煉獄の使徒〈上〉

  • 136人登録
  • 3.36評価
    • (4)
    • (29)
    • (31)
    • (5)
    • (3)
  • 25レビュー
著者 : 馳星周
  • 新潮社 (2009年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (513ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103159018

煉獄の使徒〈上〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 馳さんの本だと手に取ったはいいけど…
    オウムの本だった!!!
    当時のことを漠然にしか覚えてなかったのでなかなか興味深く読んだけどやっぱり異常の一言につきるかな。
    まだ下があるので先は長い感じ。
    読みきれるかなぁー

  • 上巻はよかった。ぐいぐい引き込まれる感じ。
    ただ、この筆者は人によって好き嫌いがはっきり分かれると思う。

  • この作品で改めてオウム真理教の出来事を知りました。
    ジャーナリズム的な要素もある記憶に残る作品です。

  • 感想は下巻で。

  • 実在した宗教団体及び公安の実態をリアルに、緻密に描写。すごい調査力。物語としても面白く 馳ワールド満載の長編。

  • <上下巻ともに同じレビューです。>
    今回の馳星周の作品の舞台は10数年前に日本中を
    騒がせたオウム真理教。

    信者が増え、多くの人からあがめられることで、
    肥大化した妄想を暴走させ、最後は国家転覆を狙う教祖―

    教祖をうまく操縦して金と権力を手に
    入れようとする幹部―

    純粋に解脱を求めて入信するも、気付くと
    教祖のいいなりになり、善悪のはざまで苦しむ若い信者―

    教団をある程度自由にするかわりに、信者の寄付の
    一部をピンハネする公安警察と政治家―

    そして最後には登場人物全員が疑心暗鬼なり、
    謀略をはりめぐらすも、誰も信用できずに
    最後はみな破滅―

    という救いようのないストーリーです。

    (馳星周の作品自体が大体こんなかんじですが。)

    今回の作品ではとち狂った教団を通して一般社会の矛盾
    や歪みをうまくとらえてます。

    馳星周本人もいってましたけど、教団は一般社会のコピー
    なんですね。

    多くの一般信者は最初、純粋に真理や解脱を求めて、
    教団に入信します。
    しかし、気が付くと、教祖や教団のロボットに。
    次第に自分で考えることを拒否し、最後は命令されれば
    殺人でさえもするようになります。

    そして、上級幹部はただ保身と権力闘争にあけ
    暮れるばかり。

    解脱や真理がお金になったのが現代社会だというんですね。

    そういう点で教団のなかにいる狂った信者と幹部たちは
    現代人の象徴だろうと。

    多少、極端ではありますが、歪んだ教団の姿と
    一般社会の対比をうまく描いていると思います。

  • かの宗教団体に関する我々のなぜ?に対する一説を(信者の確保や洗脳)くっきりと提示してくれるだけでも面白いのに、、そこに公安がらみの黒い癒着をからませて、重くて黒い重奏を描いてくれる。すごい話だった。

  • 下巻までイッキに読んだ。

  • 馳星周っぽくない感じですが、これもまた面白かったです。
    登場人物をモデルに置き換えるとより面白い。

  • とある宗教団体、金と薬物におぼれた教祖を盲目に信じる信者
    信者の親族によって出来た被害者の会、率いるアカの弁護士。
    妻と幼子と弁護士を教団の利益の為に殺害する信者

    聞いた事のある話。
    その一歩が破滅への道に進むものだとしても信じるものの為に誰かを犠牲にするのだとしても、引き返せない人は引き返せない。

    サラッと読めるタイプの本では無かったです。硬い物を飲み砕かなきゃいけないような、けどどうしても飲まなきゃいけないようなそんな本でした。

全25件中 1 - 10件を表示

馳星周の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

煉獄の使徒〈上〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

煉獄の使徒〈上〉を本棚に「積読」で登録しているひと

煉獄の使徒〈上〉はこんな本です

煉獄の使徒〈上〉の文庫

ツイートする