高峰秀子との仕事〈1〉初めての原稿依頼

  • 39人登録
  • 4.25評価
    • (3)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 斎藤明美
  • 新潮社 (2011年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103222323

高峰秀子との仕事〈1〉初めての原稿依頼の感想・レビュー・書評

  • 高峰さんの養女となった著者は、本当にもう純粋に高峰さんにノックアウトされた人だったんだなと思う。いろいろ取り沙汰され、下世話な好奇心(で済めばマシ)にさらされたであろう。そんなことは、でも、高峰さんの魅力に比べたら微々たるものとして済ませるしかなかったのだろう。

  • 2013.9.10~25 読了
    高峰秀子の著作を読んで凄い人生だとか、鋭い人物眼だとか感心することしきりであったが、本書による第三者の描写でその姿や考え方が立体化されてますます驚嘆。常にゴミ、汚れ、埃が一切無い家の中、冷蔵庫の中まで完璧に白で統一されたキッチン、毎日料理をしていても調理音も出さず水もこぼさず野菜くず一つ残さず、しかも料理は外食する気がなくなるほど完璧においしい。ああ一度でいいから絶品の卵焼きを食べたかったなぁ。

  • やっぱりかっこいい。高峰秀子。
    すっとしてて清廉で愛夫家で、背筋が伸びている。
    媚びずに感謝し地に足つけようとする。女優なのに!
    女の部分は女優で表現して、あとは秀子として過ごしていたんでしょうね。ただの秀子。女とか男勝りとか、そういうんではなく。
    その人らしさ、とわがままは似て非なる物なのね。

  • 著者は元文藝春秋記者、斎藤明美さん。
    高峰秀子さんを長年インタビューし、
    松山善三さん、高峰さん夫婦の養女になった。

    仕事相手の1人でしかなかった彼女が
    松山夫妻とどういう関係を築いて養女になるまでになったのか?とても興味があった。

    高峰さんの人柄を包み隠さず、単刀直入に著している。
    冷たく、怖い印象を与え、本物か偽物かをすぐ見破る。
    ただ、それは高峰さんなりの護身術であると分かる。
    幼少の頃から生活のために女優として働き、
    養母はじめ、いろんな汚い人間、社会を見てきた。
    仕事を全うする、生きるためには、そういう偽物は無視しないとやって行けなかった。
    でも逆にその人が本物、真摯な態度ならば、大きな心で包んでくれる。

    斎藤さんの高峰さんに対する愛情。
    高峰さんの斎藤さんに対する愛情。
    それが本物だと分かるので、嫌味や悪口と取られそうな描写も、可愛らしい、温かい印象になるから不思議。

    文章の素晴らしさもさることながら、
    心からの尊敬、愛情を持って書いた文章はやはり人の心に響く。

    2も読んでみたい。

  • 斉藤明美さんの「高峰秀子さん」もの
    は 読めば読むほど おもしろいなぁ
    何回も同じフレーズがでてくるのだけれど
    これが なぜか 飽きない
    どころか そうか そういう意味だったのか
    と 「腑に落ちたり」するのが また 楽しい

    人が人に惚れる

    それが こんな本 になるのです

全6件中 1 - 6件を表示

高峰秀子との仕事〈1〉初めての原稿依頼を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

高峰秀子との仕事〈1〉初めての原稿依頼を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高峰秀子との仕事〈1〉初めての原稿依頼を本棚に「積読」で登録しているひと

高峰秀子との仕事〈1〉初めての原稿依頼の作品紹介

一記者時代の出会いから、養女として看取ったその日まで、"書くこと"を通して教えられたたくさんのこと。高峰氏自身の執筆記事も多数収録する渾身作前編。

高峰秀子との仕事〈1〉初めての原稿依頼はこんな本です

ツイートする