沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)

  • 548人登録
  • 3.90評価
    • (59)
    • (81)
    • (71)
    • (2)
    • (2)
  • 47レビュー
著者 : 山崎豊子
  • 新潮社 (1999年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103228141

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一気に読んだ。

    これが日本という“和”を重んじる国ならではの出来事。
    それがゆえ、日本は急成長を遂げたのは事実だけど、それが今の日本人にしわ寄せみたいになってるのかな~。

  • かなりの長編。読み応えあり。日航機墜落事故に関して、賛否両論あったけど、かなりのリサーチぶりが感じられ、大企業の脆さ、人間性、いろいろ考えさせられた本。

  • 巻をおもむろに読み始めたが最後、全巻読破全1500Pの道を歩むことに。しんどかったです。途中、何度「この航空会社ぁ。客より金かぁあああ。下っ端の人件費ぎりぎりに削って、コストダウンして、上の人だけ儲けるなんて許してたまるかあああ」と叫んだことか。

    会社経験はあるけど、全然中身のことしらなくて、組合の大切さも知らなかった私だけど。ちと、組合というものの大切さを実感(遅)。そっか、こんな悪党の上もつと、組合が大切なんだわ。う〜む。お金ほとんどはらわなかったの、悪かったかも(大遅)。

    それにしても…恩地(主人公)!たえろおおお。きっといいことある!君はいいやつやあぁ。君のしていることは正しい!まぁ、私やったらこんな会社我慢できんけど。やってることが不利益だからって、アフリカまで飛ばして、ほっとく会社なんて、いつかつけがくるさ!ほんと、この巻以降できっと…。(と1巻を読み終わった時点で思いました。)

    政治家ってきたない!会社の上の人たちの金銭感覚っておかしすぎる!「中ジョッキ」で1000万!?!? 許さん!賄賂なら賄賂と口にだすぐらいせんかい!はびこる汚いやり方に、憤りながら、全5巻希望をもって読み進めた私ですが、最後に、唯一理想をもって行動したお偉いさん国見新会長が首(!)になり、恩地がまたアフリカに飛ばされるにあたり、本当にあばれたくなりました。不条理やぁ〜〜〜〜。一部、正しい監査が行われそうな描写があったけど、これだけの仕打ちに、それっぽっち?ってかんじで…。現実はうまくいかないってことっすね。いや、フィクション(?)だけどね、いちおぉ。

    ちなみに、自分だったらこう行動しないNO1は恩地さんの奥さん。私やったら即離婚ですわ…。こんなだんな。家庭ほっといて、なんかいえば「組合、組合」理想をもった頭のきれるすごい人かもしれんけど…。父親の姿見て、子供たちは、一時期はぐれつつも結局まっとうな人間にそだったみたいな書き方していたけど、本当にそうなるかな? んな、うまいこといかないと思う。ま、これぐらいの救いがなけりゃ〜悲しくて読んでられないか…。

    そういえば、作者、女性なんですよねぇ。すごいっす。これだけの調査をして、それを文章にのせることができるなんて。これを発表した当時はいろいろもめたんだろうな。だって、どこの航空会社の話かまるわかりやし。名誉毀損ぐらいは軽そう。

  • 組織の不条理さに憤りを感じつつ、恩地さんみたいな人が職場にいたら難しいかも・・・なんて思っちゃいました。

  • wowwowでドラマを見て原作を読んだ。描写が細かくて引き込まれる。長編だけど、面白い。

  • なぜ会社(側の人間)がここまで苛烈なことができるのかというのと、劣悪な環境の描写がこれでもかと続くところに、ぐいぐい引き込まれた。

    なぜそんなわかりやすい罠にはまるのか、と思っても見るが、現実でも思い込みやそれまでの経緯、ボタンの掛け違いというのもあるよなあ、と思い直す。

    絶対軸としての境遇もあるが、周りの人との相対的な境遇の差により、一層の苛烈さを感じる。

  • 2016_01_03-003

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】913.6||Y
    【資料ID】19904056

  • 2015/02/20完讀

    恩地元原本是東都大學畢業的秀才,但是因為被推上工會委員長之後,為了改善勞動環境,讓飛安更加獲保障,就強力與公司交涉,甚至發動第一次航空界罷工;然而被公司視為眼中釘,兩年工會委員長結束,半年後就被踢到カラチ,兩年滿後再被踢到德黑蘭,最終甚至是非洲的奈洛比。恩地在德黑蘭學會打獵之後,只好靠打獵度過寂寞的時光。

  • 山崎作品をようやく読むことにしました。
    どれから手を付けるか悩んだ末に一番頭に残っている作品に。
    一話からすごいですね。思ったより読みやすいのが印象ではあります。

全47件中 1 - 10件を表示

山崎豊子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
東野 圭吾
東野 圭吾
湊 かなえ
山崎 豊子
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)に関連する談話室の質問

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)を本棚に「積読」で登録しているひと

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)の作品紹介

会社が、一人の人間をここまで追いつめるとは…。華やかな航空会社の裏側に渦巻く、安全を忘れた野望の世界。会社との熾烈な闘いに敗れた主人公は、謀られて中近東のカラチ、テヘラン、そしてナイロビへと海外をたらい回しにされた。家族とも離れ、たった一人アフリカの大地で、大自然と対峙する現代の流刑の徒は、企業という"猛獣"に、不屈の戦いを挑んでいた。現代を抉り、人間の真実を問う、今世紀最後の傑作。

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)の文庫

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上)のKindle版

ツイートする