ツナグ

  • 3202人登録
  • 3.99評価
    • (424)
    • (664)
    • (351)
    • (33)
    • (5)
  • 618レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2010年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283218

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツナグの感想・レビュー・書評

  • 私なら、誰に会わせてと依頼するだろう?と思いながら読み始めたのだけれど
    この世を去った後に、もし会いたいとお呼びがかかったら
    呼んでくれた誰かの心の重荷を少しでも軽くして
    やわらかい気持ちでそれからの日々を過ごせるような言葉をかけてあげられる
    そんな存在でありたい、と思いながら頁を閉じた。

    生きて残された人と死者との、ただ一度の再会の仲立ちをする使者(ツナグ)。
    「死者」と読みが同じ「使者」をツナグと読ませるところが、辻村さんらしい。

    お試し期間の初仕事では、祖母特製のノートを棒読みするかのような
    ぎこちなさと戸惑いを見せ、心情的には完全に生者寄りだった歩美が
    経験を積むにつれ、生者と死者両方の気持ちに寄り添って
    「ツナグ」らしく、生と死のあわいから人の世を静かに見つめ始めるのが、とてもいい。

    映画ではカットされた『アイドルの心得』の、過呼吸で苦しむ見ず知らずの酔っ払いを
    荷物を放り出して躊躇なく助けたことなど、当たり前のこととしてすっぱり忘れる一方で
    気に掛かるファンレターの内容はしっかり覚えていて、一ファンのために
    たった一度の「ツナグ」の機会を使ってしまう水城サヲリに惚れ惚れし

    演劇部の主役を巡っての諍いで、親友の心に芽生えた嫉妬と出来心は許せても
    自分の言葉を騙って、好きだった少年と会話することは許せないという
    思春期の少女独特の論理と復讐を冷え冷えと描く筆づかいに戦慄し

    死者が抱えた物語は、生きて残された者のためであって欲しいと
    息子夫婦の死への後悔に震える祖母を、信頼に満ちた言葉で温める歩美に安堵して

    この世に残る、かつて「私だった」欠片や記憶が
    少しでもやさしく温かいものになるよう生きなくては、と思う1冊だった。

  • 一生で一人だけ、それもたったの一度、
    満月の夜の数時間、亡くなってしまった人に会える。
    その橋渡しをしてくれる使者(ツナグ)。

    選ぶ権利が死者側にもあるとはいえ、
    それは生きている者のエゴでしかないのでは…。
    対面できたことで救われる者、そうでない者もいる…。
    そう悩みながら”ツナグ”を引き継ぐ覚悟をする歩美が愛おしい。
    そして最後に明かされる、両親の死の真実と歩美の選択も。

    「俺、いつか会うんだったら、ばあちゃんがいいよ。」
    そう言う歩美に、照れてそっけない返事をするおばあちゃん。
    二人の会話のひとつひとつがすごく良かった。

    ツナグを探す気持ちは、恋しさというより後悔の方が強いのかもしれない。
    老いるまで探さないですむ人生、それはきっと幸運なことなんですよね…。

    この本を読んだ方、みなさんそうだと思うんですが、
    自分だったら…と真剣に考えてしまいました。

    会いたい”命”を、ひとつだけなんて難しい。
    再び別れるのもつらいから、たぶん頼むことはできないと思う…。

    でも、もしも、もしもって、つい思いめぐらしてしまうんですよね。
    聞いてみたかったことや、謝りたいこと、言えなかった言葉…。

    もともとゆるい涙腺が、
    またしばらく開きっぱなしになりそうです。

    そういえば、歩美の遠足の卵焼きおにぎり、
    『図書室で暮らしたい』に書かれていた、辻村さんの思い出の味でしたね。
    今度作ってみたいな。

  •  生きているうちに、一人だけ死者と会うことができる、その窓口「使者(ツナグ)」。
     生きているものは、使者を介して、たった一人、たった一晩、会いたい死者に会うことができる。憧れていたアイドルに、母親に、親友に、婚約者に、生者は会いたいと願う。

     会いたいと願う人がいて、会うことが実現する。そこにドラマが生まれるのは、いわば当たり前。この作品のすごいところは、「使者(ツナグ)」自身にも焦点を当てたところだと思う。死者とつながれる人なんて、この世の人じゃないんだろうと思っていたら、使者である彼は、普通の男子校生徒。
     生者が死者を呼び出すなんて、傲慢なことではないのかと考えあぐねる歩美くん。ただ、憧れのアイドル、サヲリに会った後の平瀬愛美が、まるでサヲリのように生き生きとしているのを見た彼は、自分の考えを改める。

     「死者を、自分の生に活かす。その生者のわがままは、肯定されてしかるべき感情だ」、と。

     死んだ人の時間はそこで止まってしまう。けれど、生者である私たちの時間は流れ続ける。私たちは、傲慢に、図太く、生きていくしかない。

     そして、私は死んだ後、誰かに呼ばれるような、そんな生き方ができているのかな。

  • 使者と書いて「ツナグ」と読む。
    いちどだけ、死者を呼び出して会うことを叶えてくれる。
    この世のものにとっても、あの世のものにとっても、その機会は一度きり。
    会いたい人を自分で決められるのはこの世のものだけ。

    会いたい人も会いたい理由も目的も人それぞれ。
    アイドル、母親、親友、婚約者…
    当然ながら、感動の再会だけにはならない。
    後悔や未練がすべてなくなるものでもない。
    ある意味ではとても残酷なことなのかもしれない。
    でも会うべき人たちはちゃんと「ツナグ」のもとへ辿りつく。

    そして「ツナグ」という仕事と、その後継者に選ばれた歩美の心得。
    特別じゃない普通の男の子が、戸惑いながらも大切な人たちの死や遺されたもののエゴに直接触れることで、自分の迷いに気づき流れを止めない日常を生きていく。

    映画は見ていないけど、「ツナグ」は松坂桃李くんだったなー。
    ダッフルコート似合いそうだし。
    映画も見てみたくなりました。いや、むしろ見ないほうがいいのかな。


    実は、ブクログにレビューを書き始めたのが、昨年の11月1日でした。
    はじめは書きたい本だけでも忘備録代わりのメモ程度にというものでしたが、結構楽しく続けられました。
    ちょうど丸一年になる日に読み終えた本が「ツナグ」。
    記念すべき初レビューの本が同じ辻村深月の「ふちなしのかがみ」でした。
    わお、なんかキレイにまとまった偶然に運命感じるなぁ。
    これからも続けていけるといいな。

  • 映画になって話題になっていたことも知っていたけど
    読んでみて、想像していた以上によかった。

    最初からぐっと引き込まれた。
    寝る前に1つずつ読んでいったので
    泣きながら寝ていった。
    「長男の心得」では、思いっきり泣いた。
    こんな人、絶対いる。
    実際に、見てきたんじゃないかと思うぐらいリアルだった。
    「親友の心得」は、最後を何度も読み返してうなされそうになった。

    そして、「使者の心得」で余計に深みが増した。
    前の4つの話の側面が見えることで、
    死者からの気持もわかってきた。

    辻村さん、やっぱり好きだ。

  • ”使者”で”ツナグ”。生きている人と死んだ人を会わせる人。
    どう”使者”になったのか、
    生きているどういう人がどんな死者に会いたいと思い、
    会ってどんな時間を過ごすのか。
    すべてにおいてすばらしかった。

  • 「ツナグ」に依頼すると、一生に一度だけ死者に会うことができる。
    会いたい人に会えたからといって 必ずしも癒されたり、救われたりするわけでもない。会うことによって後悔が残るだけのこともある。

    癒されたりするとよかったな~と単純に思えるけど、後悔が残るのは切ないし、怖いな・・とも思う。

    5つのお話からなっているけど どれもが最後に繋がっていて 辻村作品!!と思わせてくれる。

    私だったら誰に会いたいだろう・・会いたい人は何人かいて選べないな・・
    また私が死んだとき 会いたいって思ってくれる人がいたらいいな~

  • 死んだ人間に一度だけ会える、死者と生者を繫ぐ使者(ツナグ)の話。連作短編になっています。

    実際にはありえない設定なんだけど、それぞれにきちんと人間ドラマがあって、さすがだな〜と思わせてくれました。わたし、完全に辻村深月信者になってるかも…(笑)

    死んだ人間に会いたい、会って聞きたい事が沢山ある。思い残すのは死んだ人間だけじゃない、残された人間の方がその呪縛に囚われてしまう。
    特に自分に近い近親者ならなおさら、後悔や疑問を持たないなんて人はほぼいないでしょうから。

    死者に会う事で前向きに気持ちを切り替えられる人もいれば、逆に重い十字架を背負ってしまう、
    単なるファンタジーで終わらないところが良かったです。

    なんと、『ツナグ2』が今連載中との事。楽しみですね。映画も観なければ!

  • 読み始めはそんなでもなかったが、
    読み進むほどに、深く感じられた。
    視点が依頼者側、亡くなった人、使者といろいろあって、
    グッと深くなっていると思う。

    もしも本当にこんなことができるなら、
    私は誰に会いたいかな・・・会う決断はできるかな。

  • 生者と死者を会わせることができる存在、ツナグ。そのシステムにはいくつかルールがある。

    ①依頼人が死者に会えるのは一生に一回だけ。
    ②死者も生者に会えるのは一回だけ。ただし、死者のほうからオファーすることはできない。
    ③会えるのは月の出る夜、夜明けまでの限られた時間まで。

    読んでいてとても魅力的なシステムだなあと思った。もし、現実にツナグのような案内人がいたら、僕は依頼するだろうか。でも、一人に一回しか会えないなら、ちょっと選べないな。会いたい人がたくさんいすぎるから。後悔のないように生きよう――。読み終わって一番最初に思った。普段変わらずあなたの傍にいる家族、友人、恋人...いつ離れ離れになるかわかりません。言いたいこと言っていますか。両親とはもう何年も会ってないなあ、なんてことになってませんか。当たり前が当たり前でなくなるその前に、当たり前のことに日々感謝しながら生きなければと思います。映画化も決定しているので、映画を観る前にぜひご一読を。

  • 映画化のせいでなかなか手が伸びなかったんだけどとってもよかった!

    ストーリーはかんたん。死者と一度だけ会って話ができる。その仲介者がツナグ。
    ふーん、て感じだったけど実際は想像とは違った。
    残酷。
    夫とも話したけど何もなければ死んじゃった人に会いたいとは思わない。会わないほうがいい感じだ。普通に一般的な死別ならね。
    愛する人が死ぬ時どんな気持ちだったかなんて話、あまり聞きたいとは思えない。

    最後まで読んででた結論は「生者のエゴ」。
    本の中でもなんども触れられてた話だけど。
    昔からあるこの力は、たぶん、死者そのものを呼び出すのではなくて、生きている側の記憶を寄せ集めたものなのではないか。
    残されたものが、前を向いて歩いていく足がかりにするためのもの…でしかない。
    本当の死者の魂なわけがない(現実ありえないって意味じゃなくて)
    だけどそれでいいんだと思う。

    哀しいことだけど。
    死者にはこれからはもうないけど、生者は生きていかなければならないんだから。

  • 辻村深月の『ツナグ』を読了。

    一生に一度だけ死者に会わせてくれるという、SF(少しフシギ)的な力を持つ使者(ツナグ)の話。

    全5章からなる短編連作小説となっているが、使者を中心としつつも、それぞれの章の主役というのはまた別にちゃんと存在する。

    アイドルを心の支えにしていたOL、母に癌告知できなかった頑固な息子、親友に嫉妬していた女子高生、婚約者の帰りを待つ会社員。そして使者自身の物語。

    最初の章でいきなり「なるほど、辻村深月らしい作品だな」と思った。すべての作家に当てはまる訳ではないが、作家というのは文体や作風で判別することができる。辻村深月の場合は作風で判別できるし、とても読みやすい。

    読後感がいい話や感動した話、バリエーションに富んでいるが、やはり本領発揮していたと思えたのは第3章の女子高生の話ではないだろうか。さすがの一言…。

    最後の章、使者の話で解き明かされる謎には、少しミステリに通じるところもあって面白い。

    一生に一度だけ死者との再会を叶えてくれる使者だが、ルールがある。それは、「会えるチャンスは生者にとっても死者にとっても一度だけ」ということ。少し変わるだけでプロットも大きく変わる。

    感動も大きく変わってくる。作品内設定をきちんと決め、なおかつそれを最大限に活かしているから素晴らしい作品になり、感動も増すのだろう。

    特に、死者にとっても一度しか会えないというのは考えさせられた。自分が会いたかった死者が、自分以外の人にもう会っていたとしたら、もう二度と会えない。

    そして誰に会いたいかも。オレは家族で数人は亡くなっているが、正直決められない。家族以外になるかもしれない。

    フィクションではあるが、大切な人を考えさせてくれる感動作。

  • 良かったです。私は好きです、文の雰囲気もストーリーも。
    読みながら私も考えました。誰に会いたいか。たいていの死は突然なので、もう一度会いたいと誰もが望むことなのでしょう。逝ってしまった人も残された人も心残りはあるでしょうから、その一度の機会をもてたとしたら、それによって救われる人もいるだろうなぁ。
    この物語にも、そういう対面がありました。心がじんわりと温かくなりました^^
    ですが、「親友の心得」に出てきた女子高生にとっては切なく残酷な結果となってしまいました。「親友」である二人の関係性や気持ちの変化もまだまだ子どもである高校生にとっては、日一日と変化していくものだろうと思います。その時の自分の心境で相手の言葉の受け取り方も変わるし、それによって誤解が生じ、悲劇を引き起こしてしまう。結局、本音で話すこともなく終わってしまった対面の後、永遠にその機会を失ってしまった彼女の絶叫が私にも聞こえるようで切なかったです。

  • 初、辻村さん。
    読みはじめは穏やかで軽やかなのに、
    どんどん深くなっていく。どんどん理解していく。
    そんな印象。
    同時進行じゃなくて、依頼者側の視点の後に、
    使者(ツナグ)とおばあちゃんの視点になるのがすごく良かった。
    そのおかげで、どこかフワッとしてた気持ちが着地できた気がした。

    後悔、妬み、疑い、恐怖、不安・・・誰もが持つ感情だし、
    それが晴れることを、それが勘違いだったことを、
    本当だったとしたら許されることを願うと思う。
    でもそれが敵うとは限らない。
    だからこそ。。。
    最後に「真実だと確信した」信じる気持ちの強さに心が温かくなった。


    映画観てから読んだんだけど、
    映画を観て良かったと思ったし、本も読んで良かったと思った。
    それくらい自分の中で同じ世界観だった。
    読むことで細部までわかったし、
    観ることでカタチになった!

  • 設定がすごい面白かった
    久々にちょっとうるっときた。

    話は数話あって
    それぞれ、いろんな視点から
    泣ける話なんだけど
    それが最後の章で
    つながっていく
    それもいい話なんだよね

    自分が死者に1度だけ会う事が
    出来るとしたら
    誰に会うだろうか

    死者の存在について
    考えさせられる話

    この物語に続きがあるなら
    また読みたいね

  • 連短編。わたしだったら、誰に会うだろう。誰が会いたいと言ってくれるんだろう。

  • 実写版使者(ツナグ)は神木隆之介くん…納得です。
    ありえない設定なのにありそうに思えてくる、ひきこまれるストーリーです。自分に死後の世界があったら現生の誰に何を伝え残すだろうか…考えさせられます。(ナナスキー)

    なりゆきにハラハラして、愛の深さに泣けて、そして人間の業にドキっとする。 今、この時は永遠ではないから言葉で伝えること、伝わることが尊い。 そんな事をあらためて思わせてくれるお話です。 (しゃな)

  • 駆け足で読み終えてしまった。

    あらすじを読んで感動の涙は出るだろうと予測できるだろう。
    ただ、これは感動だけの話だけではない。

    愛に包まれる涙、後悔の涙、頑張った涙、
    なんとも言えない想いで胸いっぱいになる。

    そして最後には、驚き。


    ハマりました。辻村さん。

  • うまいなぁ。使者と依頼者の関係が、全編を通して紡がれている感じ。依頼書それぞれの葛藤と、使者の心模様がとても良かった。
    って、小学生みたいな感想だけど・・・。

  • 久しぶりに心が震えた作品。
    「死者とたった一度だけ逢うことができる」という設定が、ファンタジーなんだけど現実味を帯びていておもしろい。
    いろいろな想いで生者と死者が繋がる。逢いに行く死者は、アイドル・母親・親友・待ち人と異なるけれど、全ての人物・情景描写が明確ですぐに感情移入してしまう。いい意味で想像通りの”感動系”のお話が続くのかと思いきや、親友の章では冷たい水を浴びせられたように残酷な結末で構成のいいアクセントになっていた。各章で伏線として張り巡らされていた使者の言動も5章目でリンクしていく構成も素晴らしい。

    人と関わり、人を愛し、その人を失ったとき、愛した分のとてつもない喪失感がある。本の中から、その感情が怒濤のように押し寄せてくる。静かだけど迫力のある本でした。

  • 11月22日読了。辻村深月さん大好きです。が、特に大大好きな作品になりました。

  • この世の人間が、どうしてももう一度会いたいと願ったあの世の人間に、連絡をとってわずかな時間会うための仲介役をしてくれる「使者」がいる。ただし、会うチャンスは、この世の人間も、あの世の人間も、一度だけ、ひとりだけ。
    様々な理由から、一生に一度、どうしても会いたいと願う人と願われた人と、さらには両者をツナグ使者を描いた連作短編集だ。
    設定だけだとよくある幽霊譚やファンタジーになってしまうところを心地よく裏切ってくれるのがさすが辻村深月だ。
    最終章の「使者の心得」に至って、小さな謎や引っ掛かりが伏線として浮かび上がり、さらにはそれまで語られた四編の裏側の顔が見えてくる。
    ただ語られたように感じた前の四編が必然の物語であったことがわかり、そうして最後、とても優しい、あたたかな結末が物語の輪を閉じる。
    まるであちこちと居場所を探していた光の輪が照らす場所をようやく見つけ出したような結びの導きに、心がほっこりとした。

  • でた〜辻村流SF!
    最初は設定に違和感あったけど、
    いろんな決まり事(ルール)の説明があることで
    だんだん現実感が増していくところは
    『メジャースプーン』に似てるなぁと思ったり。
    秋山先生の親族の話やしね。
    「待ち人の心得」は最後泣けた。
    死者に会うことで救われた人、そうじゃない人、
    後味の悪い話もあったけど、
    全部ひっくるめてとっても心に残る本でした。

  • システムは都合がいいことばかりで、ツッコミどころ満載だか、お話としてはどれもぐっとくるものある。特に最後ので最初からの話が繋がり、続きがわかり、すっとした感がある。

  • 死者は生者のためにいていいのか。
    私にはわからない。けど死者の記憶が生者を前に進ませてくれるなら。

    嵐ちゃんは逆に滞ってしまった。かわいそうだけど報いなんだよなー。御園ちゃんの「いつかまた、会おうね」
    の重さ。

    私に真剣に取り合うことを、やめたのだ。

    必要なことを言わない代わりに、私たちはくだらないことをずっとずっと、最後の今日まで話してしまった。私が言えなかったばっかりに。

    これはつらい。意地をはる・素直になるのタイミングを見誤ってはいけない。

全618件中 1 - 25件を表示

ツナグを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツナグを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツナグを本棚に「積読」で登録しているひと

ツナグの作品紹介

突然死したアイドルに。癌で逝った母に。喧嘩したまま亡くなった親友に。失踪した婚約者に。死者との再会を望むなんて、生者の傲慢かもしれない。間違いかもしれない。でも-喪ったものを取り戻し、生きるために会いにいく。-4つの再会が繋いだ、ある真実。新たな一歩を踏み出す連作長編小説。

ツイートする