非写真

  • 61人登録
  • 3.09評価
    • (2)
    • (4)
    • (10)
    • (6)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 高橋克彦
  • 新潮社 (2014年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103249429

非写真の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カメラ・写真を通して、現実の中に潜む不可解な現象を描いた作品集。写るはずのないものが写っていたり、死んだはずの人が笑って佇んでいたり、誰もが一度はそんな不思議な体験の話を聞いたことがあるのでは・・・
    そんな話をまとめたホラー短編集。

  • 写真をテーマにした不思議な話を集めた短編集。それにしても、カメラや撮影技術にこの人がえらく詳しいのに驚いた。浮世絵と歴史だけではないのだ。
    スピリチュアルな話というのは陳腐になりがちだけれど、さすがに大御所だけあって、独特の着想で面白いと思う。情景描写もとてもリアルで旨いなあと思った。

  • 表題作にぞっとした。

  • ホラーにはいい話が多い

  • 2014/10/6(月曜日)

  • 写真をテーマにしたホラー短編集。静かな恐怖と、ほんの少しの優しさが感じられる作品が多いです。
    お気に入りは「ゆがみ」。これ、「たまゆらり」にも収録されていたけど。やっぱりお気に入り。
    「合掌点」もいいなあ。不思議な印象の話だったのに、ラストで急に怖い。決して怖い情景じゃないのに、もしもこういうのを見ちゃったとしたら……とんでもなく怖い。

  • 私は恐がりなくせに、髙橋先生のあの世とこの世の境目を描くこのテの話しがとても好きである。

  • 【収録作品】さるの湯/合掌点/モノクローム/約束/遠く離れて/ゆがみ/あの子はだあれ/遠野九相図/非写真

  • 9編からなる短編集
    作品を貫く作者の写真への熱い思いに思わず引き込まれる
    各短編の舞台は作者の愛する岩手県、写真をとおしてのエピソードが綴られる
    そのいずれもホラーじみてはいるものの、もの哀しさや懐かしさがつきまとう
    さらにはなんとも名状しがたいショッキングな話もある

    それにしても納得の名文が随所にあり
    こんな心象風景を綴った文章にお目にかかるのは初めて
    思わずこの作者を見直してしまった

    今夜、自分が撮った写真を見直してみよう
    いや、明日の明るいうちがいいかな

  • ホラー好きにはたまらない本。写真を撮るようになったら、異世界が近くなったのかも?

全10件中 1 - 10件を表示

高橋克彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

非写真を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

非写真を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

非写真を本棚に「積読」で登録しているひと

非写真の作品紹介

撮影にはよくよく気をつけた方がいい。非写真はこの世ならぬ存在を写しだすことがある。いつからか私が撮る写真には、死者が写るようになった。みな明るく和やかな表情で、愛する人に寄り添うように……。その異能を買われて山奥の秘湯に赴いた私が、死人が最期に入るという野天風呂で目にしたものとは。身も凍る恐怖と感動の名作「さるの湯」ほか、カメラと写真をモチーフにした名手のホラー小説集。

非写真はこんな本です

非写真のKindle版

ツイートする