盲目的な恋と友情

  • 2302人登録
  • 3.45評価
    • (78)
    • (311)
    • (381)
    • (58)
    • (15)
  • 364レビュー
著者 : 辻村深月
  • 新潮社 (2014年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103283225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

盲目的な恋と友情の感想・レビュー・書評

  • 家柄もよく美しい蘭花。
    大学のオケで招待された指揮者、茂実と恋に落ちた。
    容姿端麗で将来も有望な彼との未来を夢見る彼女だったが…。

    友情編は、同じオケのコンマス、留利絵。容姿にひどくコンプレックスを持っている。
    父に選ばれなかった自分、同級生に笑われた自分、飾り立てる女を嫌う自分。
    そんな彼女が見つけた美しく聡明な友人が蘭花だった。


    恋愛小説は読まず嫌いなのですが、この装画に惹かれて。
    「恋」のパートだけ読むと、ちょっと見当違いのことを言っているのはわかっても尚、留利絵の方に寄り添ってしまう。
    でも、「友情」を読み始めると、ガラリと表情が変わってくる。

    愚かだったり、残酷だったり、子供だったり、執着したり。
    誰もが持ってる嫌な部分を突きつけられる。
    でも、誰よりも怖いのはナナコかな…。
    老いてなおそんなに生臭いのか…と。

  • 女だからこそ書ける話だった。
    わたしは瑠利絵に寄り添うような気持ちだった。気軽に容姿のこと、差別的になってる自分を思い返した。
    肥大した自意識や嫉妬という面ではわたしも同じだ。興味深くて一気に読んだ。

  • 恋の部分までは、ドラマとかでよくありそうな話だったのに、友情パートに入ってその景色がガラッと変わりました。

    誰かに執着することは愛じゃない。

    って改めて思わせてくれた作品です。

  • 人間のドロッとした汚い部分が上手く書かれてるなあって感じがしました。
    他人に執着し、依存し、自分を満たそうとする弱さも。

    ただ、私は「恋」も「友情」も読んでて不愉快でした。

    特に留利絵は不快。
    親に愛されなかった事によって、何を差し置いてもどんな犠牲を出しても「自分を愛して欲しい」という
    歪んだ自尊心が生まれてしまい、他者を見下し、自分を卑下するようでいて常に自分が
    主役になろうとする。常に優先すべきは「自分が選ばれる事」。

    否定出来ない人間像であり、同じような感情を持ってないとは言えないけれど、
    身近には居てほしくないタイプの人間です。

  • 蘭花の章は何て事のない恋愛小説だった。
    なのに、留利絵の章に移った途端たくさんのプライドと自尊心と自己主張と劣等感と…ドロドロと絡まりあった人間の自我を見せつけられるような展開…。
    まさに盲目的。。
    辻村深月、あなどれません(>_<)。

  • 2016.01.30 読了。


    図書館にて。

  • 2016.1.24 読了

    なんというか。。。
    ほんとに タイトルの通り。

    2人の女の子の話。

    大学の管弦楽団。
    ハッとするほど 美人な 蘭花。

    花形の指揮者との 恋。

    いろんなことがあって ボロボロになるのに
    別れられない 盲目的な恋。

    蘭花目線で描かれていて、
    次は 留利絵 目線の話。

    留利絵は 見た目もあまりかわいくなく、
    実際 化粧もしないようなタイプ。

    蘭花の傍らにずっといて、卒業後も
    ずっとついて 危なっかしい蘭花の傍にいる。

    他の友達は 簡単に「別れろ」と言うけれど
    私は 違う、というような。

    いつしか 他の友達たちは 結婚し、
    自分の生活が忙しくなる。
    けど、自分は 違う。とか。

    こちらは 盲目的な友情。

    ここまでの話は そりゃ小説なのですが、
    こういう感じ あるよなぁ。。。ていう
    内面のザラザラした感じ、
    ほんと うまいわぁ。。。

    この作家さんの the!な 話だったと思います。

    最後の展開にも ビックリ!!

    面白かったです!

  • タイトル通り、「盲目的な」恋、そして友情の物語です。
    恋愛については、好きになってしまえば賢くはいられないというのはよくわかりますし、自分が費やした時間などを考えればこの恋愛が失敗だったとあっさり認められなくて引くに引けなくなるというのもわかります。
    対して、友情については、「友情」というより自意識過剰とプライドの高さをこじらせた「執着」だなと思いました。
    ルリエが自分を保つために事実をすり替えながら思い込む姿にはゾッとしますし、心底怖かったです。

  • 恋は確かに盲目だわねと思うけど友情に至ってはもはや狂気で恐ろしい。
    平凡な私には美波が一番まともでいい子に思える。

  • こういう言い方はあまり好きでないけれど、とても女性的な作品。恋と友情に対する執着の仕方と盲目さが非常に女性的だと思った。
    蘭花と留利絵の話に見えてメインは留利絵なんだろうと思う。
    後味は全く良くないし、星近に惚れる、というか執着する蘭花のことは理解しがたいけれど、一度自分が価値があると思ったものへの執着を捨てきれない姿や、留利絵美しい同性に心惹かれ、忠誠、盲信に近い感情を抱く姿には思わず共感してしまう。
    こういう過激ながら、共感してしまう人間性を描くのが辻村さんは上手だ。

  • 面白かったー!やっぱり時間なくても面白い本は早く読めるんだよね…(笑)

  •  美しい蘭花が指揮者の茂実に恋するパートと、醜い留利絵が蘭花に抱く友情を描いたパートの二部構成で、同じ出来事でも主観が違うと見え方が全然異なるので面白かった。恋にしろ友情にしろ"好き"という気持ちが前提にあって、その気持ちが自意識の強さや自己愛、劣等感、コンプレックス等によって形を歪なものにしていく様子は恐ろしいけど、しかるべき止め方は私には分からない。"好き"という気持ちはまさに主観的で盲目的だと感じる。

  • 大学の管弦楽団に入った蘭花と、指揮者として招かれた茂実星近。
    いつしか茂実に惹かれた蘭花は、やがて彼の恋人になるのだが……
    二人の人物の視点から見えてくる、盲目的な関係のお話。

    読後感はあまりよくない。
    けれど登場人物の気持ちはわかる。そのことに恐ろしさを感じる。

    装画:ヒグチユウコ

  • 請求記号: 913.6/Tsu
    資料 I D : 50080828
    配架場所: 図書館1階西 学生選書コーナー

  • こわい。叙述トリックはらしいの一言。

  • 読んだあと半日はテンションが下がったままだった・・・るりえこわい・・・。いやでもこういう人いるよね・・・なんか無駄に、無意識に自意識高い。蘭花の茂実に対する、というよりも彼の嘗ての栄光に対する執着を恋と勘違いしてしまうところとか、そういう女性たちをものすごく自然に書いていて、うまいな~と感心しました。
    まあ読後感が悪いのがつらかったけれど・・・

  • 帯の紹介がドロドロで読まず嫌いしてたけど面白かった。後味は悪いし、出てくる男は最低だけど面白かった。

  • これが、私の、復讐。
    私を見下したすべての男と、そして女への――。
    一人の美しい大学生の女と、その恋人の指揮者の男。
    そして彼女の親友の女。
    彼らは親密になるほどに、肥大した自意識に縛られ、嫉妬に狂わされていく。
    そう、女の美醜は女が決めるから――。
    恋に堕ちる愚かさと、恋から拒絶される屈辱感を、息苦しいまでに突きつける。
    醜さゆえ、美しさゆえの劣等感をあぶり出した、鬼気迫る書下し長編。

    この人の書く世界が好きだ。

  • 恋と友情の2編連作です。
    恋は盲目と言うけど、まさにといった内容。
    母親は元宝塚の美しい女性、蘭花が盲目的な恋に陥る。そんな彼女を屈辱的な目にあわせたい菜々子の存在。美しい蘭花の一番の友達でありたいコンプレックスの塊のような留利絵。女のドロドロしたものが書き起こされています。
    留利絵がいちいち怖い。救いがない。痛々しい。ここまでの嫉妬や劣等感はあまりに幼稚で後味がものすごく悪いです。
    なんだか別の作家さんの本のように感じた。

  • うむむむ。
    むずかしいですな。

  • なんとも後味のよくない読後感。
    盲目的、といえばその通りなんだろうな。友情、の方は気持ちわかる反面、もう少しオープンになれればうまいこと回るのに、なんて思いながら読んでた。
    気持ちを言葉にするのは大切ね。
    ただし上手く伝わらなきゃ意味ないけど。

  • ややこしい生き方は身を滅ぼす。明るく生きていくことは時に薄っぺらく思われるけれど、本当はとても大切なことなんだ。美波が幸せをつかんだことでも良くわかる。瑠利絵が、蘭花に縋りつかなければ生きていけないほど孤独だったのは、容姿のせいなんかじゃなかったんだよ。

全364件中 76 - 100件を表示
ツイートする