盲目的な恋と友情

  • 2302人登録
  • 3.45評価
    • (78)
    • (311)
    • (381)
    • (58)
    • (15)
  • 364レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
伊坂 幸太郎
西 加奈子
辻村 深月
有川 浩
辻村 深月
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

  • まだまだ読みこぼしてるのあるなー、辻村深月さん。

    表紙がとてもステキ。猫の絵が上手い人(ヒグチユウコさん)の絵ですね。

    ふたつの話を読んで、タイトルの意味がわかりました。
    私は友達とは割と淡白につきあってきた方なので(高校時代からずっと続いてる友達はいるけど「親友」だなんて言ったことないし、第一、私たち、親友だよねとか口に出していう女は大嫌いだった)、留利絵の気持ちはわからないなあ。

    もっと他のことに目を向けられたらよかったね、蘭花も留利絵も、なんて思っちゃいました。

  • オンナのコ、の浅はかというか一生懸命というか、の胸の内を、そして、ハマっちゃうコの典型のような末路を、表現していく、何も救われないイタいお話。

  • 市図書館にて。

    だからもう大丈夫だけど、一応、あなたには知っていて欲しくて
    そんな幼さを吐いてみたい。

  • 怖い話だった。
    面白いけど怖かった。

  • 恋も友情も傍から見るとひどいことになってますが、本人達は真剣。私たちも似たようなものかもと思えてしまった。不細工な子特有のマイナス思考が痛々しくて、読んでいて辛くなりました。ラストの衝撃は、「彼女がその名を知らない鳥たち」に似てたなー。辻村さん初読ですが、他も読んでみようと思います。

  • 女性特有?の粘っけがある人間関係をうまく描写している。男の視点からすれば、全く理解できないが、女性は共感するものなのだろうか?
    (男の場合は、最終的に力がある奴が強いというような、単純なヒエラルキー乃至は短絡的な思考が多いので)

    逆にこの本の内容に共感できない男でよかったと正直思ってしまう。。。こんなに表面上はべたべたして、裏ではけなし合ったりする関係なんてとてもじゃないが、やってられない。。。めんどくさい。
    依存と虚像と嫉妬と悪意が渦巻いた気持ち悪い世界だと感じてしまう。

  • 蘭花も瑠璃絵にも共感できず。
    女の嫌なところを突きつけられる。
    その辺りを面倒だ、気持ち悪いと思ってしまうところが
    私に友人が少ない理由か。

  • 読んでいる最中は気になるので夢中で読んでしまいました。が、読了感は最悪でした。救いがなさそうと思っていたらやっぱりなかった。
    同じ話を複数の人物の視点から見ると、違っているもので、その差異が気持ち悪いと感じました。
    タイトルを信じて読めば、色々と納得いくかと。

  • タイトル通り。キャラクターの描写が巧くて、ところどころ痛くなるくらい。

  •  趣味として音楽を楽しむ、私立大学の管弦楽団に所属する1年生の蘭花は、夏の合宿で外部から指揮者としてやってきた茂実星近と出会う。キレ長の目、高く整った鼻梁、そして長い手足。オケの先輩たちが色めき立って噂する茂実に気後れする蘭花だったが……。
     やがて、茂実が先輩とつき合っているという事実が公然の秘密となり、言葉も交わしたことのない蘭花はますます彼との距離を痛感するが、一年後蘭花の前に現れた茂実は彼女に好意を示すのだった。しかし、恋に夢中で周りが見えなくなった彼女に、親友の留利絵は割り切れない思いを抱く。

     タイトルにならい、物語は「恋」「友情」の二部構成です。育った環境、容姿にも恵まれたお嬢様蘭花と、中学生時のクラスメートの男子から受けたいじめを未だに引きずる留利絵。2人が同じサークルで出会い、親しくなったことが悲劇のはじまりとなって、物語が進んでいきます。
     いわゆる「イヤミス」というジャンルになるのかなぁ。あまりにも救いがなくて、しんどかった……。

  • むむ〜後味が悪い…

  • 16/08/01
    装画の緻密でちょっと不気味な雰囲気がツボ。ヒグチユウコさん。
    タイトル通り、“盲目的” でした。ただの恋愛もので終わることなく、不穏なサスペンス調に進むのはやはり辻村さんですね。

    ・大人だと思っていた。だけど、茂実もまた、学生と何も変わらない、呆れるほどの、子供なのだ。(P70)

    ・蘭花は、私の、春だった。
     長く明けない、冬の世界に暮らす私の、たった一つのあたたかい、居心地のいい、春だった。(P243)

  • 二部構成。一部は恋の話で、二部が友情の話。どろどろとしていて、重たい雰囲気。
    2016/7/26

  • 装幀につられて読んでみたけど、途中で断念。

  • もうたまらない…他人事とは思えなさすぎて。。
    私は俄然留利絵の気持ちで読んでしまったけど、自分も留利絵のようになりかけていたので本当に読んでいて辛かった、痛かった…肌のこととか分かりすぎてつらい。自分の肌なんかを他人が然程気にしてないなんて思えないほどの自意識と卑屈さでもう壊れそうなんだよ。人の顔をまともに見るのもつらい気持ちなんて、蘭花や美波には一生わからないんだろうね。
    それでも蘭花のような特別な存在の親友でいたいという気持ち。自分の幸せのための努力よりこの特別な場所を奪われたくないというどうしようもない執着。特別なのは蘭花であって留利絵じゃないよ。つらい。私は逆に美人の隣にはいたくなかったけどな、みじめになるから。
    「なぜ、多くの女は男がいなければダメだと思いこむのか」
    「女友達はどうして男に、敵わないのか」
    敵わないよ、留利絵。男でしか埋まらないさみしさが確かにある。あるんだよ。

    友情の方ばかり書いてしまったけど、恋の方もえぐかった。というか一定以上の美人ってそんなに自分の美に無頓着なものなの?そんなの罪でしかない。残酷だ、と思ってしまう。蘭花が茂実のこと振りほどけなかったのは、ただただ「盲目的な恋」に支配されていたからなのかな。でもこの子も色々ずるいと思う。好きじゃない。私は美波がいちばんすきだな。こういう人間がいちばん強い。

    最後の最後、普通には終わらせない辻村さんでした。
    留利絵、春は自分で迎えに行かないとだめだ。

  • 一つのストーリーを二人の女性の視点から「恋」と「友情」の2章に仕立てている。
    「恋」の方は、いわゆる痛い恋愛から抜けられない主人公のストーリーで、普通に読み進めたが、
    「友情」の章に入ると、主人公の鬱屈とした内面描写により、既読のストーリーがどんどん歪んでいくような気持ち悪さを覚えた。
    読後感の悪い話は苦手。ヒグチユウコさん画の装丁が美しい。

  • 人間の暗部や女の怖さを描き、読後感も決して良くないのに、不思議と引き込まれる。
    ダメさをわかっていながら、離れられない恋。
    コンプレックスを抱え、育まれる歪んだ友情。
    破滅の気配があるからこそ、輝く幸せ。
    「恋」と「友情」での、美波の見え方の違いも面白い。

  • 読後感はよくないですが、部分部分で共感できてしまう。
    自分を卑下しすぎるのは、過剰すぎる自意識のせい。
    なんか友情の章は、読んでてヒリヒリしました。

  • 蘭花、留利絵、茂実

  • ぞくぞくするほどに拗れた人間関係に、行く末を見届けたい一心で、一気に読み進めました。
    早く結末を追いたい、そう思ってページをめくる手が止まらなかったのは久々のことでした。
    個人的に、共感したのは「盲目的な友情」の方です。
    同性の友達に対して、この人の1番でありたいと願ったことは誰しもあるんじゃないでしょうか。
    親友という言葉によって友人関係のヒエラルキーを見せつけられるあの痛み、嫉妬、疎外感がリアルに迫ってきて、ぞっとしました。
    二転三転し、大きく動く物語に、ハラハラさせられながら、エネルギーの凝縮された濃い時間を味わえました!

  • ヒグチユウコさんの装丁にひかれ手にした本。またしても辻村ワールドにはまる。「女子」を生きるって楽じゃない。「憧れの人」に惹かれる気持ち。「私がいないとダメな人」だからそこ惹かれる気持ち。恋だの愛だのは複雑だ。そんな恋を同性の「友情サイト」から見たら、こんなにも歪んでいるのか。こんな風に客観視できるのか。女子の世界は見下したり、さげすんだりも怖いが、深すぎるねじれた「友情」の方が何倍も怖いのかもしれない。親友の「人生最良の日」に最悪のサプライズプレゼント。これでようやく親友を自分だけの物に出来たのだろう。

  • 二つのお話しを読んでから、もう一度最初から読んだ。
    女の子たちは盲目的だった。

  • 終わり方がすっきりとはいかなかった感じだけど、共感できる気持ちの描写が多々あって嬉しかった。
    『恋愛というのは、彼女がしている、あんな"ありきたりなこと"ではなく、私と茂美のような"特別な、かけがえのないこと"だ。』という一節にとても共感できた。

全364件中 51 - 75件を表示
ツイートする