工学部ヒラノ教授

  • 297人登録
  • 3.17評価
    • (8)
    • (26)
    • (50)
    • (5)
    • (10)
  • 56レビュー
著者 : 今野浩
  • 新潮社 (2011年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103147626

工学部ヒラノ教授の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大学でいわゆる理系を体験した人には楽しいかもしれない。

  •  各種書評に取り上げられている話題の本。確かにすいすい読めておもしろい。著者の力量に脱帽。特に、理学部&工学部出身で,現在,総合大学に勤務する私にとっては「そうそう、そうなのー!」と共感できる部分が多くて。

     お気に入り箇所をいくつか引用。

     P.53 文系一匹狼たちの頭の中は・・・

     ○一匹狼は、東工大に対して忠誠心を抱いていないこと。
      彼らは大学や学生のことより、自分のことが大事なのだ。
     ○彼らは、必ずしも本音を述べているとは限らないこと。
      相手を論破するためであれば、詭弁を弄することを厭わない。
     ○議論はその場で首尾一貫していれば、それでいいと思っていること。
      一ヶ月後に180度違うことを言っても、状況が変わったと言えばそれで済む。
     ○彼らは数学ができる人に対して、劣等感(もしくは嫌悪感)を抱いていること。
      彼らが理系人間を敬して遠ざけるのはこのためである。


     P.97 工学部の教え7ヶ条
     第1条 決められた時間に遅れないこと(納期を守ること)
     第2条 一流の専門家になって、仲間たちの信頼を勝ち取るべき努力すること
     第3条 専門以外のことには、軽々しく口出ししないこと
     第4条 仲間から頼まれたことは、(特別な理由がない限り)断らないこと
     第5条 他人の話は最後まで聞くこと
     第6条 学生や仲間をけなさないこと
     第7条 拙速を旨とすべきこと

     心します。

  • 息子が理系大学を目指すらしいので、文系の私は、理系大学が知りたく、読んでみた。
    大学のセンセーなるのもの、研究と教育にいそしんでいるのかと思いきや、諸事雑事が多いらしい。
    出張旅費支給のためにキオスクの領収書が必要、というのは、冗談かと思った。
    国もくだらない天下りをさせるのであれば、もっと、優秀な人材に思いっきり研究させてやってくださいよ。
    東工大が理系国公立の雄であることは、なんとなぁーく解っていたが、スゴイ学生3人の記述は度肝を抜いた。こういう学生を国家の頭脳にできないのであろうか。それこそ頭脳輸出になったら、目も当てられない。
    就職難の今、理系大学を出ても、大学院に進まなければ希望した職にはつけないらしいし、ましてや、大学に残るなんて至難の技。
    あー、息子よ、それでも理系に進みますか???

  • 古き良き時代

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:377.21||K
    資料ID:95120156

  • 鉱脈を探すかぁ。確かに師匠の仕事の仕方はそうだなぁ。本書に書いてあるとおり。
    世界に通用する研究をすることは,もう手遅れという訳ではないが,厳しい道のりではある。しかし,最後のチャンスかもしれない。

    シリーズものの本が結構あるんだな。

  • 前から気になっていたヒラノ教授をやっと読みました。
    長年、大学で工学教育に携わってきた著者の自伝的読み物です。工学部の先生たちって忙しそうだなぁとぼんやりと思っていましたが、何がどう忙しいのか、その一端を垣間見ることができた気がします。
    語り口も軽妙でとても読みやすいです。大学で働く人にとってはとてもためになる一冊でもあると思います。

  • 大学職員志望の方にはおすすめ!科研費や受託研究費などの大学用語の解説もされていますし、昨今の国立大を取り巻く状況についても触れています。大学教員の用務の実態も詳しくかつコミカルに描かれていて、読み応え抜群です!わたしは今非正規の大学職員ですが、大学独自のルールというかそういうものが何もわからないまま入りましたので大変困惑しました。この本は大学職員志望の方、またはすでに働いているけれど頭のなかは???な方に、ぜひおすすめしたい一冊です!

全56件中 1 - 10件を表示

今野浩の作品

工学部ヒラノ教授を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

工学部ヒラノ教授を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

工学部ヒラノ教授の作品紹介

大学設置基準大綱、大学院重点化、独立法人への道-朝令暮改の文科省に翻弄され、会議と書類の山に埋もれながらも、講義という決闘に挑み、研究費と優秀な学生獲得に腐心する日々。大学出世スゴロクを上がるべく、平社員ならぬ平教授は今日も奮闘す。筑波大、東工大、中央大の教壇から見た、工学部実録秘話。

工学部ヒラノ教授の文庫

工学部ヒラノ教授のKindle版

ツイートする