日本の聖域(サンクチュアリ) 偽装の国

  • 44人登録
  • 3.29評価
    • (2)
    • (8)
    • (7)
    • (2)
    • (2)
  • 12レビュー
制作 : 「選択」編集部 
  • 新潮社 (2012年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103244226

日本の聖域(サンクチュアリ) 偽装の国の感想・レビュー・書評

  • 書店売りされていない雑誌「選択」に掲載された内容を編纂した書籍である。原子力村、児童相談所、横田基地、日本赤十字社、宝くじなど、利権を貪る団体を取り上げている。残念なのは、記事を書いたライターが匿名となっていることで、解決への実現性が感じられない点。安全地帯から石を投げているような印象があるが、雑誌の記事としてはこれで十分なのだろう。少なくとも政治はほとんど無力で、ここに期待しても何も変わらない、変えたければ「自ら」が動く必要がありそうである。

  • 何といいますか、これを読むと暗い気持ちになりますね。
    一体どれだけの社会で起きる出来事の本質を見つめることなく過ぎてきたことかと。
    良い思いをする人間だけが、どんどんとさらに良い思いをする仕組みになっているこの国の未来は暗いと思わざるを得ません。

    ニュースも報道も、疑ってみる眼を持たなくてはなりませんね。

  •  3万人の読者に向けた会員制雑誌からいくつか記事を載せた単行本です。
    この雑誌は基本的に匿名の記事で、世の中にある悪いことばっかりが書かれています。サイゾーよりもラディカルな雑誌だと思います。
     匿名だから書けるような記事ばっかりで、ちょっと世の中に幻滅してしますけど、それもまた真実なのかなと。

  • 会員制雑誌「選択」が、大手マスコミが報道しない日本の真実の姿に切り込んだ記事集第2弾。

    国民のことを思わず、利権保持や責任回避に積極的になる官僚機構。
    25本のテーマ中、
    児童相談所、東海道新幹線、日本赤十字、偽装農家、被曝医療、除染
    に関する記事が興味深いものであった。

  • 日本の特殊法人や公共事業に対して批判を痛烈にしている本です。真偽の程はわかりませんが、全く根拠なく書かれているわけでもなさそうなので興味深いです。利権の確保やセクショナリズムといった話は、組織である以上少なからずある問題ですが、公共性が強ければ強いほど排除されなければならないことだと思いますが、残念でならない状況だということが書かれています。みのもんたの朝の番組で特集してくれれば良いのですが、センシティブな問題が多いので取り上げられないだろうな、、、

  • 日本のマスコミがいかに「真実」を伝えないか,という本はこのところ山のように読んできたつもりだが,その中でも目配りといい,筆致といい,上質の部類に入ると思う。

  • 広告料を収入源としていない本誌にしか書けない、この国の腐った部分を暴くシリーズだ。
    役人の巨額な利権が存在する、薬と原発は国民の命に関わる事ゆえに、なおのこと利権が巨大化している。特に原発が土木にとって、埋め立て型の飛行場建設より金の落ちる事業であること、また、福島の事故処理をも、自分達の利益の種としていく役人の狡猾さに感心させられる。
    箱根駅伝についても面白い記事があった。私は特に正月駅伝をじっくりと見ることは無い。しかしなぜかあの関東地方のローカル大会が、全国学生駅伝大会を遥かに凌駕しており、そのため関東の大学だけに有望な陸上選手が入る仕組みとなっている。さらにこれが、日本の男子陸上マラソンの発展阻害要因となっているらしいというのは興味深い。

  • 犯罪被害者団体の運動によって実現した厳罰化ですが、被害者・遺族は本当に厳罰化を望んでいるのかよく考えたほうがいいと思います。死刑にしてほしいと思う遺族もいれば有期刑で十分だと考える遺族もいて処罰感情は千差万別です。また年月が経つにつれて気持ちの整理がつくようになって事件発生当時の激しい処罰感情がなくなるケースもありえます。だからこそ一面だけを見て厳罰化をしたほうがいいと判断するのは危険なのです。

    市民や行政、マスコミは鬱憤晴らしや利権のために被害者・遺族を都合よく利用してきたということに気づくべきです。

  • 20番乗り。くまざわ書店アルカキット錦糸町店にて発見。気になる。(2013/1/6)

  • 中央図書館で読む。

  • 月刊誌「選択」から記事をまとめたもの。
    選択そのものなのでレビューするまでもないが、テーマが多岐に渡るので、前提知識が乏しいからか、全部読むと結構きつい。
    「へー」とか「ふーん」とか、思わず口にしちゃう記事も多々あり、教養を深めるには最適な一冊。

全12件中 1 - 12件を表示

日本の聖域(サンクチュアリ) 偽装の国を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の聖域(サンクチュアリ) 偽装の国を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の聖域(サンクチュアリ) 偽装の国の作品紹介

被曝医療、厚労省「薬系技官」、児童相談所、在沖縄海兵隊…そこで跋扈するのは誰なのか。背徳、利欲、癒着に偽善、「鉄面皮」たちの不透明な正体を暴く。

日本の聖域(サンクチュアリ) 偽装の国はこんな本です

日本の聖域(サンクチュアリ) 偽装の国のKindle版

ツイートする