盲目的な恋と友情

  • 2302人登録
  • 3.45評価
    • (78)
    • (311)
    • (381)
    • (58)
    • (15)
  • 364レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

  • 辻村作品を読むのが惰性になってきている自分がつらい。初期作品にあった、張り巡らされた伏線、頁を繰る間も惜しいほど先が気になるストーリー展開、魅力的なキャラクター、そしてあっと驚く結末。そういう作品を期待して読むが、空振りに終わるということを繰り返している気がする。
    確かに女同士のあるあるやスクールカースト、だめんずうぉーかーあるあるの描写は上手いけど…『子どもたち』でのそれは面白いと思えたけど、本当に読みたいのはこういうのじゃないんだよ!と思ってしまう。

  • これが、女。
    そして、この独特の感情の縺れと雰囲気は、辻村さんならではだと思います。

  • 見た目のこだわり具合がスゴイ!
    カバーの下もステキなのです(ღˇ◡ˇ)
    大好きな辻村さんの本で、なおかつ独特な雰囲気が大好きな黒いお話しときて、ドキドキしながら読み進めていきました。
    ドキドキしながら読めるほど面白かった!ケド最後があっけなすぎて、うーんってなっちゃうww
    でも、そのうーん?を解消する為に3回も4回も読みなおしてしまえるし、読む度に新たな発見があったりして、何度も楽しめてしまった(笑)
    盲目的な恋と友情は、形は違っても女子は誰もが通ってくる道な気がする。
    もちろん私自身も^^;
    そんな感情を乗り越えて、それぞれに自分の居場所を見つけて、生き方を見つけて、大人になっていくんだよね。
    『女の美醜は女が決める。』
    女に生まれた私は、当然でしょ?と言いたいし、この言葉に惹かれる。
    でもそれは、この本を読み終わったあとだから感じられる気持ちかも♪

  • 相手を見下したり、必要以上にひがんだり、ちょっとした言葉尻でイラついたりと、女性のドロドロした部分をまざまざと見せつけられました。
    「親友」という言葉がやたら出て来るのも女子ならではだなぁと…。

    ラストシーンが見えた時、「ちょっとベタというか陳腐じゃない?」と思いましたが、本当に復讐したかった事柄がわかった瞬間、「そうか、だからこういうラストシーンなのか。陳腐どころか超怖い((((;゚Д゚))」ということに気づかされました。

  • まず、装丁がヒグチユウコさんで、美しく物悲しい世界観を鷲掴みにされます。
    以前何かのインタビューで、著者がズルズル引きずるタイプと答えていたのが本作品で生きているんだなぁと、勝手にほくそ笑んでました。
    今迄になかったえげつなさが、デビュー当時からは想像出来ないし、今年はデビュー10周年であと2冊出版されるので、楽しみにしている。

  • なんとなく手詰まりというか、
    才能が枯渇してきたのではないかと思ってました。。。
    今もちょっと思ってます。。。

    ちょっと裏技(?)です?!

    19日にこの「盲目的な恋と友情」を中心にした懇親会に参加しました!
    そこで生「辻村深月」さんとちょっとだけお話ししたのです。

    ちなみに、
    この懇親会に参加する人は事前に「盲目的な恋と友情」を読ませていただくことができ、
    もちろん読んで行きました!
    だから、
    感想をあげるのがはやい(笑)

    今までの何作品かを読んで、
    「直感」で書いてたのが「考えて」書いてる気がしてたのね。
    自分の中にあるものを素直にだしてんですが、
    ある時から、
    自分の中にあるものをどう表現しようかと悩みながら書いてる感じがしたの。

    話しを聞いて、
    「白」い作品と「黒」い作品があるんだって。

    「サクラ咲く」なんかは「白」い方よね。
    今読んでる、
    「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」は「黒」い方なんじゃないかな?
    当然、
    「盲目的な恋と友情」も「黒」い方なんですよ。

    「白」い方は、
    まだ読んでないんですが「島はぼくらと」が、
    「白」い方の自分が書きたくて書ききった作品なんだって。
    読みたくなったわ!
    じゃ、
    と、
    思ったのが「盲目的な恋と友情」は?
    そう、
    書ききったって言ってなかった!
    「黒」い方はまだ余力を残してるのです!
    で、
    読めば分かるし、
    他の人の感想や辻村さんもおっしゃってましたが、
    「あえて美波のことは書いてない」
    みたいに言ってる。
    そう、
    「星近」ももっと掘り下げて書いてもよかったはずなのに、
    読者にゆだねたそうです。

    ありかなしかは読者が決めて、僕はありでいいと思うの。
    しかし、
    そこが「余力を残して書いてない」と思える部分で、もっと出し切って欲しいな!
    と、
    心底に感じた部分であります。

    まだまだ書いていくそうです。
    まだまだ楽しませてくれそうです。
    ちなみに、
    主人公は「蘭花」ですが「シェリル」は登場しません(笑)

  • 怖いなぁというのが第一声。恋編と友情それぞれの立場での人間模様が交錯してくるが
    るりえの卑屈さとストイックな感情に恐怖すら覚えた。
    同じフレーズが2度出てくるのも
    全然違った意味合いで響いてきて効果的。救いがないお話だったけどぞくぞくするような寒々しさも時には良い刺激なのかも。

  • 【あらすじ】
    これが、私の、復讐。私を見下したすべての男と、そして女への――。一人の美しい大学生の女と、その恋人の指揮者の男。そして彼女の親友の女。彼らは親密になるほどに、肥大した自意識に縛られ、嫉妬に狂わされていく。そう、女の美醜は女が決めるから――。恋に堕ちる愚かさと、恋から拒絶される屈辱感を、息苦しいまでに突きつける。醜さゆえ、美しさゆえの劣等感をあぶり出した、鬼気迫る書下し長編。

    【感想】

  • 恋の途中から気になり、友情は一気読みした。
    盲目的って本当に怖いな。
    こんなに誰かに執着できることも、凄い。
    他人を自分のものにはできないのに。
    私的には友情のほうが一段と怖かった。
    留利絵の自分を卑下する言葉にも少しイライラ
    した。誰でもコンプレックスはあるけど、
    それをあからさまに表に出すのは、子どもっぽい
    と思ってしまう。
    私の周りには、そういう友達がいないし、
    親友って呼べるのかも解らないなぁ。
    そういうことは重要ではないと思っているからかな。
    親友ってどういう定義なんだろう。

  • 絶世の美女らんかの恋人が落ちぶれていく救われない話と
    その友人の美人でないるりえ。

    るりえは重いけれどこういう子はいる。

    あらすじだけで読むと惹かれないけれど、
    るりえの章でネタバレがたくさんあるのでつい読んでしまう。

    図書館で今月のお勧め本

  • 題名の通り、どんどん落ちぶれて行く恋人を、それでも盲目的に好きでいることをやめられない女性と、その女性の一番になりたかった女性の話。

  • 平成29年5月16日読了

  • 美人と不美人。
    美人がダメ男にはまって、結局殺人。
    それを見ていた不美人がアリバイ捏造。
    新たな男との結婚式で警察乱入。
    救われない話。

  • 元宝ジェンヌの娘で美しく才能もあり何もかも持った蘭花とぶさいくで誰からも愛されずに育った留利絵,この二人が大学のオケの1バイオリンで出会い少し変わった友情を築き上げていく.学生指揮者茂美と蘭花の恋愛の始まりと終わりの顛末を二人の視点で描いている.心理描写が巧みでドロドロしているところが嫌になるほど上手い,つまり読後感は良くない.

  • タイトル通り、盲目的な恋の話と盲目的な友情の話。
    それぞれ物語としてはありがちな女子の執着心が書かれているわけですが、後味はあんまり良くない…。
    いい年月生きてきてどうしたって切り離せない嫉妬とか独占欲とか優越感とかいうものが明確に表れてるから目を背けたくなるのかもしんない。

  • 2時間で読破
    盲目的な恋はよくある話だけど、盲目的な友情は確かに怖い

  • 色男との色情に盲目になってしまった蘭花と、女同士の友情に盲目になってしまった留利絵の二部構成。前半は恋愛劇で、後半はその舞台裏といった感じで、戦慄が走る。

    蘭花も留利絵も相手に対して情が深いわけだけど、それは己の「欲情」であり「愛情」ではないところが読みどころなのかな。
    情に溺れると理性を失い痛くて重い。色情にも友情にも溺れていない美波の存在が唯一の救いのように感じる。

    しかしながら、私にも、ここまで極端ではないにしろ、色情にも友情にも盲目になってしまっていた時期があるから、身につまされる気持ちで読んでしまった。他に代えの利かないオンリーワンな存在を、失いたくない気持ちや独占したい気持ちは、やっぱりなかなか抑えが利かないし、周りがなんと言おうと、強情になってしまう。

    蘭花目線での出来事と、留利絵目線での出来事では、受け止め方が全然違って、男女のパートナー同士にしろ、どんなに気心知れた親友同士にしろ、ちゃんと言葉で想いを伝えても、相手には一生伝わらない、決定的に乗り越えられない壁みたいなものってあるのだなぁと切なくなった。

  • 盲目的な恋よりも、盲目的な友情の方が何倍も恐ろしいと思った。

  • 大学オケの指揮者を務める茂実と誰もが認める美人の蘭花の盲目的な恋。容姿のコンプレックスを抱える留利絵の蘭花に対する盲目的な友情、そして復讐。
    辻村深月のいつものダメな依存男に執着する美女の話かと読み進めたけど、ラストの展開でまだ本は半分残っていた。まさかここから二転三転するとは。あまり執着心が無いので理解は出来ないけど、本の作り方と展開は面白かった!

  • 【ネタバレあり】

  • いやだーこわいよー!

  • るりえ拗らせててこわい

全364件中 26 - 50件を表示
ツイートする