沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上)

  • 385人登録
  • 3.91評価
    • (41)
    • (53)
    • (47)
    • (2)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 山崎豊子
  • 新潮社 (1999年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103228172

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016_01_11-0006

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】913.6||Y
    【資料ID】19905622

  • 2015/04/11完讀

    首相決定要徹底改造國航空的體質,從紡織界找來有重整經驗的國見擔任會長。恩地也因為之前勞組的經驗被提拔進入會長室。但航空公司內部已經腐化至極,工會之間之鴻溝已無法輕易解決,加上領導階層各有盤算(看到收旅行社回扣,讓我現在看到旅行社便宜的票都想到這個。。),也有不堪入目的貪腐,要推動改革難如登天。

  • 最終巻が待ちどうしい

  • 黒く腐り切ってる。最終巻でなんとかなるのか。

  • 事故後の社内改革の為に作られた会長室に関する話。己の利権、保身にはしる重役達が居るわ居るわ。途中で本気で頭にきて読むのをやめようかと思った。上巻ではそれら魑魅魍魎達は成敗されず、もやもやが溜まってます。下巻でスッキリ、サッパリさせてくれるをでしょうね、山崎さん‼

  •  1985年8月12日 18:56 NAL123便墜落事故に関してこの章では、揺れる機内で最後まで冷静に対処する客室乗務員のことや、機長のご遺族の感情にも触れている。
    参考 15名の乗務員> http://jal123.blog99.fc2.com/blog-category-24.html

     一方会社再建のため、総理大臣の命をうけて新しい会長が誕生した。再建の柱は次の4点である。
    1.絶対安全の確立
    2.労使関係の安定化
    3.経営体質の刷新
    4.公正な人事の確立

     新会長は就任早々、4つに分かれた労働組合の委員長と次々に面会し協力を取り付ける。また、支店長会議に訪れるニューヨーク便ではコックピットに乗り、運行乗務員のストレスを理解する。自分たちと同じ立場に立って物事を考えようとする姿に北米・南米支店長も心を開く。

     しかし、再建策もいざ実行段階になると、利権を守りたい社内外の抵抗勢力に阻まれる。任命権者の総理は新会長に「右顧左眄(うこさべん)せず最後まで王道を歩んで下さい」と激励する。

     (五)会長室篇・下 につづく。

     【メモ】
     「王道とは、中国の夏・殷(いん)・周三代の賢王が行った、公明正大・無私無偏の道を云い、国を治めるのに権力、陰謀などの覇道に拠らず徳を以ってせよということです、出典は中国最古の文献“書経”といわれています~」(本文より)

  • 組合の和解に努力された鐘紡から日航に派遣された伊藤元会長のご苦労が良く伝わってきます。伊藤氏は素晴らしい人だったのですね。改めて痛感しました。第1組合が当社の支部、第2組合が住海労組と重なることが多く、単純に著者の考えに同意できないところはありますが、自分自身の会社をどうしても重ねて読んでしまいました。それにしても最近の話になってきますので、ほとんどモデルが分かってしまう(例えば伊藤氏の他、同時に日航社長に就任した山地氏、中曽根首相、瀬島龍三など)ようなこの小説はプライバシー侵害にならないのか、と不思議でした。

  • 2011年6月

  • 2000年ごろ、東京の弁護士さんら数十人で、単行本がでるのを待って読んだ。日航の実際の役職にあった人と役中の人物の一致に驚いた(山崎豊子氏の情報収集能力にも)。最近映画化されたが、ご多聞にもれじ原作を超えるものではなかった。2-5はシリーズ。

全31件中 1 - 10件を表示

山崎豊子の作品

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上)に関連する談話室の質問

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上)を本棚に「積読」で登録しているひと

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上)の作品紹介

墜落事故の後、新会長に就任した国見の組織改革が始まった。主人公・恩地は、ご遺族係から突然、会長室の部長に抜擢された。だがそこには、政・官・財を巻き込んだ暗闇が繰り広げられていた…。権謀術数に溺れる会社の魑魅魍魎、利権を貪る政治家と官僚。航空会社を蝕む腐敗の構造が、しだいに白日の下にさらされるが…。航空会社の"闇の構図"を描き切った今世紀最後の傑作。

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上)はこんな本です

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上)の文庫

沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上)のKindle版

ツイートする