星新一 ショートショート1001

  • 488人登録
  • 4.09評価
    • (52)
    • (27)
    • (34)
    • (2)
    • (1)
  • 41レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1998年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784103194262

星新一 ショートショート1001の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今までに出た本が十数冊分ずっしりつまった分厚い本は読み応え抜群。星新一好きにはたまらない一冊!

  • 分厚い。バカみたいに分厚い。辞書かインテリアのようだ。
    そんな中に有象無象・奇妙奇天烈な物語な収められているのだから、これはもう、一生をかけてゆっくりと堪能していくのが正しい楽しみ方なのではないでしょうか。人の一生を追いかけるように。もしくは、ぱっと開いて飛び込んできた話を一篇だけ楽しむのもいい。

    色んな意味で「重み」のある一冊……もとい、三冊です。

  • サクサク!とにかく短いのに凝縮されてる。ブラック要素がふんだんにある。サイコー!

  • NHKでテレビ放送もされた人気作品。
    中学の英語のテキストにも載った作家・星新一の短編集!!

  • とても重い。
    物理的にも内容量的にも。

    一つ一つの話はさすが星新一と唸るくらい素晴らしいショートショートに溢れている。
    私的にミスリードなどや伏線は短くまとめてあればあるほど洗練されているように感じて大変好ましい。

    が、やはり重い。
    寝っ転がって読めないし椅子に座ってても手が疲れる。
    本棚に飾って満足する本。子供や漫画から小説への入門書としてもおすすめしたいが、この本を買うくらいなら文庫本をおすすめしたい。

    愛本家で星新一が好きなら是非とも買っておくべきだ。

  • 『自分の愛読書の一つ』

    収録作品の文章表現を差別問題を理由に変えている所は残念。
    星新一なら自ら変えていたかもしれませんが、亡くなった後に勝手に変えたというならば残念としか言えない。
    法に触れるわけでもないのに無駄な配慮で安易に文章を弄るのはこの本に限らず止めて貰いたい。
    語感の問題もあるので著者が修正していた場合は違う言い回しになる事もあるでしょう。
    もし文章を勝手に変えるのならばその旨を商品説明に載せる覚悟をもって変えるべきだと思います。
    しかし星新一の短編を集め紙の分厚い本で愛蔵版として出版するという企画自体はとても嬉しく思いました。
    今でも繰り返し読む本の一つです。

  • とにかく“衝撃”につきます!一話ずつは本当に短いので、好きな時に、開いたページを読んでみるのもアリです。(←というかおススメです。)星新一ワールドにどっぷり浸かりたい人もどうぞ♪

    鹿児島大学 : スイートポテト

  • 意味を考えながらゆっくり読みました。隙のない文章はまるでお手本の様。

  • 欲しいいい!!! いつか買おうと思っています。
    星新一さんのショートショートから「小説」「活字」を読む。
    事が始まりました。
    あなたに出会ったから、活字を読むことの楽しさを知ることができました。
    星さん。大好きです。

全41件中 1 - 10件を表示

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
綿矢 りさ
遠藤 周作
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

星新一 ショートショート1001を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星新一 ショートショート1001を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星新一 ショートショート1001を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする