新世紀神曲

  • 18人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大澤信亮
  • 新潮社 (2013年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103278122

新世紀神曲の感想・レビュー・書評

  • 収録されている一編の、新世紀神曲が読みたくて購入。

    俺は何を読んでるんだろう、と読んでいる間にずっと考えていた。

    本当に暴力と向き合ってるのかな。
    二次創作しといてメタ視点で解決って。
    メアリー・スーは暴力ではないってのか。

  • 「新世紀神曲」には、掲題作以外にも「復活の批評」と「出日本記」の2作が収録されている。その中の「復活の批評」で以下の様に述べられている。

    『資本制の構造を変えないまま、国家や会社に保障を求めることは、別の誰かに犠牲を強いることになる。たとえば、自分を正社員として雇わせることは、別の誰かからその機会を奪うことを意味する。』p.14

    『「よだかの星」。周囲から虐められていた「よだか」が、自らもまたカブトムシを喰い殺していた。殺したくも殺されたくもない。けれども殺している。この痛みから出発する思考はどこまで行くのか。』p.15

    人は収奪することで生きている。何かを犠牲にし、食べなければ生きていけない。それを雁屋哲はブログにおいて『人間は命有るものを食べなければ一日も生きて行けない。それが、人間の背負った「原罪」であると私は思う』[*1]と述べている。

    今の状況において、この「原罪」を背負い何かを犠牲にして生きていくことは、それしかない道のように思える。しかし、これは自分自身が犠牲にされないという前提にいるからこそ出てくる考えなのではないのかという疑問がある。

    古来においては、生きていくために人身御供として神に差し出される人間もいた。その段階においては、「人間が生きるために人間を犠牲にする」のである。

    手塚治虫の「ジャングル大帝」の最後で、主人公であるライオンが人間を活かすために犠牲となった。そこで描かれているのは動物と人間という関係ではあるが、一つの主体間の関係として見ることも可能だろう。手塚治虫は、人間が、自分自身が殺されることすら容認する思考に行きついたのだろうか。

    生きるために他を殺すことを容認した人間は、他を活かすために自分が殺されることを容認できるのだろうか。人間以外を殺すことで生きることを肯定した人間は、人間自身を殺すことで生きることも肯定できるのだろうか。『殺したくも殺されたくもない。けれども殺している』のである。

    *1 雁屋哲の今日もまた 「ますます募る、反捕鯨カルトの狂気」 http://kariyatetsu.com/blog/1124.php 2014年2月27日取得

全2件中 1 - 2件を表示

新世紀神曲の作品紹介

批評ゲームはもう終わりだ。私の求めるものは、本物の思想である。名探偵・犬神修羅。彼とともに密室に閉じ込められたのは、実在する現代小説の主人公たち。突然の難事件を解決し、謎めく空間から脱け出すために、彼らの「愛」を巡る言葉の饗宴が始まる! ――これは批評なのか。これが批評なのだ。前代未聞の表題作ほか二篇を収録。『神的批評』で劇的デビューを遂げた新鋭、待望の最新評論集。

新世紀神曲はこんな本です

ツイートする