星座から見た地球

  • 308人登録
  • 3.16評価
    • (9)
    • (17)
    • (21)
    • (7)
    • (9)
  • 32レビュー
著者 : 福永信
  • 新潮社 (2010年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103247319

星座から見た地球の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 服がうまく脱げなくてばんざいの状態で動き回るA。
    スカートがふわっとするのがお気に入りのB。
    紙パックに口をつけて飲んで、コーヒー牛乳をこぼしてしまうC。
    兄のおさがりの洋服が不満なD。

    子供のほんの一瞬の表情と感情を思いがけず目撃してしまったみたい。
    ちょっとドキッとする。
    あっという間に失われてしまう時間と命に切なくなる。

    何回も登場するAとBとCとD。
    でもどうも同じ人ではないみたい。
    人ではなくて猫だったり犬だったりもするみたい。

    最初からずっとAは一人の決まった人のことを書いていると思いこんでいて、つなげようとするのだけどつながらない。
    BもCもDも同じ。
    もっとのんびり、1場面1場面を大切に読めば良かったな。
    また忘れた頃に読み直したい。

  • ずっとそっけなくまた落ち着いて語り続けてきた言葉の最後のページをめくると、ずらりと並んだ名前の列を目の当たりにして、こころが締め付けられると同時に急激にふくらんで、粉々にくだけて空へのぼって星座になった。かつてAでありBでありCでありDであった人たち。装丁のすばらしさ。頭がじーんとしている。

  • A,B,C,D,がどこかで星座のようにつながっていて・・・?う~んよくわからなかった。それより装画を描いた人のところに好きな作家さんの名前があってそこが気になりました。みんなが描いた絵を一つ一つ繋げて星座のようにしたのかな。

  • 淡々とA,B,C,Dで表記された子ども(あるいは動物?物?)の日常が断片的に繰り返し記述されている。
    どこからがAの話でどこからがBなのか。読点のない流れるような文なのに,なぜかその切り替え点がわかる(というか,そうだと勝手に読解しているのか)。文章を読むことについて,いつの間にか身についてしまっている「くせ」みたいなのに気づかされる実験的な文章。

    あのCとこのCは違う子。このDもこのDも全然違う(ようだ)。
    あれこのBはさっきのC? さっきのDの話とこのAの話はとても似ている。
    似ているけど違う。みんなちょっとずつ違うけど似たような日常を送っている。

    文章は淡々とつづく。特別なことは何も起こらない(ようだ)。

    でも、今もどこかでだれかが、じぶんと似たような日常生きて、いつかは死んで、そういうことの繰り返しなんだなぁって、そういうことをじんわり感じさせてくれる1冊だった。

  • 僕には合わなくて、読み込めなかったなぁ・・・。この本のように読点がない小説はたまに見るような気がするので実験精神というにはオーバーかもしれないけども、ABCDそれぞれの登場人物たちが順番に登場する感覚は実験精神と真面目さが両立している気がした。

  • うーむ…。駄作とは思わなかったしよく書かれた作品なんだろうということはなんとなくわかるけど、私には合わなかった。

  • 人間が星星を勝手に結びつけて星座を定めたように、星座もAとかBとか名前も知らないだれかのものがたりを垣間見て、線を引いて星座にしてたりするのかな。
    読んでいるとき、わたしの耳にはBUMP OF CHICKENのR.I.P.がずっと流れてた。

  • 句読点もカギカッコもなく段落もほとんどなく、名前も小説に出てくるような名前ではなく。読み進めていくのにかなり集中力を必要とした。

  • コロコロ変わる視点に宇宙を感じる地球上のお話。

  • また読みたい

全32件中 1 - 10件を表示

福永信の作品

星座から見た地球を本棚に「読みたい」で登録しているひと

星座から見た地球を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星座から見た地球の作品紹介

この小さい光があれば、物語は消えてしまわない。はるか彼方、地球のどこかで暮らす子供たち。時間は不意に巻き戻る。忘れがたい世界へといざなう、野心あふれる長篇小説。

ツイートする