晴天の迷いクジラ

  • 2657人登録
  • 3.74評価
    • (234)
    • (462)
    • (403)
    • (53)
    • (8)
  • 510レビュー
著者 : 窪美澄
  • 新潮社 (2012年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103259220

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

晴天の迷いクジラの感想・レビュー・書評

  • ひとつ前に読んだ「ファミリーポートレイト」をひきずっちゃうなぁ。
    コマコほどではないにしろ、恐ろしい母の呪い、痛々しい心の叫びが重なります。

    母親からの愛情を感じられず家を出て、仕事に忙殺されて彼女にフラれて、うつ病の薬が手放せない由人。
    圧倒的な絵の才能が有りながらも泥沼から抜け出せず、子供のまま子供を産み、育児ノイローゼからすべてを捨てて逃げ、そしてまたすべてを失った野乃花。
    強迫めいた母親のためにいい子であろうと頑張り続けても自分を見てもらえず、やっとできた友達を失い、生ける屍のようになった正子。

    ぼろぼろの3人が道連れに、湾に迷い込んで出られなくなったクジラを見に行く。
    それぞれの過去話は重苦しく痛々しくて、子供を捨てた野乃花でさえ嫌いになれず、必死にもがく様子にひりひりしました。
    3人もクジラも、死の淵が一歩先まで迫っていたけど、そこを踏み出さずにいることはそんなに難しいことじゃないってことに気付いたラストは、すーっと心が凪いだ。
    クジラの町で出会う人々、特におばあちゃんがいい。

  • 湾に迷い込んでしまったクジラを観に行く3人。それぞれの抱えているものが一人ずつ語られた後で、その3人があたかも家族のように過ごす数日が本当に温かく思えた。
    むき出しの「生きる辛さ」が心にちくっとした。でも、最後は人間ってたくましいよなぁって、なんだか笑顔になれていた。

  • 北関東の農家の次男として生まれた平凡な由人。

    漁師の娘として生まれ、
    物心ついたころから、絵を描くことが好きだった野乃花。

    潔癖症の母親に育てられた“いい子”になろうと頑張る正子。

    誰もが懸命に生きているのに・・・。
    何処で間違えたのだろう。
    上手く生きていくことが出来ない。

    それぞれの想いを抱えながら、
    迷いクジラを見守る。

    うつ病。虐待。リストカット。
    新聞やテレビで見慣れた単語が、
    深く、重く、心を締め付けていく。

    絶対に死ぬな。生きているだけでいいんだ。

  • こんなに読んで人の心に訴えてくる、いや人の日常や人生に影響を与え続ける小説を書くのは、氏と角田光代が断然である。
    とっても辛く絶望的な部分が多く、結末も希望と言う嘘くさくはないけれど
    これは特別な人たちの物語では決してなく、今現代に生きる人々の誰もが思い当たる登場人物たちだ。
    物語も主人公たちの感情描写にも反古はなく、連作短編集の傑作。間違いなく今年の小説の代表作の1本だろう。

  • 心の病は、目に見えない。
    サボっているだけだろう。
    弱い人間がなる病気だ。
    社会には、まだまだ大きな偏見がある。

    農家の次男で自己主張が苦手な由人。専門学校で知り合った恋人からひどい振られ方をした上に、会社は明日どうなるかわからない。会社の先輩のススメで心療内科に行くことに。

    絵を描くことが好きで好きで堪らない少女・野乃花は、高校の教師のツテで絵画教室に通えることに。貧しい家庭で育った彼女には夢のような話だった、はずなのに運命が大きく野乃花の人生を予期せぬものにしてしまう。

    長女を幼くして亡くした反動で、母に極端な過保護な育てられ方をした正子。

    三人が、それぞれの家族、友人、恋人等との関係性の中で心を病み、一時は死を考える。
    うつは、時に死に至る病となる。

    現代の治療の最先端は、薬中心の一方的な対面治療から、本来その人が持っている回復しようとする人間本来の力、生命力、レジリエンスを、人との関係性の中で引き出して行く方向になっている。

    三人の主人公が、苦しんで苦しんで苦しみ抜いて辿り着いたところ。

    心病んだ人たちの、一生懸命生きた人たちの、レジリエンスの物語。

  • 激務と失恋の痛手でうつとなった由人、
    倒産直前の由人の勤める会社の社長野々花、
    極端な潔癖症で過干渉な母に追い詰められ、心を壊していた女子高生正子。

    死と隣り合わせ、自ら命を絶つことを覚悟していた3人が、ひょんなことから、浅瀬に迷い込んだクジラを見に行くことに。
    そこで出会った人との時間、それぞれとの時間で、生きることを考えていくようになる。

    窪さんの本、やっぱり好きです。
    途中、ちょっと自分的に停滞した感があったのですが、最後は、グッと気持ち掴まれました。

    3人とも、ホントにきつかったと思う。
    あんな思いしていたら、心を壊すのも分からなくもない。
    結局は、クジラと言うよりは、雅信さんちのおばあちゃんと雅信さんのおかげ、だったかも。

    今度は、窪さんのデビュー作『ふがいない僕は空を見た』を、是非読んでみようと思います。

  • 由人、野乃花、正子。三者三様の生き辛い事情を抱えている、この物語の主人公たち。ふとしたきっかけで座礁したクジラを一目みてから死のうとするが・・・。
    3人のそれぞれの物語は過去から遡り、軽すぎず重すぎず、でも読み手の心にその痛みが素直に入ってくる、絶妙なさじ加減のエピソードでした。(もっと掘り下げれば、3冊の本ができてしまいそう。)
    彼と彼女らは、旅先で出会った人々の温かい心に触れて、そんな人たちにもやはり辛い過去があって、一人では冷たくて仕方なかった指先を、誰かに温めてもらったり、もうダメだと思っていた自分が、誰かを温めることができると知ったとき。。「まだ、頑張れるかもしれない。もう少し、生きてみようか」と思い至ったりするんだろうな・・・そんな読後感でした。
    くじらの描写もよかった。一度座礁したクジラが沖に帰っても2日以内の生存率は半分だそうだ。それでも、クジラは納得してその生を閉じるだろう。やれることはやったのだから。
    (だけど僕は死なない。たぶん。)

  • デザイナーの由人、その会社の社長の野乃花、女子高生の正子。

    3人はそれぞれに傷を抱え、精神的に追い詰められていた。

    それぞれが死を選びそうになった時、
    野乃花の故郷に近い湾に迷い込んだクジラを
    由人は見に行こうと社長の野乃花に提案する。

    途中で正子を拾い、3人はクジラを見に行く。

    その村で出会った雅晴とおばあさんの家でお世話になりながら、3人はそれぞれに回復していく。

    どんなにつらいことがあっても死んじゃダメだって
    思い詰めている当人に言うのは、酷なのかもしれない。
    でも、そういってくれる人が身近にいるだけで
    力になるんだって、そう思える。

    雅晴もおばあさんも3人からしたら赤の他人なのに、
    死について、思うことがあって、
    それに裏打ちされた言葉は強い。

    あんなに暗く後ろ向きだった3人が徐々に
    前向きになるのは、なんだかうれしかった。

    3人のバックボーンが丁寧に描かれていたから
    同じ境遇ではないけれど、きちんと感情移入して読めたし
    おばあさんが正子に語った話では泣いてしまった。

    クジラが海に帰るのと同時に
    彼らは回復する。

    これからも迷うことがあったとしても
    きっと彼らは大丈夫なはず。

  • 誰も幸せじゃなくて、読むのが辛いながら、やめられず。
    辛くて苦しい話、好きだ。

    言いたいことが言えないのって、苦しいな。
    溜め込んで溜め込んで、ぎりぎりで生きるのって、苦しいな。

    後半、だーだーと涙が出る。
    ばーちゃんに弱い。


    「絶対に死ぬな。生きてるだけでいいんだ」

    わたしが、一番キツかったときも、誰にも言えなかったけど、今、生きててよかった。
    読み終わって、色々なことを思い出し、目が冴えてしまった。

    完全な、ハッピーエンドではないけれど、清々しい気持ちで読み終わる。

  • 鬱病に陥った青年
    過去に我が子を捨てた女社長
    母親の屈折した愛情から逃れてきた少女
    達が鯨をキッカケに再生への道を歩み始める


    鯨を見たから癒されたという感じではなく、それぞれがそれぞれの悩みに全力でぶつかっていった感じが良かった。

  • 母親に愛情をかけてもらえなかった3人兄弟の中間子。
    幼くして産んだわが子を捨てた母親。
    母親の過剰な愛情に押しつぶされてしまった子供。
    3人が出会い、迷いクジラを見に行く。

    親にも親の事情がある。親も完璧な人間ではない。
    それは、大人になってから分かること。
    育児って本当に大変で、私は野乃花みたいな感情になったことないとは言いきれない。
    多かれ少なかれ、子供の意見も聞かずに怒ることもある。
    子供がもう少し大きくなった頃、もう一度読もうと思う。

    とにかく、3人が前向きに生きていけそうで良かった。

  • 心が壊れかけた3人がボロボロになりながらも再生していく物語。いや濃くて凄い内容だった。著者のこんな閉塞した世の中だけど生き続けてみようよみたいな優しいメッセージが伝わる。マイナス40をプラス10くらいにするパワーがある。胃と心をギュッと掴まれて読む感覚、堪能しました。

  • デザイン会社に勤める由人は、失恋と激務でうつを発症した。社長の野乃花は、潰れゆく会社とともに人生を終わらせる決意をした。死を選ぶ前にと、湾に迷い込んだクジラを見に南の半島へ向かった二人は、道中、女子高生の正子を拾う。母との関係で心を壊した彼女もまた、生きることを止めようとしていた――。


    前半は、とにかく重くて息苦しくなるような話ばかりで

    もぅ、読んでるこっちまでが苦しくなってしまった。

    初読み作家さんだったから、
    私には合わない作家さんかな、と思いながも
    頑張って読んだが、
    なかなかページがすすまなくて困った。

    後半、ほんとにラストの方なんだけど
    人生に疲れた3人がクジラを見に行くところからは

    前半のあの息苦しさから
    少しずつ少しずつ開放されていくせいか、

    どんどんとページが進んだ。

  • 失恋と激務で鬱になった青年、その青年の働く潰れかけた会社の女社長、母親とうまくいかず家を飛び出した少女。湾に迷い込んだ鯨を見に行くことになった、不思議な3人の物語。それぞれに過去に何がしかの事情を持ってるんですが、それが次第に明らかにされていきます。ロードムービーって感じ。

  • 野乃花が育児ノイローゼになっていく様子に、読んでいて胸が苦しくなりました。海老くんが良かったです。「なんでも好きなこと書いて、って、忍が。俺がやぎさん郵便みたいに運ぶから」高校生なのに、とってもかわいい!

  • いけてない母親が何人も登場し、それが主旨でないにも関わらず、親の影響というものをほとほと強く感じさせた作品。
    そう言うことが言いたい本じゃないのはわかってるけど、親であるとどうしてもそこに囚われる。鬱々となりながら読んだ

  • 人生に行き詰まった3人の出会いとクジラの座礁をうまくリンクさせてあるな。うまくいかない、消えてしまいたい…などなど。理解できすぎてしまった。少しずつ前向きになっていく3人。私は好きだな。そして由人のしつこさにラストは苦笑しつつもそれだけ真剣に恋愛できたんだ、それだけでヨシとしておこうって感じ。

  •  うつ病一歩手前のデザイン会社社員由人、その会社の女社長で倒産間近の会社とともに自殺を決意した野乃花。親友を亡くし、母親からの過剰な干渉で自分を見失った正子。三人の壊れていく過程と再生を描いた小説。

     第一章では由人がうつ病一歩手前まで追い込まれるまで第二章では野乃花が会社を追い込んでしまうまで、第三章では正子が自分を見失い、たまたま由人と野乃花と出会うまで、
    そして第四章で、なぜか田舎の湾に迷い込んだクジラを見に行くことになった三人の小さな田舎町での生活が描かれます。

     それぞれのエピソードがどれも濃かったです。どれも親子関係が一つの大きなテーマとなっています。

     母親からの過干渉に悩む正子や逆に兄妹ばかりにかまけて、自分に振り向いてもらえない由人の問題や、その親たちに感情移入しきれないというところがありました。
    ただ野乃花の章の素朴な絵が大好きだった少女が壊れてしまう描写が迫力があって印象的でした。

     4章のメッセージがとてもまっすぐでした。小難しい理屈とか建前だとか何も言わず、ただ”生きる”ということを肯定するのって簡単なようで難しいような気がします。

     だからこそストレートに、そうしたことを伝えるこの本が少しまぶしく感じました。

     あと田舎町の人たちの描写がよくて、そのためかこの人たちと関わったおかげで三人が再生していく描写もとても自然に受け入れることができました。

    第3回山田風太郎賞
    2013年本屋大賞6位

  • ふがいない僕が傑作だったので違う作品も読んでみたけど、これは微妙
    普通に「良い話」になってて、素直に感動できない
    予定調和感がありすぎ、鯨という道具は面白くはあるけど面白いだけで終わってるような
    この作者はもっと絡まった糸を持ってる人だと思うんだが

    構成もふがいないとそっくり
    期待しすぎだったのかもしれない、ふがいないの前に読んでたらそれなりだったのかも
    でも本作はふがいないの後の作品
    ふがいないが傑作すぎて超えるのが難しいのかも??

  • 「ふがいない...」と同じようにどこか自分を俯瞰してるような眈々とした描写が返ってこちらを惹きつける。
    まだ困難は続きそうだが、由人と野乃花には仕事仲間、正子にはおばあちゃんの支えで「死ぬ」ことから遠ざかることができた。もがき苦しみながらも、死なないこと。とりあえず!

  • 窪さん二作目。「ふがいない〜」でもこだわった「生きる」という骨太のテーマは本作にも継承され実に力強い印象を受けた。
    年齢も環境も全く重なり合うことがない三人が偶然に重なり合っていたこと、それは「自分を捨てた」こと。そしてまた偶然にも浅瀬に打ち上げられたクジラに何かを感じ奇妙な自分探しの旅が始まる。
    言葉がいい、表現が素晴らしい。
    人間と野生動物の生死を通じて三人がそれぞれに感じ取ったこと、それは「絶対に死なない」ということだった。曖昧な動機かも知れない、きっとゆるい決意なんだろう、でもそれに気付くことがスタートラインなんだ。
    そして僕らは生きていく、傷付き迷いながらも大海を目指して…

  • 途中まで、題名の意図が分からなかったけど、なるほどと思いました。
    話がちょっと発散ぎみなので、続編も作れてしまいそうです。

  • 死のうと思った女性社長と青年と女子高生の人生を振り返って綴られる物語。最後はクジラで繋がり、それぞれの人生が進んでく。なんだろね、すごくいろんな人生と思いが登場してきて、誰かのどっかと通じる気がする。
    死ぬなよ。ただそれだけ。

  • なぜか図書館で予約していました。何か引き込まれる力のある作品でした。由人、野乃花、花子のそれぞれの苦しい人生が湾に迷い込んだクジラを見に行くという1つのことに集結し、生きていること、それ自体が意味あるものなんじゃないか?というところに何となくたどり着く。それは確固たる自信とかではなくて、ぼんやりとしてるんだけど、クリアみたいな感じかな?母親に過干渉されて、引きこもる花子、兄や妹に入れ込む由人の母もだけど、母性って恐い。自分の中にもあるはずのそれを感じずにいられませんでした。良かったです。

  • それぞれが抱える辛さ、苦しみは決して100%解決するものではないかもしれないけれど、理解してくれる人が一人でもそばにいれば皆きっと生きられる。後半、不覚にも泣きそうになってしまった。

全510件中 1 - 25件を表示

晴天の迷いクジラに関連するまとめ

晴天の迷いクジラを本棚に登録しているひと

晴天の迷いクジラを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

晴天の迷いクジラを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

晴天の迷いクジラを本棚に「積読」で登録しているひと

晴天の迷いクジラの作品紹介

壊れかけた三人が転がるように行きついた、その果ては?人生の転機に何度も読み返したくなる、感涙の物語。

晴天の迷いクジラのKindle版

晴天の迷いクジラの文庫

ツイートする