「普天間」交渉秘録

  • 170人登録
  • 3.89評価
    • (16)
    • (21)
    • (12)
    • (5)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 守屋武昌
  • 新潮社 (2010年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103266310

「普天間」交渉秘録の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 沖縄が本当に解決しようとしているのか、$$本当に欲しているのはカネなのか基地の撤去なのか。$$今までの議論の過程も安全保障上の議論もなしに$$民主党やマスコミが沖縄被害者論に安易に傾くことがいかに馬鹿なことはよく分かる。$$すべての人に読んで欲しい。$$

  • 2010年刊。元防衛事務次官の手による普天間米軍基地移設問題の交渉記録。◆交渉とはいえ、沖縄県だけが相手でなく、政治家(自民党が軸だが自民党だけでなく、自民党も一枚岩でない)、米国、米軍、防衛庁、外務省、沖縄県民や移設先辺野古の地元等、多様な利害関係者が存在。そんな中、防衛庁側を定点とした交渉経緯を記したのが本書である。◇弱者の戦略を強かに展開する沖縄側の交渉の上手さ(狡いというより、上手く強かに振る舞っている印象)が目につく。また、一方からの本書だけで真相が見えてくるとは愚の骨頂、を肝に銘ずべき。

  • 官、政、財、そして地方がどう絡み合っての沖縄の基地問題かってのが見えてくる。ただ非常に政治色の濃い話が淡々とされてて、あんま面白くはないな。巻末の防衛論も白書を要約したかのような。

  • 元防衛次官による普天間飛行場移設問題の内幕を描いたノンフィクションです。普天間飛行場移設問題が、民主党政権の迷走の象徴としてクローズアップされていたころに読みました。

    普天間飛行場移設に関して、長いあいだ不思議に思っていたことが次々に氷解していきます。例えばたかだか市長選挙でしかない名護市長選がなぜ全国から注目を浴びるのか、この問題がなぜこれだけ長期間にわたって報道されるのか、というようなことです。実際に沖縄やアメリカとの交渉のテーブルについていた著者氏による、きわめて密度の高い一次情報を得ることができます。

    また、官僚のトップである事務次官の仕事の進め方、交渉に対する考え方など、普通のサラリーマンにも大いに参考になる場面が多々あります。例えばメア総領事とのインフォーマルな会談における仲井真知事の要望と、それに反対する守屋氏のやりとりの場面。これだけ解決が難しい問題となると、要望に対してただ反対するだけでは、なにも変えることができません。守屋氏は、まず反対であることを表明し、受け入れた場合どうなるか(漏らされる上に沖縄にいいように使われる)という判断の根拠を述べ、さらに代案を提示しています(いまではなくて、アセス後に説明すればよい)。

    おどろくべきはこれが会談の場で行われたやりとりである、ということです。唐突に提出された主張にこれだけの整然とした対応をするにはどうすればよいか。現状を詳細かつ的確に把握し、事前に多様なケースを想定して考えをめぐらせていなければできないことです。大変勉強になりました。

  • 面白かった。沖縄の基地問題というのもすごく複雑でなかなか通り一遍の理解ではわからないことが多いのだと思った。沖縄側が一方的な被害者なのかというとそれだけでない面もわかった。政治家の本当の姿も見られた。

  • 守屋さんからの視点ではあるが、普天間基地移設交渉の詳細なやり取りが実名で記載されており、非常に面白かった。

    率直な感想としては、ここまで事態が進展しないのは、政府と沖縄県及び名護市の双方に責任があると思った。
    沖縄県としては誰も責任をとりたくないのだなと感じた。

    これだけの国家巨大プロジェクトなので、この本だけではわからない動きや思いがあるのかもしれない。

    沖縄に住んからこそ、このような本を興味を持って読むことができた。

  • 事務方として普天間問題に対峙した筆者のリアルな交渉秘録。
    「普天間の謎」(森本敏著)との並行読み、対比が面白い。
    「利権絡みで暴走した防衛庁、守屋」と外務省は謳い、それに対し守屋次官は「利権の絡んだ沖縄の思惑」と言う。
    どっちも真実であって、どっちも真実ではないんだろう。
    沖縄の首長のリアルな本音、スタンス、交渉術も面白かったし、知事の本音と建て前も衝撃的。その辺はリアリティある。
    読めば読むほどこの問題は出口が見えない気も。いずれにしても考え続けなければならないし、全体の問題として捉える目が必要。
    それにしても、「防衛庁の悲願」の章はまったくもって意味不明。なんのための章だったのか…。

  • 普天間問題に関して大変勉強になった。テレビや新聞じゃわからないことだらけ。著者と対峙していた沖縄側の視点からの意見も知りたい。

  • 普天間の移設交渉や防衛省昇格に携わった元防衛事務次官の記録。沖縄や米軍、防衛大臣等とのやりとりが赤裸々に綴られている。沖縄の「引き延ばし」「二枚舌」を非難。このあたり、沖縄の問題と、それが必要で有効な地位に沖縄を置いた本土の問題があるだろう。最後の「将来に向けての日本の防衛」という1章は、やや蛇足か。

  • 普天間問題の根深さがよく分かる本。沖縄問題の根深さを感じさせられた。

全28件中 1 - 10件を表示

守屋武昌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
池井戸 潤
シーナ・アイエン...
三浦 しをん
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

「普天間」交渉秘録を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「普天間」交渉秘録を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「普天間」交渉秘録を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「普天間」交渉秘録の作品紹介

膨大な量の日記には、自身と相手の発言内容、そして行動の詳細が記されていた。それはまさに「普天間問題」の真相を繙く第一級資料だった-。防衛事務次官として、アメリカ、沖縄、永田町と対峙してきた著者が、日記をもとに今まで語られることのなかった全経緯を綴る。

「普天間」交渉秘録の文庫

ツイートする