黒革の手帖 下

  • 14人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 松本清張
  • 新潮社 (1980年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103204114

黒革の手帖 下の感想・レビュー・書評

  • 人の欲はとどまる事を知らず、人の恨らみは恐ろしい。魑魅魍魎が跋扈するとはまさにこの事だなと思いました。
    調子に乗った元子は狐と狸の化かし合いに負けてしまいますが、転落ぶりが凄まじくエグい。自業自得ではありますが、読んでいて苦しくなる程です。ドラマのイメージで読んだので、最後の終わり方に衝撃を受けました。

  • 読了。
    読書倶楽部課題図書。

    下巻暗い。没落期。

    手帖が何かわかってからはこうなることは読めてたよね。結構序盤も序盤。

    でもそこまで原口元子は悪人って気もしないんだよなぁ。

    ちょっと読みにくかった。文体が。

    さて、読書倶楽部活動行ってこよ。
    (160228)

全3件中 1 - 3件を表示

黒革の手帖 下はこんな本です

ツイートする