完本 短篇集モザイク

  • 48人登録
  • 4.29評価
    • (6)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 三浦哲郎
  • 新潮社 (2010年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (573ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103209225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

完本 短篇集モザイクの感想・レビュー・書評

  • ごく短い短篇集。
    どの作品も著者独特のノドカさとユーモアを含んだトーンで書かれているが、多くの話の結末は沈鬱であり高いレベルである。

  • 穏やかな日常が、急に狂い出す、落とし穴にでも嵌まったような、胸がすぅとする感覚は慣れない。

  • もう数えきれないくらい読んでいるけれども、飽きない(^^)それぞれ味わい深い短編♪ずっと図書館で借りて読んでいるけれど、そろそろ購入した方が良いかも!?と思う今日この頃(^_^;)

  • 読み始めました。(2012年3月22日)

    読み終えました。(2012年4月12日)

  • 何気ない日常の一こまに、ふと胸をよぎる小さな何かをこれほど見事に切り取ってみせる作家が他にいるだろうか。
    決して押しつけがましくなく、でも確実に誰もがその思いにそっと寄り添えるような、そんな心の内を、さりげなく穏やかな筆致で描いている。

    菊池寛を読んだ時も短編の名手と思ったが、彼が簡潔で直接的であるのとは対照的に、三浦氏の場合は、一歩離れた所から、余韻をもたせつつその余韻のなかから滲み出るものを感じ取らせるような、そんな作品の作り方だ。
    菊池寛とはまた別のタイプの短編の名手と言っていいのではないだろうか。

    小川洋子の「偏愛短篇箱」で初めて三浦氏の作品(本書にも収録の「みのむし」川端康成文学賞受賞)を読み気になり、「肉体について」を手にしてその魅力にとりつかれた。
    とにかく、三浦氏の文章が好きだ。
    久しぶりに自分が「気に入っている」と思える作家に出会えたかもしれない。もう著者の新作は読めないと思うと悲しくなる…。

  • 短い話ばかりだが,ほろっとするもの,にやっとするもの.楽しめます.

  • 教科書に載った「とんかつ」、父娘の絆を描いた「じねんじょ」等
    はどこかで読んだことがある人もいるかもしれない。

    ごくふつうの日常のなかで、しぜんと感情があふれ出す一瞬。
    筆者は瞬間にあらわれる心の機敏を捉え、丁寧に磨かれた言葉を用いて心の中に再現してくれる。
    たった数ページの短い物語に凝縮された、さまざまな思いたち…
    めくるたび、ひとつひとつの話の完成度に驚くばかりだ。

    色の違うモザイクガラスはたくさん集まって一幅の絵を作る。
    タイトルの付け方も洒落ている。

全9件中 1 - 9件を表示

完本 短篇集モザイクを本棚に「積読」で登録しているひと

完本 短篇集モザイクの作品紹介

娘が幻の父と対面する一瞬の情愛がせつない「じねんじょ」老夫婦の哀歓が静かな絶頂に達する「みのむし」-二つの川端賞受賞作を始め、避暑地で起きた珍事が清涼な余韻を醸し出す「山荘の埋蔵物」など遺された未収録の三作を収めて作品発表順に新たに編纂された完本。

完本 短篇集モザイクはこんな本です

ツイートする