プライド

  • 375人登録
  • 3.42評価
    • (14)
    • (74)
    • (61)
    • (21)
    • (4)
  • 69レビュー
著者 : 真山仁
  • 新潮社 (2010年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103233213

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

プライドの感想・レビュー・書評

  • なんとなく、いつの間にか自分も含めて冷めているというか、低体温というか、熱が感じられなくなったと思う。選択肢が昔より広がったからなのか、汗をかくことは格好悪いからなのか、頑張っても頑張らなくても平穏無事に過ごせるからなのか。もともとパレートの法則いわく、2:8は変わらないからなのか。
    手離れが良いということが重宝され、みんな共有して、責任が曖昧になってる時代に、プライドとは執着心なのか。なんとしてもこれで生きるという覚悟と行動から生まれるのか、それともそれらを生み出す原動力なのだろうか。
    あまりにも日本は背水の陣を長くしきすぎたような気がする。退路を断ったはずなのに、ずるずると時間だけが経ち、ピンチになっていることに麻痺して、当たり前になって、さらにピンチになって、後ろの河を埋め立てて、ずるずると後退して、前に進むことを忘れてしまったんじゃないだろうか。
    著者が書く主人公達は、その理由の良いも悪いも含めて前に進むことを選んだ人たちだ。現実はそんな人は少ない。本当はたくさんいるのかもしれないけど、周りは批評家が多くて、それこそプロフェッショナルとか情熱大陸とかそんな番組に出る人たちが選ばれて対岸の火事のような、非現実感を伴っている。
    でも全ては自分の人生なのだ。熱く生きるか、クールに生きるか、暑苦しく生きるか、選ぶのは自分しかいないし、誰に求めるわけにもいかない。自分がどう生きたいのか、本当に真剣に自分と向き合うことはつらいことだけれども、やっぱり正面からがっぷりよつで考えなきゃいけないと思うきっかけは読みようによっては感じることができると思う。
    自分の人生は自分で決める、当たり前のことを当たり前にできなくなった僕たちに、当たり前の難しさをフィクションとして捉えるのか、きっかけとするかはやっぱり読み手次第なのだろう。熱に浮かれた時代は終わった。もう一度、熱を持つために、どう自分と向き合えばよいのか、もう一度そこから始めることにしよう。

  • ハゲタカに比べると勢いがない。
    1話目の事業仕分けの話が一番熱いかな。
    すっきり終わらないでこの後どうなったのかという話も入っている。

  • 『一俵の重み』、『医は・・・・・・』、『絹の道』、『プライド』、『暴言大臣』、『ミツバチが消えた夏』の6編からなる短篇小説集。
    いずれの短篇も、ぞれの主人公が仕事に対するプライドをかけて生きてゆく様がうまく描かれている。
    ただ、各物語ともに中途半端な読了感であり、唐突に物語が終わる印象が否めない。

  • (収録作品)一俵の重み/医は…/絹の道/プライド/暴言大臣/ミツバチが消えた夏

  • 真山仁の短編集。一俵の重み。医は…。絹の道。は面白かった。全てにおいて、プライドを賭け仕事をすることはとても大切なものである。しかし、どれも短編集なので、少し物足りなさがある。もう少し突き詰めて長編になると、もっと面白いものが読めたのかなぁと思う。

  • プロに徹して真面目にいい仕事をしようと思えば手間ヒマかかる。
    でも非効率なところが、意外とその分野では大事だったりする。
    プロが知ってるちょっとしたノウハウが美味しさや品質、
    仕事のできばえの決め手になるのかもしれない。
    非効率だからって無駄とかソンとかでは計れないなと思いました。

    今までのように何でも「安ければ・早ければ・ラクならば・
    売れれば・気づかれなければ・・・」という世の中の考え方を
    本当にそれでいいんですか?と言われてるようで、
    ちょっとハッとしました。

    確かな目・舌・技術・手などを持つ職人さんやプロが
    いなくなってしまわないように、しっかり支えなくちゃ
    いけないなと思いました。
    そのためにも必要な分だけ、品質のよいものを、無駄にせず
    使い切る、欲張らない・・・とか、
    そういうことなら自分にできると思う。

  • 短編集で、先日読んだ「黙示」の登場人物たちが出てくる話が2つあった。「黙示」以前のお話。
    どれもおもしろく読めたけれど、この方の作品はもっと掘り下げてある長編のほうが読みたい。

  • ハゲタカ、ベイジンなどの長編小説の作者の短編集。

    短編のテーマはそれぞれ違うが、どのテーマにも真剣な取材のもとに書かれた作品であることがうかがえる。

    真山仁 作品のとっかかりの一冊に、いいかも。

  • 余分な脚色、肉付けの無い短編が、譲れない一線を強く伝えてくる。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/6078354.html

  • 「ハゲタカ」の著者の短編集です。

    前情報が全くない状態で読み始めたので、農水省の彼らが2章の医者とどう関係してくるんだろう?などとワクワクしていたら3章でまた違う話になって、そこで初めて短編と気が付きました・・・
    アホ過ぎ。

    つまらない話ではなかったけれどやっぱり物足りない。
    著者に期待するのはやっぱり長編企業小説ですね。次はちゃんと選んで読んでみよーっと。

  • 「黙示」の後で読んだのでささっと

  • 短編集でしたが、それぞれ重たい題材でした。面白かったので、もう少し話が長い方がよかった。

  • 真山作品らしい。日本の現実社会を切り出して見せる描写は説得力がある。プライドをテーマにした短編、どれも質が高い。作者の思いが伝わる。

  • 今年は個人的に真山仁の年だった。週刊ダイヤモンド掲載「ハゲタカ3」を含め読めるものは全部読んだ。しかもはずれなし。全て高レベルで感動。
    いつリストラされるか分からない今の時代、プライドを持てる仕事をしっかり自覚してせねばと改めて決意。

  • これもちょっとまえ
    現実とリンクする展開。
    面白かったけど、やはり短編集なので、読み応えがちょっと足りなかったな。

  • 最近はまっている真山仁。今回は短編集である。長編ほどのインパクトは無いがそれなりに面白い。でも、食い足りなさが残るのは短編であるゆえか。それとも、よくできたキャラクタの行く末をもっと読みたいという気持ちが強く残るからなのか。『暴言大臣』以外は直球勝負であるが、意外と裏の裏がある『暴言大臣』も話としては面白い。ただ、最後は急ぎすぎで単なる説明になってしまっているが・・・もう少し背景含めて書き込めば光ったのでは。

  • 大作が多い真山仁の短編集。
    筆者が気になっている社会のキーワードをもとに真山仁らしい展開でスッキリ仕上がっている。短編なので「その後どうなるの?」的な感じで重厚でスリリングな真山作品を期待す人にとっては残念な感じだが、伏線もなく素直に読める。ぜひこの中から長編を書き上げて欲しいな〜。

  • 再読。それぞれが内に秘めたる矜持を垣間見せる本。食糧自給率って総カロリーから算出するんだって。輸入品に鶏唐揚げなんかあったらあっと言う間に自給率下がっちゃうよ。数字のマジックだな。

  • ハゲタカの作者による、短編集。何のために人は働くのか、そしてどうすれば矜持を守ることができるのか!

  • 現代社会が抱える課題についての問題提起をビシビシと。読みながら自分自身に問いかけた。プライドとは何か。考えていきたい。

  • 真山さんの短編集は初めて読んだけど、社会の暗い部分をしっかりと書く手法はさすが。
    風刺も交えて書いてあって「ああ、あの事件か」と思い返してみるのも楽しい。

  • 意外に真山仁の小説は短編の方が向いていると、
    この本を読んで感じました。

    というよりは、複数の主人公を同時に描こうとすると、
    どうしても、掘り下げが出来きれていない部分が多くなるのに対し、
    焦点が一人の主人公に当てられるので、きっちり描かれているし、
    余計な文章が減ってテンポが良くなっていていい感じです。

    これから先は、一人の主人公できっちりと掘り下げて描いて欲しいものです。

    これは良かった。

    とりあえず、書籍化された真山仁の本は全て読破です。

    ハゲタカシリーズの最新作が連載中らしいのでそれが出るのが待ち遠しいです。

  • 唇に歌を、心に太陽を、プライドを 

全69件中 1 - 25件を表示

プライドを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プライドを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プライドを本棚に「積読」で登録しているひと

プライドのKindle版

ツイートする