕事の引き受け過ぎで過労死をした話を想像したが,そうではなかった.
    自分の部下だった人の人事を巡る話題を中心に大学の内輪話がかなり露骨に書いてある.私でも名前を知っている有名教授たちの名前が出てきて,エピソードを提供している.著者が退職が間近で責任がなくなって書けた部分も多くあるのではとないか想像する.それにしてもp.96以降に書いてある工学部の教授たちというのは雑務の量が半端ではない.残業手当もなしに年3000時間働けないと教授になれないのか.年3500時間働く人もめずらしくないというが,過労死しても残業をしていたことにはならず,かってに研究をしていたことになって労災認定はされないんだろうな.すごい世界だ.

  • 白川さんの常人を越えたモーレツぶり、損得を越えたステージにいるのでしょうか?凡人にはわからないど…私は、キョーレツにはまり、一気読みしました!

  • 大学・大学院のどろどろとしたことが実名で書かれている。大学・大学院の先生の大変さは社蓄を上回る。
    「これからは、1800時間以上は働かないようにして下さい」 3500時間働いているモーレツ教授は憤慨した。「1800時間?! 何を寝ぼけたことを言っているんだ。そんなことをしていたらMITに勝てない!」
    なかなか論文が増えない白川さんに「君、まさかジャーナル・オブ・ファイナンスとか、エコノメトリカなんかに出したんじゃないでしょうね!」
    IBM東京基礎研究所に勤める二宮祥一氏の招聘にさいして「おかしな奴が連れてきたからといって、おかしな奴とは限らない」
    企業との共同研究なのに「あなたたちのように、規制で保護されてきた人とお話ししても、時間が無駄になるだけです」
    「このとき文部省は、一橋大と京大を東西の金融工学の中心と位置づけ、一橋に対して近い将来、東工大の『理財工学研究センター』と合併するようアドバイスしたようである。」
    「50歳までは無理だということは、自分でもわかっていたはずですよ。それを知っていて、生きている間はトコトンやろうと思ったんですよ。そういう奴です」
    「日本の確率論は、戦後一貫して世界のトップを走ってきた。そして白川が尊敬する楠岡成雄氏は、大御所伊藤清教授の薫陶を受けたチャンピオンである。つまり確率論の世界的権威なのだ」
    「済みませんが、もう少しわかり易く抽象的に説明して頂けませんか」 (東大工学部を代表する数理工学者森口繁一教授が、ある工学上の問題について東大数学科の看板教授吉田耕作氏に相談を持ちかけたときの吉田教授)
    「実務家の関心は研究結果とその実効性だけで、途中の細かい話はどうでもよい。一方、大学の研究者たちの関心事は「細部」である。専門誌に発表される100編の論文のうち95編は、誰かがやった研究の細部を変更して、”新しい”と称する結果を導いたものである」
    いろいろと裏話が聞けておもしろい。「天才は才能を浪費する」んですね。

  • 著者(今野 浩)と、東工大モーレツ天才助教授(白川 浩)のお話です。

  • 東工大の内幕。教授同士の確執などまで書かれている。ご本人の悲劇の話と思ったら亡くなった方についての話でした。

  • ここまで書いてよいのだろうかという印象を受けるくらい、赤裸々に様々なことが書いてあります。著者の今野先生と「東工大モーレツ天才助教授」の故白川先生の授業を受けたことがあるので、とてもリアルに感じました。

  • 実名で書かれているから,その分野,さらには周辺の人には微妙であろう。

    研究者がみんなこんなに働くわけではない。

  • 面白かった。
    でも誰向けに書かれたものか、結局何が言いたいのか、は分からなかった。

  • 2010 3/28読了。研究室に置いてあった。
    若くして亡くなった天才研究者の半生とともに、東工大をメインに大学・研究者の実態を描いた本。
    日頃、先生たちのパワーバランスなど気にすることもなくのほほんと日々を過ごしている大学院生である自分には遠い世界のようにも思えるが、そろそろそうも言ってられなくなるのかなあ・・・。

    白川先生の研究論文に対する態度には敬意を表するが、自分は今野先生タイプの方が好きだ、という気もする。
    結局、量られるのは論文数、っていう。
    そういう意味では激励にもなる本であったが、読んでいる時間で研究(ry

  • 東京工業大学に、ある一人の金融工学の天才がいたらしく、その人についての話である。
    教授同士の権力争い、大学同士の権力争いなどが実名で生々しく描写されており、非常に面白い。

    金融工学を専攻する学生も読むべきだと思うが、それ以外の大学院進学希望者も一度は読むべき、研究室ライフストーリーだと思われる。

  • 金融工学に一生を捧げた、奇人・白川助教授の物語。

    本筋自体も一気に読んでしまうくらいのだが、ところどころで明かされる、工学部教授だからこそ知っている理系大学の実態や内部事情がとても興味深い。

    ・東大と東工大の研究室の違い
    ・数学界の序列
    ・金融工学に対する経済学者やエンジニアの批判
    ・本(教科書)が売れない理由
    ・研究が学生の協力で成り立っていること
    ・名誉教授という肩書き

    ・・・などなど、大学に2年通ってもまったく知らなかったことがたくさん書かれており、これだけでも読む価値があったと思う。

    東大と東工大の違いの1つ
    『文系教官の中には、東工大は相撲部屋に似ているという人もいるが、私は「ラグビー部」の方があたっていると思う。その理由は、相撲と違ってラグビーが団体競技であること(工学部ではチームプレイが重要な役割を果たす)、前後半各40分の長丁場であるラグビーは、周到かつ臨機応変の作戦が必要なこと、ラグビーにはしごきがあってもイジメはないことなどである。
    この大学では、学生は4年生になると研究室に自分の机を与えられ、1年かけて卒業論文を書く。このとき実際に指導をするのは、教授の指示を受けた助手と、4年生を取囲む大学院生である。
    東大の工学部はこれとはかなり雰囲気が異なる。私が所属した学科では、学部生の机は与えられなかった。彼らが勉強する場所は図書館か自宅である。したがってたまに大学院生に相談することはあっても、同じ部屋で毎日朝10時から夜中まで一緒に過ごすようなことはないのである。(P53)』


  •  あまり好きではない東工大でのお話・・・

     同じ大学人として背景や様々な人間関係が
     よくわかる分、S助教授が近くにいると想定
     すると、めちゃめちゃ仲良くなるか、口も
     聞かないかのどちらかのような気がする。
     
     生き急げるだけの能力のある人は羨ましい
     と思うところもあるが・・・

     

全17件中 1 - 17件を表示

すべて僕に任せてください―東工大モーレツ天才助教授の悲劇を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すべて僕に任せてください―東工大モーレツ天才助教授の悲劇を本棚に「積読」で登録しているひと

すべて僕に任せてください―東工大モーレツ天才助教授の悲劇の作品紹介

頼まれると断れず、次々と降りかかる膨大な雑用に疲弊し、ポスト争いや「調整」に翻弄される日々-。成果として論文の数を問われるものの、本業である研究に没頭すること自体がいかに難しいか。元東工大教授が、共に勤務した研究者の半生を通じて明かす、理工系大学の実態。「科学技術立国日本」の裏面史。

すべて僕に任せてください―東工大モーレツ天才助教授の悲劇はこんな本です

ツイートする