盲目的な恋と友情

  • 2325人登録
  • 3.45評価
    • (79)
    • (318)
    • (384)
    • (59)
    • (15)
  • 368レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とりあえず女って怖い!私も女だけど・・・(-_-;)

    まさにタイトル通りの話。
    美しい女子大生の一瀬蘭花、その恋人となる指揮者の茂実星近、蘭花の親友である傘沼留利絵。
    蘭花と茂実の恋愛についてだけど、恋では蘭花視点、友情では留利絵視点で書かれてる。
    まさにタイトル通り、それぞれ盲目的になってるのが書かれている。
    恋で『?』ってなってたところも友情のほうを読んでハッキリした。
    女の嫌な部分が書かれてて読むのちょっと後味が・・・
    小説の中で留利絵が言ってる『女の敵は女』っていうのもゾクってなった。

    嫌な部分が書かれているけど、それなのに目が離せなくて一気読みしちゃった(・_・;)

  • 結構読むのがきついところもありました。

    自分や周りの人間にもこういう要素あるなと思ったらすごく怖いです。

    恋にも恐怖でしたけどどちらかというと友情の方が怖かったです。

  • 登場人物の世代とだいぶ離れているので入り込めるか心配だったが取り越し苦労でした。自己顕示、自意識、独占欲、嫉妬、コンプレックス・・「恋」にも「友情」にも共感出来る部分が多く一気に読了。

  • 前半が盲目的な恋で、後半が盲目的な友情。
    タイトルどおりのお話で、読んでみて、ゆっくり考えて、タイトルの意味を噛みしめた。
    恐ろしいけど本当にありそうな、すごい話でした。

  • 2014.06.26読了。辻村深月最新作。最近の私的辻村深月ラッシュで多分アンソロジーとホラー覗いて全部読んだと思うけど、最近初期の作品ばかり読んでいたせいか、久し振りに合わない作品。期待していた白辻村さんじゃなく、黒辻村さん。ハッピーエンド好きとしては、残念。
    まさにタイトル通り、恋に、友情に、盲目的になる2人の女性。恋に執着する美女の蘭子と、その蘭子に絶対な友情を求め、恋を否定する留利絵。それぞれの目線から描いた、『恋』章と、『友情』章。2人とも、恋人を、友人を、追い求めているように見えて実際は、そんな特別な自分、も、好きなのでしょう。酔い痴れてる?女って時として、優しい顔して、とても残酷だ。
    装丁が、すごく素敵。

  • 辻村作品を読むのが惰性になってきている自分がつらい。初期作品にあった、張り巡らされた伏線、頁を繰る間も惜しいほど先が気になるストーリー展開、魅力的なキャラクター、そしてあっと驚く結末。そういう作品を期待して読むが、空振りに終わるということを繰り返している気がする。
    確かに女同士のあるあるやスクールカースト、だめんずうぉーかーあるあるの描写は上手いけど…『子どもたち』でのそれは面白いと思えたけど、本当に読みたいのはこういうのじゃないんだよ!と思ってしまう。

  • これが、女。
    そして、この独特の感情の縺れと雰囲気は、辻村さんならではだと思います。

  • 恐い。

  • 見た目のこだわり具合がスゴイ!
    カバーの下もステキなのです(ღˇ◡ˇ)
    大好きな辻村さんの本で、なおかつ独特な雰囲気が大好きな黒いお話しときて、ドキドキしながら読み進めていきました。
    ドキドキしながら読めるほど面白かった!ケド最後があっけなすぎて、うーんってなっちゃうww
    でも、そのうーん?を解消する為に3回も4回も読みなおしてしまえるし、読む度に新たな発見があったりして、何度も楽しめてしまった(笑)
    盲目的な恋と友情は、形は違っても女子は誰もが通ってくる道な気がする。
    もちろん私自身も^^;
    そんな感情を乗り越えて、それぞれに自分の居場所を見つけて、生き方を見つけて、大人になっていくんだよね。
    『女の美醜は女が決める。』
    女に生まれた私は、当然でしょ?と言いたいし、この言葉に惹かれる。
    でもそれは、この本を読み終わったあとだから感じられる気持ちかも♪

  • 相手を見下したり、必要以上にひがんだり、ちょっとした言葉尻でイラついたりと、女性のドロドロした部分をまざまざと見せつけられました。
    「親友」という言葉がやたら出て来るのも女子ならではだなぁと…。

    ラストシーンが見えた時、「ちょっとベタというか陳腐じゃない?」と思いましたが、本当に復讐したかった事柄がわかった瞬間、「そうか、だからこういうラストシーンなのか。陳腐どころか超怖い((((;゚Д゚))」ということに気づかされました。

全368件中 21 - 30件を表示

盲目的な恋と友情のKindle版

盲目的な恋と友情の文庫

ツイートする